「薄毛対策にミノキシジル治療薬が欲しいんだけど安く仕入れる方法とかないの??」

「医療機関で処方してもらうには費用がかかりそうでもったいない気がする・・」

上記のように思われている方、多いと思います。
AGAの治療に有効の治療薬、ミノキシジルを通信販売で入手しようと思われている方多いと思います。
実際に医療機関を受診するよりも費用を抑えて入手することができます。
しかし医療用医薬品であるミノキシジルの通販での購入に関しては様々な規制があるのも事実です。
基本的には、通信販売での医療用医薬品に指定されているミノキシジルの入手は法律で禁止されています。例外として医療用医薬品を通販で販売出来るのは個人輸入代行業者です。市販されているミノキシジル成分配合の一般用医薬品については現状、大正製薬が販売されています【リアップ】のみとされています。こちらの商品につきましては通信販売でも入手することが可能となっています。一般医薬品のミノキシジルですと通販でも入手可能ですが医師の診断書などを必要とする医療用医薬品であるミノキシジルを通販で入手しようとする際は個人輸入で購入するしか方法はないようです。医療用医薬品であるミノキシジル治療薬を正式に入手する方法としては医療機関での診断を受け、医師の処方箋や薬剤師の対面説明があった場合のみ処方されるようです。。個人輸入でも医療用ミノキシジルは入手できますが、やはり公的な処方でありませんので商品に関しての安全性などはグっと下がってしまうとは思います。また副作用に関しても心配な面が出てくるかと思います。しかし費用の面では專門の医療機関を受診するよりは安価で入手できるためその点については個人輸入での入手も魅力的ではあります。しかし通信販売での入手が魅力的だとはいえ、副作用が危険とされているだけに購入に関してはより慎重に検討したい所。今回の当記事を拝見すればミノキシジルを通販で購入しようとしている方に注意すべき点や参考にする点、ミノキシジル入手に関して参考になる内容を記載しています。今回の記事を参考に今後のミノキシジル入手の参考にしてみてください。またAGAで悩まれている方の中には薄毛であることに対する恥じらいがあり、なかなか病院にいくのも億劫とされている方がいらっしゃるかもしれません。そのような方にはオンライン診断というものがあり、自宅にいながらAGA治療に関する受診することができます。そちらについても記載していきたいと思います。今回の記事を拝見したアナタが、AGAに関しての疑問や悩みを少しでも解決することができ、毎日を楽しく輝かしく送ることができることを願っております。

喜ぶ男性

ミノキシジル治療薬は通販で購入できる?

上記文頭でも紹介しましたが、一般用医薬品に分類された商品の場合についてはインターネット通販で入手することが可能となっております。
また、インターネット通販での一般用医薬品の詳細については参考文献を掲載しておきますのでミノキシジル購入時の参考にしてみてください。

以下、厚生労働省の文書から抜粋

一般用医薬品の

ネット販売のルールの概要④

(適切な情報提供・販売)

①購入者が情報提供内容を理解した旨の確認

②購入者に再質問がないことの確認

③指定第二類について、禁錮の確認を促すための掲示&表示等

④情報提義務免除の範囲及び、判断者の見直し(継続使用者などについて、薬剤師が情報提供の要否を判断)

⑤乱用などの恐れのある医薬品のはっんバイ個数の制限等

⑥使用期限の表示。使用期限切れの医薬品の販売禁止

⑦オークション形式での販売の禁止

⑧購入者によるレビューや口コミ、レコメンドの禁止

⑨モール畝医者の薬事監視への強力

店舗販売も同様のルールが適用される。

出典厚生労働省

また、ミノキシジル治療薬を通販で購入する際のリスクなどについて下記に記載していきますので参考にしてみてください。
通販で購入した男性

ミノキシジルを通販で購入する際のリスクや購入時の参考にしたいポイント、取扱店などについて

ミノキシジルを通販で購入する際のリスクについて
・健康被害の可能性
・粗悪品や偽造品の可能性
・自分の症状に適しているか判断が難しい
・成分の詳細や使用上の注意がわかりずらい。
・副作用の際、治療に保険が適用されない

