デュタステリドについて、どのような成分なのか知っていますか?

人によってはAGA治療に効果がある成分ということは知っているかもしれませんが、どのような効果があってどれくらいの期間で治療できるかについては知らないと思います。

この記事では、そのデュタステリドとは一体どのような成分で本当にAGA治療に効果があるのかを理解するために、詳しく解説していきます。

デュタステリドとは?

デュタステリドとは、前立腺肥大症患者向けに開発された治療薬であり、もともとはAGA治療に使われていないものでした。

しかし近年の研究により、男性がハゲになる原因の一つであるAGA(男性型脱毛症)にも効果があることが判明しています。

2015年にはデュタステリドを使ったAGA治療新薬のザガーロが、厚生労働省によって認可され、正式にデュタステリドを使ったAGA治療薬が販売されました。

デュタステリドの効果

デュタステリドにはAGA治療効果があると判明していますが、そもそもなぜAGAでハゲが進行してしまうのかと言うと、テストステロンという男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が結びつくことによって生成されるジヒドロテストステロンという強力な男性ホルモンに原因があります。

ジヒドロテストステロンには、髪の毛の成長に必要不可欠な毛母細胞の働きを弱めてしまう効果があり、毛母細胞から髪の毛に十分に栄養が行き渡らなくなることが要因で、髪が普段よりも多く抜けてしまいます。

このAGAの症状を抑制するには、ジヒドロテストステロンのもととなる5αリダクターゼの働きを弱めて結合を阻害する必要があるのですが、デュタステリドには、5αリダクターゼの働きを弱める効果を持っています。

そして、5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類が存在するのですが、デュタステリドは2種類の5αリダクターゼの働きを弱める効果があります。

これまでAGA治療に有効とされていたフィナステリドは、Ⅱ型の5αリダクターゼにしか効果がなく、すべての5αリダクターゼに効果がある治療薬というわけではありませんでした。

デュタステリドはフィナステリドよりも効果が良い

Ⅰ型Ⅱ型両方の5αリダクターゼに効果があるデュタステリドは、医学的にもフィナステリドよりも効果が高いということが判明していて、その効果は1.6倍とも言われています。

フィナステリドに効果がないというわけではなく、AGA治療で有名な成分でしたが、それ以上にデュタステリドが優れているということになります。

デュタステリドを使ったAGA治療期間ははやくて6ヶ月

デュタステリドはフィナステリドよりも高い効果を期待できますが、だからといって治療が早く終わるというわけではありません

AGA治療は乱れたヘアサイクルをもとに戻すところから始まる

髪の毛は、一定期間成長し続けて、その後抜け落ちてまた新しい髪の毛が生えていくというヘアサイクルを持っているのですが、このヘアサイクルをもとに戻すにははやくて3ヶ月かかり、ヘアサイクルがもとに戻ってから、しっかり髪の毛が生えてくるのもかなり時間がかかります。

そのため、どれだけ治療効果があると判明しているデュタステリドでもしっかり継続しないといけないということです。

ただし、継続すればするほどフィナステリドよりもAGA治療を成功させやすいということであるため、絶対AGAを治療してやるという気持ちがあれば上手く髪の毛のボリュームを取り戻せる可能性があります。

デュタステリドの副作用

ここまでデュタステリドの効果について解説していきましたが、デュタステリドは医薬品ですので、少なからず副作用は存在します。

医薬品を使う以上、副作用について知っておくべきですので、デュタステリドが引き起こす主な症状を紹介していきます。

性機能不全

デュタステリドが引き起こす最も多い副作用が性機能不全です。

デュタステリドによる性機能不全は、精液量減少だったり、性欲減退、勃起不全など日常生活ではあまり困らない副作用が多いです。

もともとデュタステリドが前立腺肥大症という性機能に関する成分であるため、もともと性機能が健康な人が使うと、正機能不全という副作用を引き起こしてしまうことがあります。

日常生活ではあまり支障が出ない副作用である代わりに、発症確率が16%(臨床実験結果より)とかなり高めとなっています。

近い将来に子づくり・性交渉の予定がある方は服用を避けること

デュタステリドに性機能不全という副作用があるように、子づくり・性交渉が近いときに副作用するのは避けるべきです。

また、デュタステリドは女性との相性が悪く、デュタステリドを服用した男性が性交渉を行い、そのまま妊娠すると胎児に悪影響が及ぶ可能性もあり、将来の赤ちゃんのことを考えると避けるべきです。

ですので、もし子づくりの予定があるならば、子づくりを終えてからデュタステリドによるAGA治療を進めるようにしましょう。

わずかながら抑うつ症状なども存在する

臨床実験では1%未満とされていますが、抑うつ症状や頭痛などの軽微な副作用も確認されています。

そのため、デュタステリドを服用し始めてから急に頭痛の頻度が上がった・何故か気分が落ち込むようになったという方は、デュタステリドの副作用の可能性があります。

 

ちなみにもっと副作用について知りたい方は、こちらのザガーロの副作用の記事を読んでください。
ザガーロの主成分はデュタステリドですので、デュタステリドの記事と思ってもらって構いません。

デュタステリドはクリニックでジェネリック製品を購入することができる

デュタステリドの特許が2015年に時効となっているため、AGA治療目的のデュタステリド新薬であるザガーロよりも安いジェネリック医薬品を購入することができます。

デュタステリドのジェネリック医薬品はクリニックの医師と相談の上処方してもらうことが可能で、ザガーロよりも4~5割程度安く購入することができます。

また、クリニックなど正規の方法で入手することで、医薬品副作用被害救済制度という公的制度を利用して、重篤な副作用を発症した際の治療費を全額負担(入院費は上限あり)してくれます。

通販だと公的保障(医薬品副作用被害救済制度)が使えないので覚えておくように。

ザガーロを安く手に入れたい一心で、個人輸入代行業者であるオオサカ堂などを利用しようとする方もいますが、あまりおすすめできません。

というのも、オオサカ堂などの個人輸入代行業者は厚生労働省に認可されておらず、本来は違法行為であるためです。

そのため、もしオオサカ堂などの通販サイトで購入して万が一重篤な副作用などでトラブルが発生した場合でも、医薬品副作用被害救済制度を利用することができず、全て自己責任となってしまいます。

クリニックでもザガーロよりも4~5割引きで購入できるジェネリック薬品を取り扱っているところがあるので、無理に危険を冒してまで個人輸入をしないほうが懸命です。

デュタステリドを処方してくれる医療機関はどこにある?

デュタステリドを主成分とするザガーロやジェネリック医薬品を取り扱っている医療機関(クリニック)は、主に東京や名古屋・大阪・福岡といった都市部に集中しています。

電車などを使ってクリニックに行くことができるのであれば、問題ありませんが、地方に住んでいる方は少々厳しいものがあります。

そうなるとやはり嫌でも海外輸入をしないといけないのか...となってしまうかもしれませんが、今はインターネット技術が発達しているおかげで、クリニックに足を運ばずに診療から治療薬の処方(郵送で届けられます)までしてくれるクリニックが存在します。

気になる方はそれらクリニックについても見ておくと良いでしょう。

東京にあるAGAクリニック

オンライン診療対応のAGAクリニック

 

デュタステリドはフィナステリドの上位版とも言える成分であり、AGA治療の強い味方ですので、AGAに悩まされている方は、デュタステリドを使ってAGA治療を勧めてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事