「ミノタブを使ってみたいけれど、副作用が深刻と聞いたことがあるから使うのが怖い」
いま、あなたはこのようにお考えではありませんか?

AGAの治療方法にはいくつかの種類があります。プロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)などの国から認可を受けた医療用医薬品。
リアップやメディカルミノキ5のような塗り薬タイプのミノキシジル製剤。
そして、これらの薬で効果が得られなかったときの最後の切り札としてミノキシジルタブレット(ミノタブ)があります。
しかし、ミノタブは心臓や血管に大きな負担を与え、深刻な副作用が発生することを不安に感じている人も少なくないでしょう。

実は正しく使用すれば、ミノタブは安全な薬です。
ミノタブは医師の指導に従い正しく服用すれば、副作用の危険性を軽減しつつ高い発毛効果を得ることができます

確かに、個人輸入通販のような自己判断でミノタブを購入・服用してしまうと、副作用のリスク増大やニセモノによる健康被害など、深刻な問題をはらみます。
しかし、AGAクリニックで医師の指導・アドバイスに従ってミノタブを服用することで、副作用の発生を0.5%にまで軽減し、高い発毛効果を得ることが可能です。

しかも、上手にクリニックを選ぶことで、AGA治療に掛かってしまう費用を大幅に軽減できます。

ミノタブを医師による適切な指導下で服用し、積極的な攻めの姿勢のAGA治療を始めることで、いまあなたが抱えている髪や頭皮の悩みの克服へと繋がるでしょう。

この記事では、以下の内容を取り扱っています。

あなたの髪と頭皮に抱えている深刻な悩み・疑問の解決にこの記事がお役に立てれば、筆者としては望外の喜びです。

ミノタブとは?効果や副作用は?

ボトルから薬がたくさん出てきている

ミノタブとは、ミノキシジルという成分が配合されている飲み薬(タブレット)のことです。
ミノキシジルタブレット。略して「ミノタブ」です。
ここでは、ミノタブの特徴や効果・副作用について詳しく解説していきます。

ミノキシジルタブレットは攻めの治療薬

ミノキシジルはAGAに悩んでいる人に向けて、強力な発毛効果を発揮する医薬品成分です。
ミノキシジルタブレットは、通常外用薬(塗り薬)として利用されているミノキシジルを内服薬として用いたものです。
身体の外側からミノキシジルの働きで発毛につなげるのではなく、身体の内側からAGAに働きかけます。
そのため、ミノタブは塗り薬よりも高い発毛効果が期待できるのが特徴です。

また、AGAに効果的な薬にはフィナステリドという成分もあります。
フィナステリドはミノキシジルとは異なったメカニズムで効果を発揮する成分で、AGAの進行をストップし改善する働きがあります。
その意味で、フィナステリドが守りの薬であるのに対して、ミノキシジルは攻めの薬と言えるでしょう。

種類 効果 ひとことで言えば
ミノキシジル 飲み薬(ミノタブ):ロニテンなど
塗り薬:リアップなど
頭皮に髪を生えさせる 攻めの薬
フィナステリド プロペシアなどの内服薬 AGAの進行をストップ・改善 守りの薬

ミノタブは日本では未承認の薬

ミノキシジルは塗り薬(外用薬)としては、日本でも認可を受けて市販されています。
大正製薬のリアップシリーズやアンファーのメディカルミノキ5が市販のミノキシジル発毛剤として販売されいることをご存知の方も多いでしょう。

一方で、ミノキシジルの飲み薬(内服薬)は正式には国からの認可を受けていません。
ここで注意すべきなのは、未承認の薬=違法というわけではないことです。
医師が自らの責任で患者の治療のためであれば、国内で承認されていない薬を治療に用いることは問題ありません

ミノタブは副作用とは?

ミノタブにはどのような副作用があるのでしょうか?

