薄毛には様々な原因がありますが男性の薄毛の多くはAGAが原因です。健康な毛髪は成長・退行・休止・脱毛のサイクルを繰り返しています。このような循環はヘアサイクルとよばれますがAGAでは過剰な男性ホルモンの働きによって、このヘアサイクルが乱れてしまい、やがては髪が生えなくなってしまいます。このAGAは10代の後半から始まり、20代や30代にかけて進行するのが特徴です。40代以降の男性を含めると、実に3人に1人がAGAで悩んでいるとされます。このAGAは徐々に進行するのが特徴で、自然に回復することはありません。しかし最近では医療機関で治療することで、大幅に症状を改善することや、毛髪を回復することも可能となってきています。AGAの症状で悩んでいる方はまずは医療機関で診察を受けましょう。

改善効果を期待できます

AGAの薄毛治療は皮膚科で受けることができます。皮膚科ではまず血液検査やマイクロスコープによる頭皮チェックなどを行い、薄毛となった原因を突き止める診察を行います。検査で原因がAGAによるものと判明した場合は、薬による薄毛治療を開始します。薄毛治療で使用される薬は、ザガーロやプロペシアなどAGAの原因となっている男性ホルモンが脱毛物質へと変化するのを阻害する薬を使用します。ザガーロやプロペシアの脱毛抑止効果は非常に高く、医療機関による調査でもおよそ70%以上の患者に脱毛抑制の効果があることを確認しています。ザガーロやプロペシアと合わせてミノキシジルとよばれる薬も使用します。ミノキシジルは毛根に作用することで、発毛を強力に促すことや頭皮の血行を促進することで髪の毛に十分な栄養素を届ける効果を発揮します。皮膚科でこれらの薄毛治療を6ヶ月程度継続して行った方の多くに薄毛の進行を抑制する効果や毛髪の回復効果を確認することができています。AGAの薄毛治療は早期に始めるほど効果を実感することができます。AGAの症状で悩んでいる方は早めに皮膚科で薄毛治療を始めましょう。

一般的に、育毛剤は男性が使うものであると考えられがちですが、妊娠や出産を経て女性ホルモンの分泌に変化が生じると女性でも抜け毛が気になったり、薄毛の悩みが出てくることがあります。その為、女性用育毛剤もよく使われています。男性と女性では、薄毛のメカニズムが違います。頭皮の状態も異なり、男性は比較的皮膚が丈夫ですが女性の場合は敏感である人も少なくありません。女性が男性用の育毛剤を使うと肌に刺激となることもあるため、女性は女性用育毛剤を使う必要があります。女性用育毛剤を使うことで、髪を増やしたり切れ毛を防いで健康的な髪にするだけでなくハリやツヤも出すためしなやかで綺麗な髪の毛を維持することが出来ます。

女性ホルモン分泌を促す

女性用育毛剤の選び方については、自身の頭皮や毛量の状態などによって変わります。ホルモンのバランスが崩れて、通常女性ホルモンが多く分泌され男性ホルモンが少し分泌される女性の身体で、男性ホルモンの分泌のほうが多くなると抜け毛が起きるようになります。そのような場合には、男性ホルモンの分泌を抑えて女性ホルモンの分泌を促すような成分の入った育毛剤を選ぶ必要があります。また、毛髪が完全に成長しきる前に毛が切れてしまったり途中で抜けてしまうことがあります。そういった場合は、頭皮の血行を促進する作用のある成分やヘアサイクルを活性化させるような成分が含まれている育毛剤を使うと頭皮環境を整えることで健康な髪が生えるようになります。

男性用に比べて女性用育毛剤の大きな特徴は、肌に優しく作られていることです。女性の頭皮はとても繊細にできていて、さらにパーマやカラーリングなどによる髪へのダメージが蓄積していていることもあり、女性用育毛剤の多くは刺激性の少ない無添加のものが一般的です。さらに頭皮だけではなく髪の毛に対してもしっかりとしたケアを行ってくれます。保湿成分が強く、女性用育毛剤は育毛だけではなく美容液としての役割も果たしてくれます。使い心地にも配慮されていて、育毛剤はその成分ゆえにどうしてもベタつきが出てしまうのですが、女性用育毛剤はその嫌なベタつきや匂いを極力無くし、アロマや柑橘系の良い香りがするようなものも販売されています。