AGA治療薬のミノキシジルを購入するにあたり、上記のようなリスクがあります。健康に関する症状などもありますので、利用する際には十分に検討してから購入するようにしましょう。

通販で購入する際に参考にしたいポイント
・サイトの運営年数を確認する
・成分鑑定書があるかどうか確認する
・購入者のレビューと評価
・薬剤師の在籍の有無

偽物の商品が出回っているようなので購入する際はサイトの情報などをしっかり参考にするようにしましょう。
またAGA治療薬を個人輸入代行で取り扱っている所は

・オオサカ堂

・アイドラッグストアー

・ベストケンコー

などがあります。
商品を通信販売で購入しようとしている方は参考にしてみてください。

メモ帳

ミノキシジル以外の治療薬について&どうしても迷った場合は医療機関での受診を

また、上記で記載してきましたミノキシジル以外にあるAGA治療に関する治療薬についての詳細について記載していこうと思います。
参考にしてみてください。

・プロペシア

プロペシアは、抜け毛予防の有効成分「フィナステリド」を主成分としたAGA治療薬(医薬品)です。

・ロゲイン

ロゲインはミノキシジルを主成分とする概要のAGA治療薬です。基は血管拡張剤として開発された薬ですが、その後脱毛症に効果があるとされ、AGAの治療薬として販売されるようになりました、

・フィンペシア

フィンペシアに関してはプロペシアジェネリックです。
【ジェネリック(後発医薬品)は、新薬(先発医薬品)」の特許が切れたあとに販売される新薬と同じ有効成分、同じ効き目の価格の安いお薬です。】

・エフペシア

こちらもプロペシアジェネリックになります。
フィンペシアと同じインドのシプラ社という製薬会社から発売されています。上記のフィンペシアからエフペシアに人気が移行したのには理由があります。(フィンペシアの錠剤にコーティング剤に使用されているキノリンイエローが、発がん物質であると言われるようになったからとされています)エフペシアの方はキノリンイエローを使用していないので人気が移行したのです。

・フィナロ

「フィナロ」もフィンペシアやエフペシア同様、フィナステリドを主成分とした医薬品です。インドのインタス社が製造&販売しております。

・ザガーロ

「ザガーロ」は2015年9月にAGA治療薬として承認され、2016年6月から販売が開始されたAGA治療における新薬です。また上記の医療薬の中にはミノキシジルと同様に通販で入手できますが、やはりデメリットなどもありますので、購入には注意が必要になってきます。購入を検討している方は一度慎重に考慮して購入を検討するようにしてみてください。
上記では医療薬の入手方法について記載してきましたが、やはり安全面を考えると筆者としては專門機関かクリニックでの受診をおすすめします。
では以下よりAGAの治療を行える治療期間の詳細に関して記載していくようにします。参考にしてみてください。
考える人

上記のようにAGA医療薬の中にも様々な種類があるので、迷われる方も多いかと思います。どうしても個人でジャッジできない場合は医療機関での診断を受けるようにしましょう。医師の適切な診断のもとに適した医療薬を処方してくれますし安全も購入することができるという点を考慮しましょう。

一般病院の皮膚科or内科or形成外科

AGA治療に関しては一般病院の場合、主として皮膚科と内科、現在では形成外科での受診が可能になっているようです。ではどちらをチョイスすれば良いのか。悩む方も多くいらっしゃるかと思います。AGAは自由診察であるため、医療機関のタイプによって必ずしも方法が決められているというワケではありません。

聴診器

受診できる医療機関に関しては一般病院での受診も出来ますが、やはり專門に特化した医師のいるAGAクリニックを受診することをおすすめします。費用の面で一般病院よりは多少負担が増えますが、より專門に特化した治療を受けることが出来ると思います。では以下では、AGAクリニックについての詳細に関して記載していきますので、参考にしてみてください。

