男性の薄毛の原因は、頭皮が大きく関係しています。

頭皮の血流が悪くなることで髪に送られる栄養が減り、髪は次第に細くなっていき、抜けやすくなります。

頭皮の血流が悪くなるのは生活習慣や加齢が関係しています。

ランブットはそんな頭皮の環境を改善し、髪に栄養が行き渡りやすくなるスカルプケアアイテムです。

「それって育毛剤とどう違うの?」と気になった人のために、ランブットと育毛剤を比較しつつ、ランブットの効果についてお話しましょう。

ランブットについて

ランブット_ノニ

ランブットは、ノニと呼ばれるインドネシア原産の果物をもとに作ったスカルプケアアイテムです。

その効果は主成分であるノニに含まれたイリドイドやミネラル、アミノ酸によって頭皮に栄養を送り、髪を健康にします。

それに対し一般的な育毛剤は、頭皮に栄養を送る効果のあるものやかゆみや炎症を抑えるもの、薄毛の関係すると言われている男性ホルモンの活性化を抑えるものもあります。

他にも育毛剤とランブットの違いには、使い方があります。

ランブットはシャンプーで頭を洗ったあとに塗布し、20分ほどしたら洗い流すのに対し、育毛剤は洗い流しません。

つまり、育毛剤とランブットは全くの別物であり、併用することでより効果を実感しやすくなります

なお、育毛剤を使うときはきちんと頭皮の水分を拭き取ってから使いましょう。

ランブットは1本でどれぐらいの期間持つ?

ランブットは380mlで週に二回使えば良く、1本につき1か月もつ計算となっています。

このとき、分量の配分などは気にする必要がありません。

というのも、ランブットは基本的に一回一カップ分だけ使えば十分であり、それ以上は使う意味があまりないからです。

また、節約することはおすすめできません。

スカルプケアは毎日のケアが重要であり、正しく使うことで頭皮の環境は改善されます。

よって、ランブットもきちんと週二回使うよう心がけましょう。

ランブットは1日あたり1,225~1,850円のコスト

ランブット一日一回使う場合にかかるコストは安ければ1,225円、高ければ1,850円です。

なぜこれほど価格が違うのかというと、ランブットは購入方法によって値段が大きく変わるからです。

もし、ランブットを単品で購入したなら、14,800円となりそれを8で割ると1,850円になります。

しかし、定期購入でランブットを買った場合、9,800円と5,000円も安くなるのです。

結果9800÷8で1225円と600円も安くなります。

また、ランブットは定期購入でありがちな「○か月使わなければならない」という決まりもなく、1か月で解約も可能なため、単品で購入する必要は実はないのです。

ちなみに、定期購入は公式サイトでしかできないのでお気をつけください。

ランブットの効果を実感するには早くて3ヶ月

ランブットの効果は、早ければ3か月で実感することもありますが、これには個人差があります。

というのも、ランブットはすでに生えている髪には効果がなく、新しく生える髪に効果が現れるからです。

 

髪は、ヘアサイクルというサイクルによって、抜けたり生えたりします。

基本的に、髪は6年間成長を続け、新しい髪が生え変わる準備が始まると成長が止まり、やがて抜け落ちます。

しかし、ヘアサイクルが乱れると髪の成長期間が著しく短くなり、一年も立たずに抜けることもあります。

 

このヘアサイクルが乱れた髪というのは、どうやっても正しく戻すことができません。

ヘアサイクルが乱れた髪は、抜けるまで乱れたままです。

しかし、ランブットや育毛剤で頭皮の環境を改善することで生え変わる髪のヘアサイクルは正常に戻り、ヘアサイクルが乱れた髪よりも抜けにくい髪になります。

ランブットのまとめ

ランブットは頭皮にアプローチし、血行の改善を始めとして頭皮の改善効果が期待できるスカルプケアアイテムです。

また、育毛剤や発毛剤のように毎日使う必要もなく、週に二回使うだけというお手軽さもあり、抜け毛や薄毛に悩み始めている人にとって強い味方になります。

おすすめの記事