AGA治療費用の節約できる裏技!?

AGA治療をお考えの方は嫌でも頭にちらつくのは、金額だと思います。

今回はAGA治療にかかる大体の金額や保険、医療ローンのメリット・デメリット

それに加え、治療費用が節約できる裏技3選を紹介。

未来の頭皮を助けるためにも知っておいて損はないと思いますよ。

AGA治療で保険はきかない!?

AGAの治療に保険を使いたいと思っている方はたくさんいるかもしれまん。しかし・・・残念な事に現時点ではAGA治療に保険は適用されていないのが現実。

一体なぜなのか?その理由はAGAの治療内容にあります。
AGAの治療は大きく分けると。

飲む治療薬 発毛治療
塗る治療薬 自毛植毛

上記は厚生労働省が定めた医療保険が適応されるものに含まれていない為です。

分かりやすく例えると、美容整形と同じ分類であり、歯のホワイトニングと同等という事です。

ただし、例外もあることを忘れずに!

例えば、精神的な理由など他の病気での影響を受けて脱毛。その結果としてAGA治療を受けることになった場合、そのことが税務署もしくは税務署職員に認められると・・医療費控除が適応されます。

「AGAは自由診察だから医療控除費がない」とあきらめず、まずは税務署に相談する事をオススメします。

治療内容で金額が違う

パターンA 植毛

治療するクリニックによって料金に差がありますが、一本植毛するのに、約300円~1100円ぐらいです。100本植毛すれば30,000円~110,000円・・・結構差がありますね。

パターンB 発毛注射

注射は発毛に有効な成分(ミノキシジル・アミノ酸・プラセンタ・フィナステリド)を混合して頭皮に直接注入。

直接注射と言われると少し抵抗がありますが、痛みはあまりないのでご安心を。直接注入している事から高い確率で吸収。

料金ですがこれも大きく差があり、一回で約10,000円~40,000円となります。

パターンC 飲み薬

よく使われている飲み薬はフィナステリドを有効成分とするプロペシアという薬です。

相場は約1ヶ月で約7,000円~11,000円。よくAGA治療に使われる一般的な治療。

AGA治療に医療ローンはきくのか?

AGA治療に保険は原則きかないので、治療費が高額になりやすい傾向がございます。

その場合は医療ローンを利用して治療費を支払うこともできる。

しかしAGA治療において医療ローンを利用するにあたり、メリット・デメリットがあるという事を理解することが大切。

なので、そのメリット・デメリットを紹介していきます。

医療ローンのメリット

医療ローンを利用するメリットとして一番大きな事は、全体の費用がわかること・高額な治療(良い治療)が受けやすくなるという事。

月々の返済は10,000円~15,000円ほどに設定されることが多く、まとまった金額を用意することが難しい人でも、比較的支払いやすい。

医療ローンのデメリット

さて、一方のデメリットについては、一度治療がはじまり途中で効果が実感できず、治療を中断したとしても、ローンを組んだ以上支払いの義務が生じるため、効果を実感しているかどうかもわからず返済だけが残ってしまうので、利用するならしっかりと最後まで向き合う精神が必要。