AGAクリニック

AGA治療に関して筆者がトータルで考えた時に一番おすすめするのはやはり専門医の在籍しているAGAクリニックです。個人で治療薬を入手するより費用はかかりますが、その分安全面や相談できる医師が居るというのは非常に心強いのと原因に対してピンポイントでアプローチできる点にあると思います。一般病院に必要となる費用を捻出するならAGAクリニックで受診したほうがより効果的な治療を受けることが出来ると思います。上記のような理由から筆者はAGAクリニックでの受診をおすすめします。
医療機関

オンライン受診について

また近年はAGA治療に対してオンラインでの治療があるとされています。コンプレックスから対面での受付や受診などをしたくない方や身体の悪い方もオンラインでの診断を用いることで自宅にいながら受診することができます。オンラインでの診断についても通常通り受診に関しての保険は適用されますし、遠隔診断においても医療薬の処方が可能となっています。オンライン受診の際には発送で薬が届きますが、通常処方よりも送料などがプラスされる点に注意して検討するようにしましょう。

オンライン診断

オンライン診断に関する参考文書としてgo.jpの厚生労働省の文書があるのでそちらを参考にするのが良いと思います。

以下、抜粋

遠隔医療
情報通信機器を活用した健康増進、医療に関する行為
オンライン診療
遠隔医療のうち、医師-患者間において、情報通信機器を通して、患者の診察及び診断を行い診断結果を伝達する等の診療行為を、リアルタイムで行う行為。
オンライン受診勧奨
遠隔医療のうち、医師-患者間において、情報通信機器を通して患者の診察を行い、医療機関への受診勧奨をリアルタイムで行う行為。疑われる疾患等について、受診すべき適切な診療科を選択するなど、受診勧奨を行うのに必要な最低限の医学的判断を行うことは妨げないが、具体的な疾患名を挙げて、これにり患している旨を伝達すること、一般用医薬品の使用を指示すること、処方等を行うことなどはオンライン診療に分類される。なお、社会通念上明らかに医療機関を受診するほどではない症状の者に対して経過観察や非受診の指示を行うような場合を除いて、これらの指示はオンライン受診勧奨により行ってはならない。
遠隔医療相談
遠隔医療のうち、医師-患者間において、情報通信機器を活用して得られた情報のやりとりを行うが、一般的な情報の提供に留まり、診断等の医師の医学的判断を伴わない行為。
オンライン診療支援者
医師-患者間のオンライン診療において、情報通信機器の使用方法の説明など円滑なコミュニケーションを支援する者。家族であるか、看護師等の医療・介護従事者であるかは問わない。
診断
一般的に、「診察、検査等により得られた患者の様々な情報を、確立された医学的法則に当てはめ、患者の病状などについて判断する行為」であり、疾患の名称、原因、現在の病状、今後の病状の予測、治療方針等について、主体的に判断を行い、これを伝達する行為は診断とされ、医行為となる。

出典厚生労働省

警告

【総括】医療機関での診断の方が好ましい

上記までの内容から通販でのミノキシジル入手にはメリットもありますが、健康に関してのデメリットがありますし、筆者はクリニックか專門機関での受診をおすすめします。やはり健康に対してお金を使用することは悪い選択ではないかなと思います。「健康」であるということは「時間」「お金」を節約しているという事になります。これでまた余計な副作用などを発症してしまったら何も意味がありませんので、筆者としてはクリニックなどでの治療を受けることをおすすめします。しかし、様々な事から通販でのミノキシジル入手を考えているのではあれば通販での入手についても考えてみてください。今回の記事により、アナタのAAG対策に関して1つでも参考に出来る事が増えたのであれば光栄です。あなたが薄毛対策に関する悩みから開放され、光り輝く日々を送る事できることを願っています。

 

ドクター

おすすめの記事