ミノタブの主な副作用

  • 血圧低下
  • 体毛の増加
  • 手足のむくみ
  • 吐き気・嘔吐
  • 腹痛
  • 性欲の減退

ミノキシジルはもともと血圧を下げるための薬として開発された経緯があるため、血圧低下やそれに伴う副作用が起こる可能性があります。
ただし、ミノタブではこれらの副作用が発生する確率は極めて低いです。ミノタブを処方しているクリニックによれば、比較的頻度の高い手足のむくみのような副作用が発生する確率は0.5%と非常に低いものです。

参考ユナイテッドクリニック『ミノキシジルタブレット』

ただし、副作用のなかで体毛の増加だけは例外です。全身のムダ毛が濃くなってしまうという多毛症がミノタブでは高い頻度で発生します。

About 8 out of every 10 patients who have taken LONITEN noticed that fine body hair grew darker or longer on certain parts of the body.
(訳:ロニテンを服用した10人の患者のうち約8人が、身体の特定の部位で細かい体毛が暗くなったり長くなったりすることに気づいた。)

確かに副作用なのですが、多毛症が発生することでどのぐらい困るのかは人によって異なるでしょう。
女性では多毛症は深刻な副作用となりますが、男性についてはそこまで深刻に考える人は多くないかもしれません。

フィンペシアやプロペシアとミノタブの違いとは?

持ち比べる人形

フィンペシアやプロペシアもミノキシジルと同じようにAGA治療に効果的な薬です。フィナステリド製剤はミノキシジル外用薬とは違って、医師による処方箋が必要な医療用医薬品です。
ただ、ミノタブとは違って、プロペシアやジェネリック医薬品であるフィナステリド錠(サワイやファイザーなど)は国からの正式な認可を受けています(フィンペシアは無認可)。

フィンペシアやプロペシアにはフィナステリドという有効成分が配合されているのが特徴です。
フィナステリドもAGA治療に効果的な成分なのですが、ミノキシジルとは効果のメカニズムが異なっています。

フィナステリドは、AGAの原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えることで、AGAの進行をストップし改善していきます。
一方で、ミノキシジルは頭皮の血流を改善しつつ、髪の毛を生成する細胞の働きを活性化することで、髪が生えるように促すものです。

フィナステリドとミノキシジルではメカニズムが異なるため、併用治療ができます。一般には併用治療を行うと、より高い発毛効果が得られると言われています
しかし、体質によっては併用の是非が一様ではないので、併用すべきか・単剤服用すべきかは、専門家である医師の判断に委ねるべきでしょう。

▶▶ フィンペシアについて詳しくはこちら

ミノタブはクリニックで正しく服用すると高い発毛効果が期待できる!

ガッツポーズする男性

ミノタブは副作用の危険性が高い薬であることは確かですが、クリニックで医師による適切な指導の下であれば、副作用の危険性を抑えながら、高い発毛効果が得られる薬です。
ここでは、クリニックで医師による正しい指導・アドバイスに従って服用して得られたミノタブの効果について解説していきます。

ミノキシジルの高い発毛効果

ミノキシジルには高い発毛効果があります。
ミノタブよりも効果が低いと言われている塗り薬タイプのミノキシジル製剤であるリアップは、臨床試験のデータを公式サイトで公開しています。

リアップの発毛効果データ

上のグラフは、AGAに悩む人がリアップX5プラスを52週間(約1年間)にわたって塗った結果を示しています。
このデータは医師が頭皮を観察し、改善の程度を評価したものです。
リアップを塗り始めてから、12週間で約6割の人で軽度なものの発毛効果が確認できています。
また、約1年間使い続けると全体の約98%の人で改善が見られました

ミノタブ自体の発毛効果についての臨床試験は存在していませんが、塗り薬とは違って身体の内側からミノキシジルが作用するため、より高い発毛効果が期待できます。

正しくミノキシジルを使えば、副作用の危険性は軽減できる

ミノタブは正しく服用することで副作用の危険性を軽減できます。

ミノタブによる多毛症については、避けがたいのは確かですが、血圧定価や手足のむくみなどは、医師の指導の下で正しく服用すれば、ほとんどの場合避けられます。

当院でのミノキシジルの副作用は「多毛」が最多でミノキシジルのむくみは当院治療400例中2例でしたがミノキシジルの休薬でいずれも改善しています。

400例中2例でむくみが発生しているということは、わずか0.5%の確率でしかありません
このように医師の指導に従ってミノタブを服用することで、副作用が発生する確率は限りなくゼロに近づけることができるのです。

効果はいつから実感できる?初期脱毛は発毛効果が現れる兆し!

