「薄毛対策にプロペシア治療薬が欲しいんだけど通販で購入出来るのかな・・・?」

「薄毛で悩んでいて治療したいんだけどプロペシアってどこで手に入れるの!??」

今回は薄毛対策のためにプロペシアを通販の購入をしようと考えている方に向けての記事を執筆していきます。基本的に医療用医薬品の場合は通販での取扱いは禁止されています。それでもどうしても通販でプロペシアを入手したいという方は海外製のプロペシアジェネリック商品を個人輸入代行業者から購入するという方法がありますが。その際のリスクについても記載していこうと思います。上記のような事も含め、プロペシアの通販に関する記事を執筆していこうと思いますのでプロペシアを通販で購入しようか考えている方は参考にしてみてください。またどうしても迷った場合におすすめ出来るAGAクリニックの紹介も併せてしていきますので今後のAGA対策の参考にしてみてください。今回の記事を拝見することであなたが薄毛に関する悩みから開放され、より充実した毎日を過ごせることができることを願っています。

プロペシアは通販で購入できる?

インターネット

結論からいうと国内で認可されているプロペシアは正式には通販で購入することができません。何故かと言いますとプロペシアは医療用医薬品に指定されているAGA治療薬だからです。国内で認可された薄毛治療薬、医療用医薬品に関しては医師の処方箋がないと入手することができません。したがって正式にプロペシアを入手しようとする場合には通常は病院での受診が必要になる点は理解しておいてください。ちなみにAGA治療を受診できる医療機関としてはAGA專門クリニックか一般病院の皮膚科or内科、形成外科になりますのでご注意ください。ただし、例外としてフィナステリドやプロペシアの海外製ジェネリック医薬品であれば通販でも入手することができます。一般用医薬品に分類された商品の場合についてはインターネット通販で入手することが可能となっております。

プロペシアの通販が禁止されている!?本物!?or偽物?安全性についても言及

例外として個人輸入業者が輸入している海外製のプロペシアジェネリックについては購入することができます。しかし安全面からもあまりおすすめできる商品であることはなく、またその商品を服用したことにより身体に何らかの異常をきたして受診が必要になる治療については保険が適用されませんので注意が必要です。上記のような事から基本的に筆者は通販でのプロペシアの入手はおすすめしません。では実際に通販での購入にはどのようなリスクがあるのか記載していこうと思いますので参考にしてみてください。もちろんリスクはありますが医療機関を受診せずに商品を入手することができるため費用に関してはかなり抑える事ができます。では個人輸入代行業者からプロペシアを購入する際のリスクについて記載していきます。

プロペシアを通販で購入する際のリスク

・安全面

 

・偽物である危険性


・使用期限が切れている商品である可能性


・薬効成分が少ない


・生産状況がわからず錠剤に雑菌が混入している可能性がある


・誰が販売しているかわからない


・健康被害の可能性


・粗悪品や偽造品の可能性

・自分の症状に適しているか判断が難しい


・成分の詳細や使用上の注意がわかりずらい。


・副作用などにより治療が必要になった場合、保険が適用されない

上記のような理由から個人輸入業者からのプロペシアの購入は非常にリスクが高いことがわかります。自身の健康に大きく影響してくることなので、プロペシア医療薬を通販で購入しようと考えている方は上記の内容をしっかりと把握した上で慎重に考慮するようにしましょう。

通販でプロペシアを購入する際に参考にしたいポイント、取扱店などについて

虫眼鏡

個人輸入業者からプロペシアを通販で購入する際に参考にしたいポイント
・運営歴の長いサイトであるかどうか確認する
・購入した商品に成分鑑定書があるかどうか確認する
・購入者の商品や販売者に対する評価など
・サイトへの薬剤師の在籍の有無

個人輸入業者からの購入の場合ですと、偽物の商品が出回っているようなので購入する際はサイトの情報などもしっかり参考にするようにしましょう。またAGA治療薬を個人輸入代行として取り扱っている所は

・オオサカ堂

・アイドラッグストアー

・ベストケンコー

などがあります。
プロペシアを通信販売で購入しようとしている方は参考にしてみてください。

プロペシア以外の治療薬について&どうしても迷った場合は医療機関での受診を

また、上記で記載してきましたプロペシア以外のAGA治療薬について簡単に紹介していきますので参考にしてみてください。

・ミノキシジル

AGA治療薬として一般販売しているのでご存知の方も多いかと思います、リアップに含有されている成分(医薬品)です。血行促進効果があり毛母細胞の細胞分裂を活性化させ、髪の毛を育てることが出来ます。

・ロゲイン

ロゲインはミノキシジルを主成分とする概要のAGA治療薬です。元々血管拡張剤として開発された薬ですが、その後脱毛症に効果があるとされ、AGAの治療薬として販売されるようになりました、

・フィンペシア

フィンペシアに関してはプロペシアジェネリックです。
【ジェネリック(後発医薬品)とは、新薬(先発医薬品)」の特許が切れたあとに販売される新薬と同じ有効成分、同じ効き目の価格の安いお薬です。】

・エフペシア

こちらもプロペシアジェネリックになります。
フィンペシアと同じインドのシプラ社という製薬会社から発売されています。上記のフィンペシアからエフペシアに人気が移行したのには理由があります。(フィンペシアの錠剤にコーティング剤に使用されているキノリンイエローが、発がん物質であると言われるようになったからとされています)エフペシアの方はキノリンイエローを使用していないので人気が移行したのです。

