「明らかに髪が少なくなってきた」

「最近他人からの目線がキツイ...」

男性なら誰でも悩む薄毛・ハゲの悩み。
その中でも一番の曲者がAGA(男性型脱毛症)。
AGAを治療できる方法があれば是非とも知りたいと思っていませんか?

薄毛やハゲが治って職場の目線が気にならなくなり、女性ウケも良くなる(モテる)ようになれれば最高ですよね!

そんなあなたのためのAGA治療方法が存在します。
それも一つだけではなく2つ以上もあるんです。

AGA治療は適切に治療を進めれば脱毛の進行が止まる可能性が90%まで上昇します。

出典 男性における男性型脱毛症用薬 5 α - 還元酵素 II 型阻害薬 フィナステリド(プロペシア ® 錠 0.2 mg・1 mg)の薬理学的特性と臨床効果

そのようなデータがあるにもかかわらず、AGA治療に失敗してしまう理由は、すべて独断でやってしまっているケースが多いです。

AGA治療をしっかり成功させるためには、必ず覚えておくコツがあります。

  • 1年以上継続すること
  • 個人輸入など独断だけでAGA治療を行わない
  • 予算にあった治療を行うこと
  • 自信を持って行うこと

最低限これらのことをしっかり覚えておけば、AGA治療成功確率は一気に上がることになるでしょう。

ちなみに個人輸入に関しては厚生労働省も注意喚起をしていますので、よほどのことがない限り避けるようにしましょう。

資料 個人輸入において注意すべき医薬品等について

AGA治療に成功すれば自分自身に自信がつきますし、職場や電車内などどこでも気にせず生活することが出来ます。

彼女も上手く作りたいですしね。

この記事では、そもそもAGA治療は有効なのかといった疑問を解決して、治療を成功させるための方法を解説していきます。

その後に、AGA治療ができるクリニックを紹介していきます。

ベストなAGA治療法を見つけ出して、満足できる髪の毛をもう一度手に入れられるように頑張ってくださいね!

読みたい項目を押してね

AGA治療は本当に効果あり?

一番の課題である、AGA治療には効果があるのかということですが、先に言ってしまうと、あります。

AGAは男性ホルモン(テストステロン)と酵素(5αリダクターゼ)が結びついて変化する「(DHT)ジヒドロテストステロン」という成分が原因で脱毛が進行します。

AGAを治療するためには、脱毛の原因を作らないために男性ホルモンと酵素が結合することを防ぐ必要があるのですが、現代医学ではそれが可能な治療薬「プロペシア」が存在します。

プロペシアの主成分である「フィナステリド」は、男性ホルモンのテストステロンととても似ており、酵素(5αリダクターゼ)が勘違いして結合します。

この勘違いによる結合で生成される成分は脱毛効果がないものなので、AGAによる脱毛進行を抑制することができるのです。

継続すればするほど成功しやすくなる

いちばん重要なのが、
AGA治療をしっかり継続することで、より確かな成功へと導いてくれるということです。

最低でも半年(180日)から1年(365日)以上治療を継続してAGA治療に取り組むことが大切であり、継続することがAGA治療の一番の近道でもあります。

ちなみに、なぜ最低半年は続ける必要があるのかというのは、臨床実験にて約半年間AGA治療薬(ミノキシジル・フィナステリド)を投与し続けることで、脱毛症状が改善されたということが報告されているからです。

ミノキシジルやフィナステリドは,約半年間の投与により,ベニガオザルの前頭部の脱毛症状を著明に改善することが報告されている

出典 男性型脱毛症治療薬の研究動向

生え際のAGAが治らないのは半分嘘

AGAによって生え際が大きく後退してハゲてしまい、
さらにはAGA治療が効かないかもしれないと思っている方もいるかと思います。

こちらも先にいっておくと、生え際のAGAが治らないのは半分嘘」であり、治療できるものと治療ができないものがあります。

治療ができない生え際のハゲというのが、もともとオデコが広かった人です。

こういった方は、たまたま鏡を見たときに額を見てしまい、勝手にハゲてるかもと勘違いしてしまっていることが多いです。

オデコが広いということはもともと髪の毛がないところに髪の成長を促進させようとしているので、その部分にAGA治療を施しても絶対に効果を得られるということはありません。

逆におでこが広いわけでもなく、単純にAGAによって生え際の後退が進行している場合

治療に成功する可能性があります。

ちなみに頭頂部から進行しているAGAに関しては治療効果を得られる可能性が高いというデータがあります。

801 名の「日本人」男性被験者を対象とした観察研究において,フィナステリド(1 mg/日)5 年間の内服継続により写真評価において効果が 99.4%の症例で得られた28).40 歳未満の症例,重症度の低い症例でより高い効果を示した.

