ハゲって・・・いやですよね。
男性、女性にかかわらず、自分の髪の毛とは長く付き合っていきたいもの。
だからこそ育毛剤はしっかり効果があるものを選びたい、・・でも
育毛剤の種類が多くてどれが本当にいいものか分からない。

そんなあなたに今回はリデンという育毛剤を紹介します。

1 リデンってどのような育毛剤なのか

リデンシルを3%配合した育毛剤で注目されているみたいです。
ただ、本当に育毛効果があるのか。 市販の育毛剤と何が違うのか。
まずは、調べてみましょう。

配合されているリデンシルはどのような効果があるのか?

リデンシルは簡単に説明しますと、毛根の中にあるバルジ領域を活性化させて髪の毛の成長を促し、弱ってしまった毛乳頭の細胞を活性化させる効果があるとのこと。

リデンシルに含まれる成分

リデンシルは複数の物質が組み合わさってできている。

育毛に期待がある成分として挙げられるのは「ミノキシジル」や「フィナステリド」
これらの成分も複数の物質が組み合わさっていますが、リデンシルはそれ以上に様々な物質が組み合わさってできております。

リデンシルに含まれている成分
◎亜鉛 ◎グリシン ◎ピロ亜硫酸ナトリウム ◎塩化亜鉛 ◎チャ葉エキス
◎セイヨウアカマツ球果エキス ◎EGCG2 ◎GHGQ

リデンシルの物質ごとの作用

リデンシルを構成している物質は、それぞれどのような作用があるのか。

育毛に作用するものを紹介していきます。

亜鉛

亜鉛は抜け毛を進行させてしまうAGA(男性型脱毛症)を遅らせることが目的ですが、AGAは男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されることによって起こるのです。

このDHTが生成される前にテストステロンと呼ばれる男性ホルモンと5-αリダクターゼと呼ばれる酵素の結合を防ぎDHTの生成量を抑制することが期待されています。

グリシン

グリシンはアミノ酸の一種。細胞の働きを正常に保つ効果があると言われています。

チャ葉エキス

チャ葉エキスもセイヨウアカマツ球果エキスと類似した作用が期待され、保湿、抗炎症、抗酸化作用です。

セイヨウアカマツ球果エキス

セイヨウアカマツ球果エキスは様々な作用が期待されている成分で、頭皮に期待されている作用は保湿、抗炎症、血行促進。

EGCG2

EGCG2は安定化ポリフェノールと呼ばれ、頭皮の炎症を起こしてしまうと言われているサイトカインの一種であるIL-8(インターロイキン-8)と呼ばれる物質の作用を抑制、炎症を抑える効果が期待される。

DHQG

DHQGは髪の毛の根本にある毛母細胞や毛乳頭細胞を刺激して働きを活性化させることが目的です。

2 リデンを使った人の評価

【悪い評価の口コミ・評判】

不機嫌な男性

【29歳 男性】

初心者にもおすすめできる育毛剤として紹介され、購入しました。書いてある通り90日以上使いつづけていますが・・・現状維持ってところです。

 

不機嫌な男性

【36歳 男性】

半年ぐらいで何とか変化があったかなと思えるレベルです。誰がみても改善しているのではなく、じっくり見ると気が付く程度の改善ですね。

 

不機嫌な男性

【41歳 男性】

お金の無駄だったかも。頭皮環境は良くなって効果は出てるのかもしれませんが、生えたという実感はない。まだ1本しか使ってないからでしょうか?

 

【良い評価の口コミ・評判】

笑顔の男性

【31歳 男性】

リデンを使い始めてから頭頂部に地肌が目立たなくなった。今まで使っていた医薬部外品育毛剤よりも断然効果があると思います。

 

笑顔の男性

【37歳 男性】

リデンは初めて使いやすいと思った育毛剤。

3ヶ月ほど使った頃から毛量が増えていることが実感できました。

 

笑顔の男性

【51歳 男性】

今まで数えきれないほどの育毛剤を使ってきました。

このリデンを使いはじめてから頭頂部の地肌が目立たなくなってきたと指摘をされ、心の中でガッツポーズ

 

