40代向けのおすすめのスカルプシャンプーが知りたい

頭皮に優しい低刺激のメンズスカルプシャンプーが知りたい

適度な洗浄力の男性用シャンプーが知りたい

女性に効果があるスカルプシャンプーが知りたい

こういったことでお悩みではないですか?

 

私も以前はどんなスカルプシャンプーがいいのかわからず、薄毛の悩みが一日中頭から離れなくなり、苦しい思いをしました

 

そこでどんなスカルプシャンプーがいいのかを公式サイトや口コミサイトで徹底的に調べたところ、どんなシャンプーが低刺激で頭皮ケアにつながり、女性にも効果があるのかがわかってきました。

そしてその中から選んだシャンプーを実際に使い続けたら、今ではいろんな髪型を試せるようになるくらいになりました

 

そこでこの記事では、

・スカルプシャンプーの選び方

・おすすめのスカルプシャンプー

・スカルプシャンプーの正しい使い方

について、スカルプシャンプーを徹底的に調べてきた私がご紹介します。

 

他にもスカルプシャンプーがどんな人に合っているのかや、注目商品の口コミについても紹介しています。

 

自分にとってベストなスカルプシャンプーが見つかり、アンチエイジングが実現して人目を気にしなくていい生活を送るための手助けになれば幸いです。

スカルプシャンプーとは?

はてな

スカルプシャンプーとは、頭皮の状態をケアするためのシャンプーです。

 

従来のシャンプーは、髪の毛を美しく見せることを重視して作られています。

そのため洗浄力が強く、頭皮に強い刺激がかかってしまいます。

その結果、頭皮の皮脂の過剰分泌につながり、け毛や薄毛の原因となってしまいます。

 

それに対してスカルプシャンプーは適度な洗浄力を持つので、頭皮にかかる負荷が少なくなります

その結果、頭皮の皮脂が適量に保たれることによって、血行が良く柔軟な頭皮環境ができ、薄毛対策につながます。

 

次はスカルプシャンプーの選び方について、ご紹介しますね。

スカルプシャンプーの選び方でおさえる2つのポイント!

では、スカルプシャンプーはどのように選んだらいいのでしょうか。

そこでここでは、いいスカルプシャンプーかどうかを見分ける際の2つのポイントをご紹介しますね。

添加物が少なく低刺激

シャンプーに含まれる界面活性剤には、頭皮の脂や汚れを取り除く働きがあります。

しかし、もし合成界面活性剤という活性剤が含まれていた場合は、注意が必要です。

なぜなら、合成界面活性剤の働きによって頭皮の皮脂の過剰分泌が起こり、抜け毛や薄毛の原因となるからです。

なのでスカルプシャンプーは、合成界面活性剤を含まないスカルプシャンプーを使うように気をつけましょう。

 

適度な洗浄力をもつ

また、シャンプーの洗浄力が強すぎると、頭皮が傷つきやすく、乾燥もしやすくなるので、頭のかゆみが発生し、抜け毛や薄毛の原因となります。

アミノ酸系のシャンプーは洗浄力が強すぎず、頭や髪に優しく洗うことが出来るので、そちらを使うようにしましょう。

 

では次は、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します!

おすすめのスカルプシャンプートップ5

5位:&GINO プレミアムブラックシャンプー

プレミアムブラックシャンプー

出典:公式サイト

5,184円(税込み)(※2018年10月時点)

 

頭皮に優しく、程よい洗浄力をもつシャンプー

このブラックシャンプーの一番の特徴は、アルカリ性に近い成分が使われているところ。

それにより石鹸シャンプーを使っているような使い心地で柑橘系の香りもよく、程よい洗浄力で髪を洗い上げてくれます。

頭皮への優しさと、さっぱりとした洗い上がりを求める方におすすめのシャンプーです。

 

4位:ゼロプラス ウーマシャンプー プレミアム

ウーマシャンプー

出典:公式サイト

2,880円(税込み)(※2018年10月時点)

頭のケア成分だけでなく、育毛成分も配合されたシャンプー

ウーマシャンプープレミアムのいいところは、配合成分の多さです。

頭皮と髪の毛をケアする成分だけでなく、育毛成分も配合されています。

泡立ちもいいので、整髪剤をつけていても1回できれいに洗い落としてくれます。

 

3位:HAIR GENIUS バイタリズム スカルプケアシャンプー〈女性用〉

バイタリズム

出典:公式サイト

2,138円(税込み)(※2018年10月時点)

