育毛サプリメントは体の内側から育毛・発毛サポートする効果が見込める事から、育毛剤との併用で薄毛対策を行う人も増えてきましたが、育毛サプリメントは副作用が完全にないというわけではないものの、医薬品と違って副作用のリスクが非常に少ない事から、まずはサプリメントで育毛を始めるという人が多いようです。そんな育毛サプリメントの選び方についてですが、毛髪の成長に欠かせない必須アミノ酸・ビタミン・ミネラルがバランスよく配合されているものが効果的です。特に亜鉛は毛髪の成長に欠かせない栄養素ですからチェックしておいた方が良いでしょう。また、AGAが疑われる場合は5α還元酵素の働きを抑制すると言われるノコギリヤシなどの栄養素が含まれた脱毛抑制タイプの育毛サプリメントが効果的です。ただ、男性と女性では脱毛の原因が違うと言われているので、女性は総合栄養型の育毛サプリメントや女性用の育毛サプリメントを選ぶのが良いでしょう。

チェックしたい配合量

薄毛で悩む人の中には育毛サプリメントを薄毛対策に利用されている人が多いかもしれませんが、育毛サプリメントを選ぶ時は成分量を重視する必要があります。というのも、現在販売されている育毛サプリメントは食品に分類されるので、成分の配合量を表示する義務はなどはないため、育毛成分の配合量を表示していないサプリメントも多くあり、育毛成分がそのサプリメントにどのくらい入っているのかが分からない事も多いのです。そのため、AGAの原因となるDHTを抑制する効果があるノコギリヤシが、その効果を発揮すると言われる1日あたり320mgが配合されていないサプリメントも多いと言われています。ノコギリヤシ以外にも、育毛・発毛効果が期待できる育毛成分が効果を発揮する成分量に達していないサプリメントも多いと言われていますから、育毛サプリメントを選ぶ時は成分量の表示に注意して、育毛成分の効果が十分に期待できるかについてのチェックをしておいた方が良いでしょう。

AGA治療は医療機関で出来る育毛・薄毛治療です。医療行為にあたるので、育毛サロンなどの民間機関とは違い、医学的なアプローチから薄毛や抜け毛を改善してくれます。 AGA治療ができる医療機関は限られています。まずインターネットで近所で薄毛治療をしているクリニックを探し、予約が必要な場合は予約を入れます。AGA治療ができる医療機関は、AGA専門院と総合病院に分けられます。AGA専門院は治療費が高くなる傾向がありますが、精密な頭皮・毛髪検査があり、個人にあわせたオーダーメイドの治療をしてくれます。 総合病院は治療の選択肢が少ないですが、専門院よりも病院の数が多く、敷居が低くて治療費も安いので初心者におすすめです。

副作用について

AGA治療の注意すべき点としては副作用が挙げられます。クリニックで処方される内服薬には、精力減退、血圧の低下、倦怠感、頭痛などの副作用が起こるリスクがあります。いずれもごくわずかな確率ですが、そうしたリスクもあるということを覚悟して服用する必要があります。もしも気になる症状が出た場合は、すぐに病院に行って医師に診てもらうようにします。 AGAの内服薬はネットの個人輸入代行ショップで購入できますが、本来ならば医師の処方せんなしでは手に入らないものです。ネットで買う場合は副作用があっても自己責任になります。また、ネットにはニセモノを販売している業者もいるので、内服薬は医師から処方してもらうことをおすすめします。

薄毛を改善できる施設には、医療機関と民間療法の施設がある。大阪にはどちらの施設も数多くあり、予算や目的に応じて選ぶことができる。医療機関はAGA治療を行っているクリニックである。民間療法は発毛サロンや育毛サロンなどが該当する。人工毛植毛や自毛植毛などの植毛は、移植手術が必要であるため、民間療法の発毛サロンでは植毛をすることはできない。クリニックでの植毛は、保険診療が受けられないので、事前に料金を確認しておくことが大切である。大阪のクリニックでの発毛や育毛は、AGA治療薬が使用されることが多い。AGA治療薬を処方してもらえるのはクリニックに限られており、発毛サロンや育毛サロンではAGA治療薬による薄毛治療はできないので注意を要する。

