最近は、育毛剤の種類も豊富にあり、薄毛対策も充実するような時代になりました。

しかし、だからこそ、育毛剤を選ぶ際には「本当に効果があるの?」「どんな成分が含まれているの?」といったことが気になりますよね。

今回ご紹介させていただくのは、インドネシア伝承のスカルプケア、ランブット(rambut)です。

 

ランブット(rambut)のイチオシ成分

ノニ 塗る
ランブット(rambut)はスーパーフルーツ「ノニ」を原料とした育毛剤で栄養素が150種類以上も配合されています。そんなランブット(rambut)のイチオシ成分を見ていきましょう!

イリドイド

イリドイドはノニを代表する健康成分。抗酸化作用が主な効能として知られていて、人体に悪影響を及ぼす”活性酸素”から頭皮の老化から守ってくれます。また、殺菌効果、抗炎症効果があり、頭皮の清潔感をキープしてくれます。

スコポレチン

スコポレチンは抗酸化作用や抗炎症作用などの効果をを持っている成分です。さらに血管を柔らかくして拡張する効果もあるので、血行促進にも期待できます。頭皮の血行がよくなることで自身の髪の毛の成長を促すことができます。

プロキセロニン

プロキセロニンは抗菌作用や鎮痛作用などの効果を持っています。主な作用は自然治癒力の向上で免疫力のUP効果があると言います。また、血圧をコントロールしてくれる効果もあるそうです。

なぜスコポレチンという成分が薄毛対策に必要か?

ノニフルーツ

スコポレチンはノニに含まれるヒドロキシクマリンの誘導配糖体で、1993年ハワイ大学で発見された成分です。研究によって「血管拡張作用」「血圧効果作用」「抗菌作用」などが期待できることが判明。その後、ランブット(rambut)に使用されることになりました。

この成分のいいところは、なんといっても”血液の流れ”を促進させるというところです。私たちの髪の毛は普段、血液から栄養素を補給しています。それが加齢やストレスなどの理由から血流が悪くなり、薄毛に繋がっていきます。

髪の毛と血液の関係
薄毛やハゲの原因には、血液循環が大きく関係しています。人間のカラダは食べ物によって摂取した栄養は血液に変換され、それがカラダのあらゆる部分に運ばれます。 それは髪も同様に血液によって栄養が運ばれているということです。髪の薄い部分があるとうことは、その部分に髪の栄養がきちんと届いていないということになります。

ランブット(rambut)に含まれるスコポレチンは、そんな血流が悪くなった頭皮の血管を拡張させて血行を促進してくれるのです。つまり、髪へ栄養を運びやすい頭皮環境を作ってくれるのです!

ランブット(rambut)に含まれている成分のQ&A

ランブット

ランブット(rambut)に含まれる成分について、よくあるQ&Aをまとめてみました!購入前の参考にどうぞ。

イリドイドやスコポレチンは本当に育毛に欠かせない成分ですか?

イリドイド ・スコポレチンは直接頭皮に栄養を与える効果だけじゃなく、細胞を修復してくれる効果もあるといいます。老化した細胞を修復してくれるので、頭皮ケアをサポートするのには必要不可欠と言えるでしょう。

スコポレチンを多く含むのはノニって本当ですか?

ノニはスーパーフルーツと名高く、スコポレチンをはじめとした数多くの栄養素を含んでいます。その中にスコポレチンが多く含まれているということは事実です。

ランブット(rambut)の成分まとめ

rambut 頭皮ケア

ランブット(rambut)にはスコポレチンをはじめ、たくさんの栄養素が含まれています。そのため、高い育毛効果に期待することができるのです。

特にスコポレチンには頭皮にとって強力なサポートをしてくれる要素が満載です。今、頭皮ケアに悩んでいる方がいれば、これを機にランブット(rambut)を使ってみるといいでしょう。

きっと、今よりもフサフサな髪の毛を手に入れることができるはずですよ!

おすすめの記事