ミノキシジルの使用を始めてから効果を実感できるまでには、少なくとも3ヶ月以上の期間が掛かります
ミノキシジルが髪や頭皮に影響を与えても、その効果が現れるには髪の成長サイクルを待たなければなりません。
髪の成長サイクル(ヘアサイクル)は、数ヶ月単位の休止期・2~6年ほどの成長期・数週間単位の退行期の繰り返しです。
休止期・退行期の間は髪の成長がストップするため、ミノキシジルが髪や頭皮に影響を与えていても、目に見える効果は実感できません。

ミノタブを服用してから2週間~2ヶ月間のあいだに、普段よりも抜け毛が増えてしまうという初期脱毛が発生することが多いです。
初期脱毛が発生すると驚いて服用を中段してしまう人もいます。
しかし、初期脱毛はミノキシジルの影響で髪の毛の成長サイクルが正常化するために必要な段階です。
つまり、初期脱毛を減ることで髪と頭皮が正常な状態に回復し、AGAは改善します。
ミノタブを服用して初期脱毛が発生した時は、効果が着実に現れてきている証だと考え安心して服用を継続しましょう。

もし、初期脱毛があまりにも精神的につらいと感じたら、発毛効果が実感できるまでの2~3ヶ月間は増毛パウダーを使ってみてはいかがでしょうか。
一生増毛パウダーというのは難しいでしょうが、2~3ヶ月という短期間なら上手く脱毛部分を隠し通すことができるでしょう。

ミノタブには耐性がある?フィナミノからフィナ単独にする時とは?

ミノキシジルをはじめAGA治療薬は一度使用を始めて効果が現れても使用を中断してしまうと、再びAGAが進行してしまいます。
そのため、AGA治療薬は半永久的に使用を継続しなければなりません。

そこで心配になってくるのが、ミノタブを使い続けていると身体に耐性が出来てしまうのではないのか、ということです。
耐性とは、特定の薬を使い続けていると、その薬に身体が慣れてしまい効かなくなってしまうことです。
結論から言えば、現状の医学の進歩レベルでは、ミノタブを使い続けると耐性が出来てしまうか否かは分かっていません。
ミノタブ服用者の間でも、耐性が出て効かなくなった、という意見もあれば、逆に10年以上服用を続けていても効果が持続している、という意見もあります。

ただ、耐性の問題とは別に、ミノタブを長期的に服用することは推奨できません。
なぜなら、ミノタブは高い発毛効果が期待できる一方で、副作用の危険性も小さくないからです。
そこで、多くのクリニックではミノタブについては最初の1~2年だけ服用し、その後はプロペシア(フィナステリド)などのAGAの進行をストップする薬が処方されます
いわばミノタブは発毛のための起爆剤で、そのパワーを長く持続させるためにプロペシアなどを処方するのです。

身体への負担を考えたAGA治療の例

最初の1~2年ほど
ミノタブ&フィナステリド(AGAの進行をストップさせながら、薄くなった髪を復活させる)
治療を始めて2~3年目以降
フィナステリドやデュタステリドなどのAGAの進行をストップさせる薬のみ

ミノタブについて注意すべき3つのポイントとは?

手のひらに危険と書かれている

ミノタブは高い発毛効果が期待できる一方で、副作用の危険性も小さくありません。
ただ、ミノタブを危険なものにするのか、安全で効果的なものにするのかは、あなたの飲み方次第です。
ここでは、ミノタブの危険性を高めてしまう飲み方・買い方についてまとめておきましょう。

ミノタブと一緒に飲んではいけないものとは?

ミノタブを服用する人にとっては、一緒に飲んではいけないものがあります。

ミノタブと一緒に飲んではいけないもの

  • 血圧に影響を与える薬
  • アルコール

ミノタブの本来の働きは、血圧を下げることです。そのため、血圧を下げる働きがある薬とミノタブを併用してしまうと、余計に血圧を下げて心臓や血管に大きな負担を与えてしまいます

血圧を下げる働きがある薬には、様々なものがあります。具体的には、次の薬を服用すると血圧を下げてしまいます。

  • ヒスタミンH2受容体拮抗薬(ガスター10などの胃薬)
  • 非ステロイド性抗炎症薬(バファリンやロキソニン、ボルタレンなどの痛み止め)
  • スマトリプタン(イミグランなどの頭痛薬)
  • バイアグラなどのED治療薬

