最近、薄毛を改善する商品として、ランブット(rambut)という育毛剤が注目されているようです。ランブット(rambut)は「ノニ」と呼ばれる、いわゆるスーパーフルーツを原料とした育毛剤なんです!

この育毛剤を使って、薄毛やハゲが治った〜との声も沢山あるそうですが、そんな商品だからこそ、副作用やアレルギーには注意しておきたいところですよね?

では、改めてランブット(rambut)に含まれている成分について見ていきましょう!

 

ランブット(rambut)に含まれている主な成分

rambut 頭皮ケア2

ランブット(rambut)には先ほどご紹介した「ノニ」に含まれる栄養素が主な成分になっています。

「え、ノニ以外ないの?」と思うかもしれませんが、このノニ成分、実は”140種類以上”の有効成分が含まれているのです!

その140種類以上の成分の中でも注目されている成分がこちら。

注目されている成分5つ
  • イリドイド
  • SOD酵素
  • スコポレチン
  • プロキセロニン
  • ホホバオイル

これからそれぞれの成分の特徴をご紹介していきますね!

イリドイド

イリドイドはノニを代表する健康成分です。

イリドイドノニを代表する成分で、抗炎症作用・抗酸化作用や細胞修復作用、抗菌・殺菌効果など、薬としての効果が非常に高いです。

ランブット(rambut)の主成分として、頭皮の健康をサポートしてくれます。

スコポレチン

スコポレチンは血管を拡張させて柔らかくする効果があります。

つまり、頭皮の血行が悪くて髪の毛の成長が止まっているという方であれば、この血行促進効果は大いに期待していいでしょう。

SOD酵素

体内で生成される天然酵素がSOD酵素。強力な抗酸化作用を持っています。

SOD酵素は加齢とともに体内で生成される量が減少していきます。そのため、加齢していくことで頭皮環境が悪くなっていくとか。

その点、ランブット(rambut)にはSOD酵素をはじめとした抗酸化作用が期待できる成分が複数あるので、健康的な毛髪維持に役立てることができます。

プロキセロニン

プロキセロニンは人間の自然治癒力を高める効果があるとして、頭皮細胞の 再生を促進させる働きに期待できる成分です。

また、本来身体に備わっている免疫物質を増加させるので、血糖値をコントロールするのにも最適な成分だそうです。

ホホバオイル

ホホバオイルはいわば、「美容液」や「保湿液」の役割を果たしてくれる。このようなイメージしてもらえば、どのような成分かは分かってもらえると思います。

刺激に弱い敏感肌な方にも、安心して使えると商品ということもランブット(rambut)の魅力的な部分でしょう。

ランブット(rambut)の副作用やアレルギーに注意!

先ほどはランブット(rambut)に含まれる成分のいい面をご紹介しましたが、当然のこと副作用やアレルギーについては気にするべきポイントです。

今のところ、ランブット(rambut)の口コミや評判を見る限りでは、副作用やアレルギーがでたという話は聞きません。

ですが、育毛剤で薄毛対策をしている方を全体的にみれば、副作用やアレルギーに悩んでいる方も少なからずいるのです。

そういった方が悩まされている症状が、

育毛剤の副作用・アレルギー
  1. 頭皮のかゆみやかぶれ
  2. 頭痛や動機をはじめとした体調不良
  3. EDなどの男性機能障害

といったことです。

もし、ランブット(rambut)を使用してみて、上記のような症状が確認できれば、使用は即座に中止して医師に診断してもらうようにしましょう。

いくらランブット(rambut)が安全だと口コミで評価されていたとしても、100%副作用やアレルギーが発生しないとは断言できません。

使用する際には必ず、事前にパッチテストをしておくといいでしょう。

初めて使用する方はパッチテストをしよう

パッチテストはその人の肌質やアレルギーを調べるためには有効な手段です。

パッチテストは、アレルギー性接触皮膚炎の原因となるアレルゲンを確定する有力な手段である。その原理は、アレルゲンと推定される物質を患者の皮膚に貼付して、人工的にアレルギー性接触皮膚炎を再現させることにより、原因アレルゲンを特定する。

出典:佐藤製薬株式会社 | アレルギー性皮膚疾患の検査薬 パッチテストパネル®(S)

パッチテストはセルフでも可能ですが、本格的に頭皮ケアを育毛剤で始めるのなら、最寄りの皮膚科クリニックへ行く事をオススメします。

ランブット(rambut)の副作用・アレルギーまとめ

ランブット(rambut)は育毛をサポートしてくれる成分が豊富に含まれています。そのため、育毛剤としては優秀な商品と言えるでしょう。

ですが、その反面、人工的に作られた”薬”という事を理解しておいた方がいいのも事実。副作用やアレルギーの症状が悪化すると頭皮ケアどころの話ではありません。

あなたが将来、フサフサな髪を維持するためにはこういった副作用やアレルギーに注意して、事前にパッチテストをしたり、商品を使ったりすることが大切です。

おすすめの記事