薄毛の改善のテクニック

安い金額で薄毛の改善がしたい場合は、市販されている育毛剤や育毛シャンプーの使用が最適である。安いものは1000円以下で購入できるので、手軽に薄毛対策をすることができる。育毛剤や育毛シャンプーを使っても薄毛が改善できなかった時には、発毛サロンや育毛サロンに通うことをおすすめする。大阪にはキタやミナミの繁華街などに発毛サロンが数多くある。発毛サロンは良心的な料金体系であるため、クリニックよりも安い料金で薄毛対策をすることができる。即効性のある薄毛対策をするには、大阪のAGA治療のクリニックに通って、人工毛植毛をすることがおすすめである。人工毛植毛は移植手術をすると確実にフサフサの毛髪にすることができる。

髪の毛が薄くなっている部分に自身の毛根細胞を移植する手術ことを「自毛植毛」と言います。自分の細胞を使用することから、拒否反応の心配もありませんし、面倒なメンテナンスも必要ありません。 大切なことは、信頼することが出来るクリニックを選ぶということです。自毛植毛の手術を行なっているクリニックは多くありますが、それぞれ手術方法や費用、手術の実績などは異なります。自毛植毛は高い技術と経験、知識が必要となるものですので、実績のあるクリニックを選ぶようにしましょう。 手術費用は決して安くはないので、実際に自毛植毛手術を受けたことのある人の感想を参考にしたり、カウンセリングを受けるなどして、自分に合ったクリニックを見付けるようにしましょう。

術後の注意点

自毛植毛をした場合、確実に毛根細胞を定着させるためには日常生活をおくる上で注意しなければならない事がいくつがあります。まず、洗髪です。手術方法により異なりますが、術後2週間程度は頭皮に負担をかけないようにお湯で汚れを落とす程度にしましょう。痒みや腫れがある場合には、医師に相談し、必要に応じて薬を使用するようにしましょう。就寝時は無意識のうちに頭皮を掻いてしまう可能性があります。傷つけてしまわないように、手袋をはめるか、爪を切るように心掛けましょう。 なお、白髪染めやパーマなどの毛髪や頭皮に大きな負担が掛かるようなことは術後1ヶ月以上は避けるということが大切です。分からないことや不安に感じることがあれば、その都度医師に確認しましょう。

40代から薄毛が進行するのは、この時期から次第に女性ホルモンであるエストロゲンが減少していくからです。エストロゲンは、毛髪の成長を促しそれを持続させる働きがあります。それが加齢が原因で40代頃から減少していくことで、毛髪の休止期が長くなってしまいます。エストロゲンは、50代になり閉経を迎える頃には20代に比べて半減してしまいます。閉経後は、副腎から分泌されますが極少量でしかありません。女性の薄毛は、男性と違って極端に禿げたりする症状はあらわれません。髪が全体的に痩せてしまい髪の色が薄くなったりします。特に40代の女性に多い薄毛は頭頂部が薄くなる「びまん性脱毛症」です。これにより髪の分け目が目立つようになり、進行すると禿げていきます。

その対処方法とは

40代の女性の薄毛の進行を食い止めるためには、生活習慣やヘアケアの方法を改善することが一番の対処方法です。まず、栄養のある食事をするように心がけましょう。大豆には、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするイソフラボンが多く含まれています。また、そのタンパク質を有効に体に取り入れるためにはビタミンも必要です。しかし、これらを過剰摂取するのではなく、バランスを考えた栄養を摂るようにすることも必要です。十分に睡眠をとることも大切で、成長ホルモンが分泌される22時から午前2時の間に睡眠を取りましょう。これにより毛母細胞や頭皮の皮膚細胞が生まれ変わります。またシャンプーは、アミノ酸系の低刺激のものに切り替え頭皮マッサージで血行を促進することも効果があります。

おすすめの記事