産後用もあります

女性が薄毛や抜け毛になる原因は、加齢・ストレス・無理なダイエットなど色々とありますが、出産後に起きるホルモンバランスの乱れによる抜け毛もあります。だいたい出産から三ヶ月後くらいに抜け毛・薄毛が目立ち始めるのですが、妊娠中に増えた女性ホルモンのせいでヘアサイクルが乱れて、正常な状態で抜け落ちるはずだった毛髪がそのまま維持され、そして出産後にその毛髪が一斉に休止期に入ると正常時よりも多くの毛髪が抜け落ちてしまいます。これを分娩後脱毛症といいます。分娩後脱毛症の対策としては、しばらくして時間がたてば治ることが多いのですが、もし気になるようなら産後用の女性育毛剤があります。産後用育毛剤は、他のものに比べて浸透力があり毛根部分に強く働きかけてくれます。

髪の毛が薄くなったり脱毛をしてしまってひそかに悩んでいる人が梅田には多くいます。これらの対策のためにかつらやまだ元気な自分の毛髪に人口毛をつけて増毛を行う人も梅田には多くいます。髪の毛を自然な形で見た目もよく増やす方法に、植毛という方法があります。従来の植毛方法は他人の髪の毛や人口毛を表皮にパンチングして植えつける方法がとられていましたが、現在は自分の髪の毛を薄くなった部分に植えつけるという方法で、植毛が行われています。自分の髪の毛を使って植込みが行われるために従来の人口毛や他人の毛であったような頭皮の拒否反応が起こらず、確実に生着して成長毛になっていきますので梅田の多くの人がこの方法で植毛を行っています。

メリットがいっぱい

植毛を行うメリットはかつらの着用で起こってくる頭皮の蒸れが起こらないという点、また頭皮の清潔が保たれること、自毛が伸びてくることでの調整が必要ではない点が挙げられます。正常な毛髪へのダメージも起きることはありませんし見た目も格段とよくなります。自分の毛髪を使って行うことから違和感もなく増毛をすることができ、最初のほうは脱毛してしまいますが毛根は確実に残って髪の毛を増やすことができます。梅田でも自分の毛髪を使い植毛を行っている人が多くいます。最近は医療で発毛を促す方法も開発されています。医療薬として承認された薬を飲む方法で発毛を促すという方法です。効果が表れるのが遅く長い間の薬の服用が必要になってきます。早く効果を上げるために植毛を選ぶ人も多くいます。

ハーグ療法とは、細胞を活性化させることで発毛を促進する治療法です。多くの薄毛で悩む方がハーグ療法を取り入れている福岡のクリニックを訪れています。ハーグ療法は細胞の元となる幹細胞を覚醒させ、発毛のための栄養分を頭皮下に浸透させることで毛髪を再生させるのです。毛髪再生医療とは、幹細胞から抽出したAAPEと選び抜かれた育毛成分を調合して幹細胞を刺激して発毛へと導きます。一般的な薄毛治療が脱毛を防ぐで薄毛を食い止めたり、薄毛の部分を目立たなくするといった防御的なものであるのに対して、ハーグ療法の特徴は髪の本数を増やし発毛を促すことにあります。ハーグ療法が効果がある症状としては、加齢による薄毛やAGAによる脱毛や女性の薄毛などになります。

痛みのない安全な治療

福岡のハーグ療法を取り入れているクリニックでの治療にかかる期間は、週1回の通院で半年から1年で治療が終わります。福岡のハーグ療法は副作用や痛みもほとんどない治療法であり、安心して受けることができます。福岡のハーグ療法は再生医療に基づいた治療ですので、脱毛を防ぎ育毛治療の中でも効果があらわれるのが最も早いです。治療後の改善率も高く、男女問わず99パーセントの方が発毛に成功しています。又ハーグ療法の優れたところは、生えてきた毛髪を丈夫で太い毛に育てることができることです。そして脱毛が進んでいるときでも脱毛を抑え抜けないように対策が取れることです。ハーグ療法は薄毛の状態にかかわらす、直接細胞を刺激して発毛を促す治療なので細胞さえ生きていれば発毛する可能性が高いです。

おすすめの記事