このように血圧を下げる働きがある薬や処方薬や市販薬に限らず数多く存在します。実際は、血圧を下げる働きがある薬は上述の通り紹介したものに限りません。
いまあなたが服用している薬についても血圧を下げる働きがあるかもしれませんので、ミノタブを服用する際には医師に現在服用している薬について相談するようにしましょう

またミノタブを服用している人は、お酒を控えるようにしましょう
アルコールには、血管を広げて血圧を下げる働きがあります。ミノタブとお酒を一緒に飲んでしまうと、血圧が下がりすぎてしまう危険性があります。
飲み会などでお酒を飲むことを予定している日は、ミノタブをお休みにするなど、対策が必要です。

ミノタブは用量によって効果と副作用が変わる

ミノタブは服用する用量によって、期待できる効果や副作用の危険性が変わってきます。
一般的には、1日に5mgのミノキシジルが配合された錠剤を服用することが多いです。
ただ、髪や頭皮・身体の健康状態によって使用すべきミノタブの用量は異なります。
そのため、自己判断でミノタブの用量を決めてしまうと危険です。

ミノタブを個人輸入通販で購入するのは、かなり危険です!

ミノタブの危険性として、これまで紹介してきたもののほとんどは、個人輸入の通販によって購入することで生じます

個人輸入とは、海外で販売されている医薬品を自己責任で輸入することです。個人輸入でミノタブをはじめ医薬品を購入するには、ほとんどの場合でオオサカ堂やアイドラッグストアーなどの個人輸入代理店を通じて行います。

確かに、個人輸入で医薬品を購入すると費用をかなり安く抑えられます。また、わざわざクリニックに足を運ぶ必要もないので、手軽な購入方法として人気があるのは事実です。
医薬品の個人輸入は法律的にはグレーゾーンであると言われます。しかし、自分が個人的に使用する目的であれば、海外から承認/未承認を問わず医薬品を輸入することは、違法ではありません。

しかし、個人輸入で海外から医薬品を購入すると、様々な危険性があります。

個人輸入で医薬品を購入する危険性

  • 個人輸入で約半分がニセモノ
  • 有害成分が配合されたニセモノで死亡事例も
  • 医師による適切な管理が受けられず、正しく使用できない

厚生労働省が運営する「あやしいヤクブツ連絡ネット」によれば、個人輸入で取引されているED治療薬の40%がニセモノであると報告されています。
また、不純物や有害成分が配合されている薬を服用したことによって、死亡事例や深刻な健康被害も発生しています。

参考あやしいヤクブツ連絡ネット『医薬品等を海外から購入しようとされる方へ|リスクが潜む個人輸入』

ミノタブは副作用を軽減しつつ高い発毛効果を得るためには、医師による指導・アドバイスが不可欠な薬です。
「髪が生えてくるらしい」という安直な自己判断でミノタブを服用しても、効果が得られないばかりか、副作用の危険性を高めてしまいます。
個人輸入でミノタブを購入した場合は、当然ですが医師による指導・アドバイスが受けられません。

フィンペシアとNoxidilってナニ?

個人輸入代理店のサイトを見ていると「フィンペシア」や「Noxidil」という商品を見かけることが多いでしょう。フィンペシアは、AGA治療薬として有名なプロペシアの有効成分であるフィナステリドが配合された薬で、インドのシプラ社が製造・販売しています。Noxidilはタイの製薬会社であるT.O.Chemicals Ltd.が製造・販売しているミノキシジルタブレットです。
いずれも低価格が魅力の医薬品として個人輸入通販では広く取引されています。ただ、いずれも安全性については疑問視されています。いずれも製造工程や品質管理で、先進国の基準とは異なったもののためです。特に、フィンペシアはキノリンイエローという発がん性が危惧されている着色料を使用していると言われています。
いずれにせよ、個人輸入では医薬品を購入するということは、大半な危険性をはらんでいると言えるでしょう。

本気でAGAに向き合うならクリニックが最適な選択肢!