出典 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

適切に治療薬を使えば薄毛は改善できる

AGA治療には専用の治療薬が使われることが多いです。

AGAの実際の症状に合わせて適切な治療薬を選択することで、AGA治療成功の確率を飛躍的に高めることが出来ます。

治療薬は積極的に利用しよう!

現在進行系でAGA治療に最も使われているものが治療薬ですので、積極的に活用すべきです。

育毛シャンプーや育毛剤を利用しても良いのですが、やはり効果を最も期待して良いのはプロペシアなどのAGA治療薬を用いた治療方法です。

プロペシアなどはAGA治療のためだけに使われることが多い薬ですので、出来るだけ早くAGAを治したいというのであれば、育毛剤や育毛シャンプーよりプロペシアなどの治療薬を使うようにしましょう。

また、治療薬を使って治療することに対する注意点がいくつかありますので、そちらを紹介していきます。

AGA治療をする注意点

治療薬は絶対に個人輸入しない

まず絶対に守らないといけないのが、AGAの治療薬は絶対に個人輸入してはいけません。

個人で治療薬を選ぶこと自体リスクが高く、治療薬が過剰反応するなどして更に抜け毛が増えてしまう可能性もあります。

資料 医薬品等を海外から購入しようとされる方へ

ですので、治療薬は絶対に個人輸入しない、もっというと治療薬を個人で買わないようにしましょう。

どうしても個人で選びたいのであれば、治療薬よりかは効果は落ちますが、国内で正式に販売されている育毛シャンプーや育毛剤を使うといいでしょう。

この記事でも最後に評判の良い育毛シャンプーを紹介しています。

副作用で初期脱毛が発生することがある

AGA治療を続けていると、初期脱毛が発生することがあります。
副作用というと、体に良くないことが起きてるというのが一般的ですが、

初期脱毛のことをよく知らない人は、副作用でハゲが加速したと思うかもしれませんが、そうではありません。

むしろその逆で、AGA治療がうまくいき始めているということを目で見ることが出来ます。

ただし、抜け毛が増えることによる不安と精神的ストレスが急激に増加する可能性が高いので、「初期脱毛が起きている間は絶対にAGA治療を成功させるんだ」という強い意志を持つことが大切です。

初期脱毛は乱れたヘアサイクルをもとに戻すために発生する

AGAになってしまった場合、ヘアサイクルが大きく乱れていることがあります。

ヘアサイクルが乱れてくると、髪が伸びない期間である休止期と退行期が長くなり、

逆に髪が伸びる期間である成長期が短くなってしまいます。

AGA治療を進めていると、このような乱れたヘアサイクルをもとに戻すために、休止期の髪の毛を無理やり押し出して成長期の髪を作り出し、ヘアサイクルを元に戻そうとする働きがあります。

これが俗にいく「初期脱毛」というものになります。

通常のヘアサイクルでは、成長期の髪が85%以上を占めており、このくらいの割合になっています。

 

ここにヘアサイクルについて紹介しておきます。

ヘアサイクル 期間 特徴
成長期 2~7年 唯一髪が伸びる期間

正常時は髪全体の85~90%

退行期 約2週間 毛母細胞の分裂が終わって休止期になる直前の期間

正常時は髪全体の1%

休止期 約3ヶ月 抜けるのを待っている髪の毛

正常時は髪全体の9~14%

グラフで表すとこの様になり、髪の毛全体のうちほとんどが成長期の髪の毛であることがわかると思います。

しかし、先程も言ったように、AGAが進行すると休止期の髪が増加し、成長期の割合が減ってしまいます。

AGA治療では、すばやく治療を進めるために成長期の髪の毛の割合を増やす必要があるため、必要以上に増えている休止期の髪の毛を減らして、元のヘアサイクルに戻そうとする(休止期の髪を早く抜けさせる)効果があります。

ですので、AGA治療を始めてから急に抜け毛が増えたという場合は確実にAGA治療が進んでいるということです。
ですので、初期脱毛が発生したら逆に自信を持ちましょう!