低刺激で頭皮へのダメージが気になる方へのシャンプー

このシャンプーはアミノ酸系のシャンプーで、低刺激で頭皮へのダメージケアに重点が置かれたシャンプーです。

洗い心地もよく、使ったあとも、さらさらが続きます。

頭皮へのダメージが気になる方にとくにおすすめです。

また、バイタリズムには女性用だけでなく男性用もあります

なので男性でバイタリズムに興味のある方は男性用を使っていただけます。。

2位:アルファウェイ
モンゴ流シャンプーEX

モンゴ流シャンプー

出典:公式サイト

4,980円(税込み)(※2018年10月時点)

天然成分を多く含み、洗浄力も優秀なシャンプー

モンゴ流シャンプーはノンシリコンのアミノ酸系シャンプーです。

そして、天然成分が豊富に含まれているので頭皮ケアや髪の毛のケアもしっかりしてくれる、高級シャンプーです。

かつ洗浄力も優秀で、ドライ後のサラサラ感もいいです。

普段整髪料を使用している方で、頭皮へのケアをしっかりしたい方におすすめです。

 

1位:チャップアップシャンプー

チャップアップシャンプー

出典:公式サイト

 

4,180円(税込み)(※2018年10月時点)

頭皮への優しさと有効成分を高いレベルで両立したシャンプー

チャップアップシャンプーは無添加のオーガニックシャンプーで、頭皮に非常に優しいのが特徴です。

また「美容師が使ってほしいシャンプーNo.1」に選ばれるくらいプロから見ても信頼性も高く、敏感肌の方でも問題なく使用できます。

頭皮への優しさと有効成分の両方を高いレベルで求めたい方におすすめです。

 

【商品比較表】

商品画像
チャップアップシャンプー

出典:公式サイト

モンゴ流シャンプー

出典:公式サイト

バイタリズム

出典:公式サイト

ウーマシャンプー

出典:公式サイト

プレミアムブラックシャンプー

出典:公式サイト

商品名 チャップアップシャンプー モンゴ流シャンプーEX バイタリズム スカルプケアシャンプー〈女性用〉 ウーマシャンプー プレミアム プレミアムブラックシャンプー
価格(税込) 4,180円 4,980円 2,138円 2,880円 5,184円
特徴 ・頭皮への優しさ

・有効成分配合

・天然成分配合

・洗浄力が優秀

・低刺激

・洗い心地のよさ

・頭のケア成分配合

・育毛成分配合

・程よい洗浄力

・柑橘系の香り

リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

(※2018年10月時点)

ここまででランキング形式で、おすすめのスカルプシャンプーを紹介してきました。

しかし、たとえいいシャンプーが選べても、正しい使い方ができていなければ効果は得られず、薄毛や抜け毛の悩みは解消されないまま終わってしまいます。

 

そこで次は、スカルプシャンプーの使い方についてご紹介します!

スカルプシャンプーの使い方3ステップ

ここではスカルプシャンプーの使い方を、3ステップに分けてご説明します。

 

1.シャンプーの前に頭皮マッサージをする

これをしておくことで、その後のスカルプケア効果がアップします。

2.シャンプーは泡立ててからつける

シャンプーの原液のまま頭皮につけると刺激が強すぎてしまい、頭皮へのダメージが大きくなります。

なのでシャンプーを泡立ててからつけることで、頭皮にかかる刺激を最小限に抑えることができます。

3.側頭部→後頭部→前頭部の順に指の腹で洗う

この順番で洗うことで血行が良くなり、頭皮コンディションが改善します。

注目のスカルプシャンプーの口コミ

以前におすすめのスカルプシャンプーをランキング形式でご紹介しましたが、他の人が商品を使った感想が気になることと思います。

その中でも一番おすすめしたいチャップアップシャンプーの口コミについてはこちらに書きましたので、ご覧ください。

 

あわせておすすめしたいシャンプー

ランキングで紹介した商品以外にSEDY(セディ)という育毛シャンプーもおすすめなので、以下の記事でご紹介しています。

年齢とともに髪にハリやコシがなくなってきた女性のための育毛シャンプーですので、こちらも是非読んでみてください。

スカルプシャンプーは薄毛対策になる!

笑顔の女性

ここまでで、40代におすすめのスカルプシャンプーが知りたい方に、

・スカルプシャンプーの選び方

・おすすめのスカルプシャンプー

・スカルプシャンプーの正しい使い方

についてお話してきました。

 

私もスカルプシャンプーを使い始めるまでは、

シャンプーなんて何使っても一緒だよ。薄毛には関係ない

と思っていました。

でもスカルプシャンプーを使い始めたら頭のかゆみがなくなって最終的にボリュームのある髪になり、

スカルプシャンプーは抜け毛対策になるんだ。そして薄毛を克服することにもつながるんだ

と、今までの常識が変わりました。

 

なので、この記事を読んでいる方にも元気な髪を手に入れるための最初の一歩を踏み出してほしいなと思います!

 

では、ここまで読んでくださってありがとうございました。

おすすめの記事