医療ローンを利用するにあたってのポイント

医療ローンを利用する際、金額や規約をしっかりチェック。

特に【きちんと返済できる金額なのか】【解約時に返金が可能なのか】というのはすごく大切なポイントになります。

AGA治療費の総額平均

AGAの治療は即効性はなく、どちらかというと大器晩成型。効果がでるのがすごく早い人でも3ヶ月。一般的には半年程度の治療期間が必要とされています。

効果がでて通院をやめたり、効果がでても不安が残る方は通院したりと、個人の判断は様々なため、決定的な金額が言えません。

ただ、目安にしている3ヶ月~半年で平均をださせてもらいますので、一つの目安にしてもらえたらと思います。

大体クリニックで受けるAGA治療の月額は約30,000円

これを3ヶ月~半年で計算すると、約90,000円~180,000円ぐらいと思っていてください。

AGAの治療費用を節約する裏技3選

血液検査の費用をカット

AGA検査の費用は5,000円~20,000円程度が相場で、クリニックによって異なります。

AGA治療はいざ治療がはじまってしまえば、あとは毎月の薬代だけのなることがほとんど。しかしネックになるのが血液検査等の初期費用。

この血液検査を無料にする方法がございます。

実は・・【健康診断の血液検査を持参するだけ!】

しかしながら、クリニックによっては、別途検査が必要になる可能性もあります。

クリニックの費用をしっかり比較する

AGA治療は保険が適用されない自由診療。

つまり、自由という事は、治療費や薬の価格は病院側で自由に決めております。そのため、どこのクリニックで治療を受けるかにより、費用が大きく違います。

AGA治療を行ってくれるクリニックは多く存在してきてますが、処方されるプロペシアはどこで処方されようとも同じなのです。

クリニックによっては、オリジナルでミノキシジルなどを配合した治療薬を開発していますが、発毛効果において大きな違いはなし。

ジェネリック医薬品を希望

病院で処方してもらう薬には、「先発医薬品」「後発医薬品」の二種類があり、ジェネリック医薬品は後者の「後発医薬品」になります。

「後発医薬品」は「先発医薬品」の特許期間経過後の発売されるものであり、ほぼほぼ同じ成分・効果の薬です。

個人輸入はキケン!!

医師から処方される以外でもプロペシアを入手できる方法もあるにはあります。「個人輸入」

個人輸入で購入すると、確かに1,000円~2000円ほど安くはなります。しかし、この個人輸入はとても危険⚠

過去に個人輸入業者から購入したもので死亡事故もあがっており、副作用のリスクが大きすぎる。

1,000円~2,000円で命を落とす可能性を考えると、しっかりとクリニックいった方が確実によいです。

一般病院と専門病院の違い&遠隔診療

一般病院

一般病院の治療は、簡単に言うとAGA治療薬であるプロペシアを処方してもらえるだけです。診察はしっかり受けますが、ほとんどが精密検査を行わないことが多いようです。

また、一般病院のAGA治療は【現状維持】が軸。

ただ、治療薬が決まっているため、費用は安いです。

且つ病院に来院する間隔が長いので、専門病院と比べると楽ではあります。

専門病院

専門病院の治療は、当たり前ですが専門医がAGA治療に関するいろんなアドバイスやサポートをしてくれる。

これに加え、治療薬によって自分の体に副作用がおきやすいか、頭皮に異常がでるのか否かを調べてくれます。

それに伴い治療費は少々高くなるのは致し方ない。あとは、一般病院に比べ通院が多いので(週1~2)楽ではない。

遠隔診療

特殊なパターンですが、時間がない。クリニックが近くにないという人に必見です。

スマホがあれば自宅で診察を受ける事ができるというのが、【遠隔診察】治療薬も郵送で診察料も一切かからない、必要費用は治療薬代で取り組みやすいのが特徴。

無料ではじめるAGA治療

現在無料でできるAGA治療は・・・簡単に言えば専門医に相談をするというのが一番です。

誰にも相談できず悩みをかかえるよりも、まずは相談。これだけでもこれからどうしていくのがいいのの道が開ける可能性だってありますから、近くにクリニックがあれば足を運んでみてもいいのではないでしょうか。

まとめ

AGA治療の保険について説明いたしましたが、すべて要約すると

「AGA治療は自由診察なので保険は効かない、ただし例外もある。」

「医療ローンのメリット・デメリットをしっかり把握すること」

「AGA治療を安くする方裏技は血液検査の持参、クリニックの費用比較、ジェネリックを希望」

「個人輸入は絶対しない事」

「時間がない人のために遠隔診療というものがある」

本当にどうしたらいいのか分からないという方は、専門医にしっかり相談するというのが遠そうに見えて、一番の近道ですよ。

おすすめの記事