無料でカウンセリングを受けられるおすすめのクリニック

ただし、初期脱毛が発生しないという方も少なからずいますので、その場合もしっかりAGA治療を継続して結果を待つ必要があります。

ちなみに、ちらっと言葉を出しましたが、クリニックを利用する場合、無料のカウンセリングでAGA治療方法を相談するという裏ワザがあります。

AGAスキンクリニック

湘南美容クリニック

ガーデンクリニック

カウンセリングを活用する

一番成功率を高めてAGAを治療する方法は、以下の手順です。

  1. 無料カウンセリングを利用して最適な治療方法を見つけ出す
  2. 治療方法と金額に納得がいったら治療開始
  3. 治療完了まで継続する

これがAGA治療の中で良い方法で、費用を最も抑えやすい方法です。

なぜ育毛シャンプーを使うよりも費用を抑えられる可能性があるのかというと、カウンセリングで最適な治療方法を見つけ出した上で治療を行うことで、失敗する確率が大幅に下がるからです。

わかりやすく例えるとこんな感じです。

育毛シャンプーから始めた場合の例

  • 1ヶ月分5000円の育毛シャンプーを購入
  • 2年使い続けたものの効果なし
  • 別の1ヶ月5000円の育毛シャンプーを購入
  • これも2年使い続けたものの効果なし
  • 結局クリニックやサロンを利用する
  • 成功せずに2年間合計24万円の出費

自分で育毛シャンプーを選んで治療を始めた場合、いつ成功するのかわからないまま、時間を浪費してしまいます。

失敗した後にクリニックなどの専門的な機関などで診てもらうことは大いにアリですが、そうするくらいならはじめからクリニックなどを利用したほうが良いということになりますよね。

カウンセリングから始めた場合の例

次は確実に治療を成功させるために、カウンセリングから始めた場合です。

  • 無料でカウンセリングを受ける
  • 適切な治療方法を紹介してもらう
  • 納得の行くものであれば治療を行う
  • 1ヶ月あたり1万5000円で治療を開始
  • 18ヶ月で治療完了
  • 27万円で治療成功

あくまで治療イメージです。5000円の育毛シャンプーを育毛シャンプーを4年使った場合よりも3万円ほど費用がかかっていますが、より短期間で、しかも治療にも成功しています。

育毛シャンプーを使った場合では、4年間合計24万円かけても治療に成功しなかったので、AGA治療費は今後もっと増加します。

このように治療に失敗して後悔しないために、カウンセリングが必要なのです。

カウンセリングは最適な治療方法を教えてくれる

一概にAGA治療を行うといっても、人それぞれ体質やどの程度ハゲが進行していて、どの部分を重点的に治療したいのかということを考えると、素人の判断でAGAを治療するのは無理があります。

しっかりカウンセリングを受けることで、AGA治療に関して素人でも最適な治療薬の紹介や治療方法の提案をしてくれます。

それに、プロペシアなど国に認可された治療薬を投与してもらうことも出来ますので、育毛剤や育毛シャンプーに頼るよりも確実性が高いです。

AGA治療は保険が効かないのでカウンセリングのメリットは大きい

日本は医療費に関しては非常に恵まれていますが、AGA治療は自由診療のため保険がほとんど効きません。

自由診療の薬(保険が適用されない薬)を用いた医療の場合、医療費全体が保険給付の対象になりません。したがいまして、薬費はもちろんのこと、診察、調剤、服薬指導などにかかる費用も含め、医療費全額を患者さんにご負担していただくこととなります。

出典 独立行政法人 国立病院機構 岩手病院 - AGA外来

それ故にAGA治療費が高くなっているのです。

そのため、費用がかなりかさむことを考えると、無料でカウンセリングを受けられるクリニックの存在は非常に頼もしいです。

AGA治療期間と費用相場

費用については「育毛サロンはおすすめしない」でカンタンに紹介しましたが、もう一度、治療期間とともに紹介しておきます。

育毛シャンプーを使う場合

育毛シャンプーの価格は1ヶ月分で3000円~1万円程度のものが多いです。

そして最も重要な治療期間についてですが、ハッキリいってしまうとわかりません。

というのも、育毛シャンプーは基本的に個人の判断で購入することが多いので、どうしても治療成功の可否に差が出やすいです。

  • 生え際に有効なのか?
  • ほとんど髪がないけど効果があるのか?
  • ちゃんとシャンプーを使いこなせているのか?
  • しっかり継続できているのか?