腕組みする男性医師

いまAGAに悩んでいる人が本気で髪と頭皮に向き合うなら、クリニックでの治療が最適な選択肢です。
特に、リアップのような市販のミノキシジルでは効果に満足できない人なら、クリニックに足を運ぶことでより強力な治療方法が選択できることでしょう。

本気のAGA対策を求めてクリニックに足を運ぶ魅力

  • 市販薬や育毛剤では得られない高い効果が期待できる
  • 一人ひとりの髪と頭皮の状態に応じた治療が受けられる
  • 効果はもちろん、高い安全性が確保されている

ミノタブをクリニックで購入する費用は?

AGAクリニックでの治療は安全性を確保しつつ高い効果が期待できる一方で、費用が高額になってしまうというイメージがあります。

しかし、上手にAGAクリニックを選ぶことで、費用をできる限り抑えられます。例えば秋葉原中央クリニックのように、診察料が無料のクリニックもあります。
秋葉原中央クリニックでは、3ヶ月分のミノタブが14,580円(税込み)で購入できます。1ヶ月分あたり4,860円です。

1ヶ月で4,860円なら、市販されているミノキシジル外用薬のリアップやメディカルミノキ5よりも安く続けられます。

価格(1ヶ月あたり) 備考
ミノタブ(秋葉原中央クリニック) 4,860円
リアップX5プラス 7,611円 Amazonで確認:2018年11月8日12:30現在
メディカルミノキ5 7,800円

失敗しないAGAクリニックの選び方とは?

ミノタブを購入するためにAGAクリニックを選ぶ時に大切なポイントは次の通りです。

失敗しないクリニックの選び方

  • ミノタブ以外にも様々な選択肢が用意されているクリニックを選ぶ
  • 個室完備や完全予約制が採用されているプライバシーに配慮されたクリニック
  • 話しやすいお医者さんがいるクリニック

AGAクリニックを選ぶ時は、ミノタブだけではなく様々な治療の選択肢が用意されているクリニックを選ぶようにしましょう
髪や頭皮の状態は同じAGAでも、人それぞれです。そのため、最適な治療方法も人によって異なります。そのため、様々な治療方法が用意されているAGAクリニックの方が、あなたに最適な治療が受けられるでしょう。

また、ミノタブ以外の治療方法を用意しているクリニックを選ぶべきなのは、ミノタブは長期服用に向いた薬ではないためです。ミノタブは強力に発毛を促す攻めの薬ですが、副作用も大きい薬です。
そのため、ミノタブによる高い発毛効果を得られてからは、プロペシアやミノキシジル外用薬のようなリスクの低い薬に変更すべきでしょう。
長期的な治療を見越して、ミノタブだけではなく、様々な治療方法が用意されているクリニックを選ぶことをおすすめします。

また、プライバシーに配慮されたクリニックや話しやすいお医者さんがいるクリニックを選ぶことも大切です。
AGA治療は長期戦です。効果を実感できても、効果を持続するためには治療を続ける必要があります。
治療を長期的に続けるためには、通いやすいクリニックを選ぶことが大切なのです。

失敗しないクリニックの選び方については、次の記事でも詳しく解説しています。

ミノタブは最後の手段!だからこそ、正しく使うことが大切!

ガッツポーズする医師

ミノタブはAGAに悩む人にとっては、最後の手段です。
「なんとなく髪が生えてきそうだから」と、自己判断で容易く使うものではありません。
自己判断で安易に使った人たちが、「ミノタブ(ミノキシジル)は危険な薬だ」と吹聴しているところがあります。

しかし、ミノタブは医師による適切な指導・アドバイスに従って服用すれば、高い発毛効果が期待できます。また、副作用の発生も極めて低く抑えることも可能です。
ミノタブを処方しているクリニックの発表によれば、比較的頻度の高い手足のむくみのような副作用でも、0.5%ほどの発生率でした。
一方で、発毛効果は9割以上のAGA改善効果のある塗り薬よりもミノタブは高い効果が期待できるとされています。

もし、これまでの育毛ケアやAGA対策に満足できていないなら、ミノタブをはじめとした発毛剤による本格的な治療が有用でしょう。
そのためには、AGAクリニックに足を運んでみることをおすすめします。
AGAクリニックに足を運ぶことによって、あなたに最適なAGA治療を受けることができるでしょう

おすすめの記事