 

使用者からの声を聞いてみたところ、正直・・・まあまあですね。
ただ、注目すべきとこはリデンシルという成分が「使用回数を重ねるにつれ、効果が増大する」という論文がでていること。

基本どの育毛剤も少なくとも効果を実感するには約3ヶ月以上の使用が好ましいみたいですね。

3  他のリデンシル配合の育毛剤と値段を比較

リデンの値段は?他の育毛剤と比較してみよう。

 

通常価格 定期価格 内容量
リデン 12,800円 9,800円 120ml
バイタルウェーブ 11,800円 7,980円 60ml
Deeper3D 14,100円 13,360円 60ml


通常価格はバイタルウェーブ
定期便の価格と内容量を見ると、リデンがコストパフォーマンス的にはよさそう。
育毛剤を定期的にと考えている人にはオススメ。

リデンシル配合育毛剤を効果や口コミで比較

REDEN(リデン)

3大育毛剤の中で公式サイトに実績が掲載されていたのは、現状REDENのみ。
臨床実験の結果が公開されていると、ユーザー側も安心感がありますね。ただ、口コミの件数自体は他の育毛剤よりも少なめです。
しかし、公式サイトで増加が検証されているというのは、そこそこの説得力があります。

 

バイタルウェーブ

口コミ掲載は多い。

公式サイトには使用者の実感が口コミとして掲載。しかし、REDENのようにデータが掲載されているわけではありませんし、ネットの口コミではリデンシルの配合量の少なさを気にする声がありました。

Deeper3D

育毛効果の掲載がなし。

Deeper3Dの公式サイトには、育毛効果について掲載がなし。・・・なぜ? 使用者の口コミを探してみたところ、中には「少し産毛が生えてきた」というコメントもありました。
しかし、ほとんどが「価格が高額で、効果を実感する前にやめてしまった」という意見が・・・
費用対効果としては継続するのが難しいと考える方もいらっしゃるようです。育毛剤は継続使用が基本なので、無理なく使えるものを選びたいですよね。

 

4 リデンに副作用はある?

育毛にはもってこいのリデンではあるが、副作用はあるのか。効果が期待できるものほど副作用にも注意が必要だとはよく言われる。だから不安に思っている方も多いかもしれません。セイヨウアカマツ球果エキスにしても、チャ葉エキスにしても、どれもが天然の植物から摂った天然のエキス。使われている主要成分がほぼ天然の成分なので、大きな副作用は心配しなくても大丈夫でだと思われます。

ただ、植物のアレルギーを持っている方などは体質的に合わない可能性もあります。花粉症などのアレルギーを持っていて心配だという方は、事前に病院で検査、パッチテストなどで試してからの方が安全。

主な人工成分は、塩化亜鉛、プチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、エタノールやグリセリンといったものです。これらはあくまでも代表的な成分で、実際には多くの人工成分が含まれています。聞いたことがあるものと、知らないものとが混同していると思いますが、どれも化粧品やシャンプーなどでもよく使われている成分ではあります。人工成分についても大きな副作用は心配なさそうなのですが・・・。懸念が必要なのはプチルカルバミン酸ヨウ化プロピニルという成分。こちらは防腐剤として使われる成分であり、且つ日本ではあまり馴染みのない防腐剤です。もちろん品質に問題があるわけではありませんし、規定の数値を超えずに配合されているので問題はありません。ただ、日本での使用例が少ない防腐剤ではあり、日本人の肌に合うのか・・という懸念が少し。これまで副作用の報告はありませんが、万が一の場合は使用を止めて皮膚科などで診てもらうことをおすすめします。

 

5 まとめ

さあ・・ここまで、成分の働き方・含まれる成分量・コストパフォーマンス・副作用と。
簡単な内容を説明致しましたが、結論的にリデン育毛剤は、天然成分が多く含まれていて、健康な毛髪を育てるのに期待が持てそうな育毛剤・・と言ったところでしょうか。
コスト的にも他の育毛剤に比べて悪くはないので、育毛剤選びに迷っている方にはおすすめです。

おすすめの記事