といった観点から、自己判断で育毛シャンプーを購入した方の治療成功確率はとても低いです。

特に継続できるかどうかが問題で、いつ治療が終わるのかわからないので、少しずつ不安になっていき、最終的に育毛シャンプーを使った治療を諦めてしまいます。

そうなってしまうと当然これ以上治療の成果を得ることができないので、結果として「AGA治療にし失敗し、数万~数十万円を無駄にした」ということになりかねません。

ですので、1ヶ月あたりの治療費は一番安いものの、治療成功確率が低いというものが育毛シャンプーということになります。

育毛サロンを利用する場合

育毛サロンの場合は、治療人は別にサロン入会費用がかかります。

入会費用は全然安くなく、5万円~10万円が相場となっています。

そして、育毛サロンの場合はここからさらに、

  • 治療器材
  • おすすめされるシャンプーなどの育毛アイテム
  • 治療費

かかってくるため、1ヶ月あたり4万円~15万円。

年間にすると約50万円~200万円近くかかる計算になります。

さらに育毛サロンの場合は明確な金額が決まっておらず、治療を受ける側の予算で決めようとします。

そのため、「予算はおいくらですか?」という質問をされることがあり、このときに仮に50万円と答えてしまうと、50万円をフルに使って治療プランを用意しようとします。

「この方法だったら費用を予算よりも大きく下げることが出来ますよ」といったことが育毛サロンではほとんどありません。

育毛サロンでもカウンセリングを実施しているところは多いですが、サロンにとって都合のいい方法で治療させようとする(予算ギリギリまで使い込ませる)ことが多いので、金銭的なリスクが高いです。

さらに、育毛サロンに通い始めたものの、治療費が高すぎるあまりに予算が足りなくなってしまい、AGA治療を断念してしまうということもあります。

そのような金銭面のリスクが非常に高いため、育毛サロンに通わず、この後紹介する育毛クリニックを利用すべきです。

育毛クリニックを利用する場合

育毛クリニックを利用する場合は基本的にカウンセリングで治療方法を相談して決めた上で治療を始めます。

その中で最も一般的な方法が投薬治療です。

クリニックを利用する場合は以下のような治療方法があり、それぞれ治療期間や費用も異なります。

治療方法 費用(1ヶ月あたり) 特徴
投薬治療 6000円~2万円 最も一般的な治療方法。

効果を実感できるまで最低でも6ヶ月必要

注入治療 5万円~15万円 投薬治療の補助として使われることが多いため、別途投薬治療費が必要
自毛植毛 40万円~100万円 AGAの影響がない後頭部や側頭部の自分の毛根を薄いところに移植する。即効性あり

即効性でいうと自毛植毛です。というのも既にフサフサなところの髪の毛の一部を、AGAによって薄くなったところに移植させるため、治療したその日に効果を実感できるのです。

そのかわりに驚くほど費用が高くなっていますが、治療成功確率は100%です。

クリニックを利用したAGA治療は投薬治療が一般的であり、この方法が一番費用を抑えることができます。

そのかわりに半年以上かかってしまいますが、AGA治療専門医に適切な治療薬を処方してくれるので、治療成功確率がかなり上昇します。

この記事の前半でも説明したように「適切にAGA治療を行った場合の成功確率は90%」と言われているので、適切な治療を行えるように、

  • カウンセリングを受けて治療方法を相談
  • 治療完了まで継続

という手順をふむようにしましょう。

こうすればあなたもAGAの悩みを解消できるはずです。

AGA治療とは別でかかる費用

先程、それぞれのaga治療に関する費用について紹介しましたが、あれはあくまでそれぞれの治療を行う際にかかる費用です。

どういうことなのかというと、治療を進める前に行う初回診察や血液検査費用などがかかってしまうことです。

一般的に初回診察料が5000円。血液検査費用で20000円(1回10000円)かかります。

診察料だけで5000円かかるのかと思う方もいるかも知れませんが、AGA治療は保険適用外なので、このような金額になっています。

ただし、これらは治療開始前にかかる費用なので、基本的には治療開始後にそのような費用が大きくかかることはありません。

中にはこれらの費用が無料になるクリニックも存在し、無料だからといって治療費が高くなるというのもありません。

初回診察料や血液検査費用が無料になるクリニックは以下のようなところがあります。

クリニック名 無料になる項目 場所 備考
AGA治療 発毛クリニック カウンセリング

初診料(男性のみ)

治療前検査費(男性のみ)

東京都渋谷区 男性向け

駅チカ

秋葉原中央クリニック カウンセリング

診察料(回数制限無し)

東京都千代田区 駅チカ
AGAスキンクリニック カウンセリング

診察料

血液検査

全国50箇所

クリニック一覧

22時までやっているので仕事帰りに寄れる
ABCクリニック カウンセリング 全国12箇所

クリニック一覧

カウンセリング以外実費

東京近辺にお住まいであれば、AGA治療 発毛クリニックが一番オススメできます。

男性に特化したAGA治療機関で、初回限定でカウンセリング・初診料、治療前検査費が無料になっています。

本来であれば、診断料5000円・血液検査10000円(1回)かかるため、初期費用を抑えることは可能です。

東京近辺に住んでいないのであれば、全国展開しているAGAスキンクリニックがおすすめです。

こちらはカウンセリングと診断料が無料なだけでなく、血液検査2回分も無料であるため、コストパフォーマンスに優れています。

ハゲはモテないという統計データがある

聞いたことがあるかもしれませんが、ハゲた男性は女性にモテない」という噂はほんとうです。

実際に「ハゲ活」と呼ばれるメディアがアンケートを実施し、以下のような結果が出ています。

 

