ランブット(rambut)には頭皮ケアに適した成分が多く含まれていますが、多くの人は主成分であるノニに含まれているイリドイドに注目しています。

しかし、ランブットにはイリドイド以外にも注目すべき成分があります。

それが、プロキセロニンです。

公式サイトでは紹介されていないため多くの人が気付きませんが、プロキセロニンも実は頭皮ケアに欠かせない成分です。

というわけで、今回はそんなプロキセロニンについて紹介していきます。

ランブット(rambut)の隠れたおすすめ成分プロキセロニン

プロキセロニンを紹介する前に、改めてランブットに含まれている注目の成分をみてみましょう。

ランブット_ノニ

イリドイド
▶公式サイトでも大々的に紹介されているイリドイド。
ノニに大量に含まれている成分であり、他の食材にはほとんど含まれていないと言われています。
主な作用は、抗酸化作用です。
人の体には活性酸素と呼ばれる物質があります。
これは身体をウイルスから守る作用があるのですが、活性化しすぎると健康な細胞も傷つけてしまうのです。
そのため、活性酸素が活発になりすぎていると頭皮の細胞もダメージを受けてしまい、血流の悪化や老化などの問題が発生するのです。
イリドイドはそんな活性酸素の活性化を抑える作用があるんですね。
ちなみに、イリドイドにはがん予防の効果もあるとありますが、これは正直眉唾ものであり、信用はできません。
なので、ランブットを頭に塗っていてもがん予防はできないのでお気をつけください。

 

プロキセロニンもまた、ノニに豊富に含まれている成分です。

プロキセロニン
▶プロキセロニンの効能を簡単に言えば、免疫の活性化です。
プロキセロニンは摂取することでキセロニンと呼ばれる物質に変換され、体内の免疫力を向上させてくれます。

なぜプロキセロニンが頭皮ケアに必要なのか

免疫力があれば頭皮の環境は良くなる

プロキセロニンを摂取することによって免疫力が向上するとどうなるか。

結論から言えば、免疫力が向上することで髪が抜けにくくなります。

免疫力は頭皮の炎症と栄養不足の2つを解決してくれます。

免疫力が向上することで頭皮は外部からの刺激に強くなるため、菌の繁殖を防ぎ、かゆみを抑えることができます。

また、病気に対して強くなることで栄養の消費量を抑えられます。

人体は病気になると回復のために多量の栄養を消費しなければならないため、髪に十分な栄養が行き渡りにくくなります。

免疫力をあげて病気になりにくい体になれば、髪の栄養不足も防ぎやすくなるのですね。

    ランブット(rambut)に含まれているプロキセロニンはあくまで補助

    プロキセロニンの効果で注意すべきことは、あくまで過信しすぎないということです。

    たしかにランブットにはプロキセロニンが含まれており、免疫力の向上効果が望めます。

    しかし、これは別にランブットにのみ含まれた成分というわけではなく、目に見えて免疫力が向上するわけではありません。

    あくまでも含まれている成分のひとつであるということであり、あくまでもメインはイリドイドです。

    ランブット(rambut)の他の成分

    ランブットの他の成分を見てみましょう。

    他の成分として知られているのはホホバオイルやSOD酵素です。

     

    ホホバオイルは頭皮の保湿効果が有り、ヘアオイルなどにも使われています。

    SOD酵素は頭皮のエイジングケアにアプローチすると考えられています。

    ランブット(rambut)に含まれている成分のQ&A

    ランブットの効果はいつ頃実感できますか?
    個人差があるので具体的な時期というのは未定です。しかし、30日で効果を実感できなければ返品とあるので30日以内に何らかの変化があるかも知れません。
    ランブット_返金
    ノニ以外にプロキセロニンが含まれている果物ってありますか?
    少し調べてみたのですが、プロキセロニンが含まれている果物で一番ポピュラーなのがノニのようです。

    ランブット(rambut)まとめ

    ランブットにはイリドイドの他にもプロキセロニンも含まれています。

    これらはお互いが作用しあって頭皮のケアを行い、痒みや炎症などを抑え、髪を育てやすい環境に変えてくれるのです。

    しかし、いくら成分を補っても、日常生活がおろそかだとだいなしです。

    規則正しい生活を送ってランブットを使い、抜け毛を予防しましょう。

    おすすめの記事