・フィナロ

「フィナロ」もフィンペシアやエフペシア同様、フィナステリドを主成分とした医薬品です。インドのインタス社が製造&販売しております。

・ザガーロ

「ザガーロ」は2015年9月にAGA治療薬として承認され、2016年6月から販売が開始されたAGA治療における新薬です。また上記の医療薬の中にはミノキシジルと同様に通販で入手できますが、やはりデメリットなどもありますので、購入には注意が必要になってきます。購入を検討している方は一度慎重に考慮して購入を検討するようにしてみてください。
上記では医療薬の入手方法について記載してきましたが、やはり安全面を考えると筆者としては專門機関かクリニックでの受診をおすすめします。
では以下よりAGAの治療を行える治療期間の詳細に関して記載していくようにします。参考にしてみてください。
薬の成分

上記のようにAGA医療薬の中にも様々な種類があるので迷われる方も多いかと思います。どうしても個人で判断が出来ない場合は、無理をせず医療機関での診断を受けるようにしましょう。医師の適切な診断のもとに適した医療薬を処方してくれますし安全も購入することができるという点を考慮しましょう。また最近では無料カウンセリングをしてくれる医療機関もありますので是非活用してみてください。

一般病院の皮膚科or内科or形成外科

AGA治療治療に関しては一般病院の場合、主として皮膚科と内科、現在では形成外科での受診が可能になっているようです。ではどうチョイスすれば良いのか。悩む方も多くいらっしゃるかと思います。病院によっては毛髪專門の科を設けている所もありますが、限られた大型病院にしかないのが現状です。ですので基本的に一般病院での診察を受診する場合は皮膚科or内科or形成外科のいずれかを選択することになると思います。

ガッツポーズ 医者

一般病院での受診も出来ますが筆者がおすすめしたいのは、やはり專門に特化した医師のいるAGAクリニックを受診することをおすすめします。費用の面で一般病院よりは多少負担が増えますが、より專門に特化した治療を受けることが出来ると思います。では以下ではAGAクリニックについての詳細に関して記載していきますので、参考にしてみてください。

AGAクリニック

AGAクリニック

AGA治療に関して筆者がトータルで考えた時に一番おすすめするのはやはり専門医の在籍しているAGAクリニックです。個人で治療薬を入手するより費用はかかりますが、その分安全面や相談できる医師が居るというのは非常に心強いのと原因に対してピンポイントでアプローチできる点にあると思います。いずれにせよ費用を捻出するならAGAクリニックで受診したほうがより効果的な治療を受けることが出来ると思います。上記のような理由から筆者はAGAクリニックでの受診をおすすめします。

オンライン受診について

また近年はAGA治療に対してオンラインでの治療があるとされています。コンプレックスから対面での受付や受診などをしたくない方や身体の悪い方もオンラインでの診断を用いることで自宅に居ながら受診することができます。オンラインでの診断についても通常通り受診に関しての保険は適用されますし、遠隔診断においても医療薬の処方が可能となっています。オンライン受診の際には発送で薬が届きますが、通常処方よりも送料などがプラスされる点に注意して検討するようにしましょう。

オンライン診察

 

オンライン診断に関する参考文書としてgo.jpの厚生労働省の文書があるのでそちらを参考にするのが良いと思います。

以下、抜粋

遠隔医療
情報通信機器を活用した健康増進、医療に関する行為
オンライン診療
遠隔医療のうち、医師-患者間において、情報通信機器を通して、患者の診察及び診断を行い診断結果を伝達する等の診療行為を、リアルタイムで行う行為。
オンライン受診勧奨
遠隔医療のうち、医師-患者間において、情報通信機器を通して患者の診察を行い、医療機関への受診勧奨をリアルタイムで行う行為。疑われる疾患等について、受診すべき適切な診療科を選択するなど、受診勧奨を行うのに必要な最低限の医学的判断を行うことは妨げないが、具体的な疾患名を挙げて、これにり患している旨を伝達すること、一般用医薬品の使用を指示すること、処方等を行うことなどはオンライン診療に分類される。なお、社会通念上明らかに医療機関を受診するほどではない症状の者に対して経過観察や非受診の指示を行うような場合を除いて、これらの指示はオンライン受診勧奨により行ってはならない。
遠隔医療相談
遠隔医療のうち、医師-患者間において、情報通信機器を活用して得られた情報のやりとりを行うが、一般的な情報の提供に留まり、診断等の医師の医学的判断を伴わない行為。
オンライン診療支援者
医師-患者間のオンライン診療において、情報通信機器の使用方法の説明など円滑なコミュニケーションを支援する者。家族であるか、看護師等の医療・介護従事者であるかは問わない。
診断
一般的に、「診察、検査等により得られた患者の様々な情報を、確立された医学的法則に当てはめ、患者の病状などについて判断する行為」であり、疾患の名称、原因、現在の病状、今後の病状の予測、治療方針等について、主体的に判断を行い、これを伝達する行為は診断とされ、医行為となる。

出典厚生労働省

【総括】医療機関での診断の方が好ましい

メモ帳

上記までの内容から通販でのミノキシジル入手にはメリットもありますが、健康に関してのデメリットがありますし、筆者はクリニックか專門機関での受診をおすすめします。やはり健康に対してお金を使用することは悪い選択ではないかなと思います。「健康」であるということは「時間」「お金」を節約しているという事になります。これでまた余計な副作用などを発症してしまったら何も意味がありませんので、筆者としてはクリニックなどでの治療を受けることをおすすめします。しかし、様々な事から通販でのミノキシジル入手を考えているのではあれば通販での入手についても考えてみてください。今回の記事により、アナタのAAG対策に関して1つでも参考に出来る事が増えたのであれば光栄です。あなたが薄毛対策に関する悩みから開放され、光り輝く日々を送る事できることを願っています。

おすすめの記事