恋愛対象になるかどうかで、約半数が「対象になる」と答えていますが、コレは決して喜んでいい数字ではありません。

出典 薄毛に対する女性の本音を徹底調査!408人にアンケート

 

視点を変えると、会話をしたこともなく、アプローチも何もしてないのに、薄毛(ハゲ)になった時点で恋愛対象から外されているということです。

4対4の合コンをやって、出会った瞬間に2人の女性から即恋愛対象から外されているということです。

冷静に考えると、ハゲに対する評価はとても厳しいものと言うことがおわかりかと思います。

海外と比べて日本ではハゲに対する当たりがとても強い

海外ではファッションのためにハゲにする方がいるくらいには、ハゲが一般的ですが、日本はその逆で、ハゲに対する当たりがとても強いです。

というのも、日本人は集団心理がとても強く、コンプレックスに過剰反応してしまうため、髪がフサフサなのが普通と思っている日本人にとって、ハゲにあまり良い印象を持たないのです。

 

コンプレックスが気にならないのであれば、あなた自身のハゲの悩みもないはずですよね?

 

ですので、職場や街中でハゲを気にしないようにするために、AGA治療をして、ハゲとサヨナラするようにしましょう!

育毛シャンプーや育毛剤は日頃のスカルプケア用に持っておこう

AGA治療にはクリニックでプロペシアなどの治療薬を処方してもらうことが良いと書きましたが、日頃のスカルプケアをするのであれば、育毛シャンプー可育毛剤どちらか一本は持っておいて損ではありません。

AGA治療がスムーズにいっていたとしても、頭皮環境が悪いと別の要因でハゲが進行してしまうので、そのようなことにならないためにも育毛剤や育毛シャンプーを使うことは大いにアリです。

髪の毛を守るためなら頑張っていきたいという方は育毛シャンプーか育毛剤のどちらか一つ持っておくと良いですよ。

無料でカウンセリングを受けられるクリニック一覧

クリニックによってはカウンセリングを無料で受けられるところがあります。

AGA治療は保険が効かないぶん、ちょっとした診療でも結構かかってしまうので、無料でカウンセリングを受けられるクリニックは強いです。

といっても、住んでいる地域によって足を運べる運べないという問題が出てくると思うので、地域別に紹介していきます。

東京都

クリニック名 地域
AGA JAPAN CLINIC 渋谷区
秋葉原中央クリニック 秋葉原
ゴリラクリニック 新宿・池袋・銀座・上野

神奈川県

クリニック名 地域
川崎中央クリニック 川崎市
横浜中央クリニック 横浜
ゴリラクリニック 横浜

愛知県

クリニック名 地域
ゴリラクリニック 名古屋
AGAスキンクリニック 名古屋
ガーデンクリニック 名古屋

大阪府

クリニック名 地域
ゴリラクリニック 梅田
ガーデンクリニック 梅田
AGAスキンクリニック 心斎橋・天王寺・西梅田・難波

福岡県

クリニック名 地域
ゴリラクリニック 福岡天神
ガーデンクリニック 福岡
AGAスキンクリニック 福岡・小倉

可能であれば複数のカウンセリングを受けよう

ここまでを振り返ってAGAの治療についておさらいしておきます。

  • AGA治療にはプロペシアなどの治療薬が効果的
  • 継続すればするほど治療に成功しやすい
  • 日頃のスカルプケアには育毛剤や育毛シャンプーが効果的
  • AGA治療は自由診療で保険が効かない代わりに無料相談がしやすい

そして、一つ裏ワザ的なことを教えておくと、カウンセリングはいろんな病院で受けることができるので、ここなら大丈夫と思うクリニックを見つけるまでいくらでもカウンセリングを受けられます。

治療費もクリニックによって異なるので、費用も気にするのであればカウンセリングで見積もりを出してもらって、安いところで治療を進めると良いでしょう。

東京・横浜・大阪で一度は確認しておくべきクリニックがありますので、AGA治療を成功させたいという方は、一度確認してみてくださいね。

注目 東京でおすすめのAGAクリニック

横浜でおすすめのAGAクリニック

大阪でおすすめのAGAクリニック

おすすめの記事