アラフォーになると増えてくるのが、髪の白髪。
ヘアカラーで染めてもしばらく経てばすぐに目立ってくるので、毎回のケアに悩まされる人も少なくないでしょう。
「もっと簡単に髪を染められたらいいのに…」
そう願う女性に今注目されているのが、毎日髪を洗うだけで白髪染めできるという、「白髪染めシャンプー」です!
本当に白髪が染まるなら美容室に行かずに済む…と期待してしまいますが、実はこの白髪染めシャンプー、「白髪染めに使えない」というショッキングな内容が話題となっているのです!

読みたい項目を押してね

本当に使うだけで髪は染まる?白髪染めシャンプーの効果

悩む女性のイメージ

白髪染めシャンプーは白髪染めに使えない!?

いきなりこんな見出しを目にして、びっくりした人も多いでしょう。
そう、実はこの白髪染めシャンプー、白髪を「直接」染めることには向いていないのです!

それってどういうこと?

簡単に説明するなら、白髪染めシャンプーは、白髪染め後の髪のケアには効果的ですが、白髪染め自体に使うのは不十分だということ。
通常のヘアカラー剤は、髪のキューティクルを一部溶かし、内部に染料が浸透することで髪に発色が現れます。
これに対して白髪染めシャンプーは、イオンの電荷によって染料が髪の表面に吸着することで発色させています。

噛み砕いていうと…

普通のヘアカラー剤は髪の内部まで色を注入できますが、白髪染めシャンプーは髪の表面に磁石のように色をくっつけることしかできません。
つまり、白髪染めシャンプーでキレイに白髪を染めるには、繰り返し使って染料をしっかりコーティングさせる必要があるということ。
白髪が染まるまで時間がかかる上、ヘアカラー剤よりも色味がはっきりしないので、白髪染めの目的で使うのは問題があるのです。

じゃあ白髪染めシャンプーは使わないほうがいい?

「ヘアカラー剤よりも効果が劣る」と聞くと、多くの人は使わない方がよいのでは?と考えるはず。
しかし!この白髪染めシャンプーには、ヘアカラー剤にはない魅力があります!
それは、「リタッチが簡単にできる」という点です!

白髪染めのリタッチが簡単になる理由

白髪染めをしてしばらく経つと、髪が成長して毛根部分の白髪が目立ってきます。
これを染め直すことをリタッチといいますが、白髪が目立ってくるたびにヘアカラー剤を使うのは手間がかかりますよね。
また、ヘアカラー剤を頻繁に使うと、頭皮や髪への負担も心配です。
そこで利用できるのが、白髪染めシャンプー。
毛根部分の白髪は目立ちにくいので、発色に劣る白髪染めシャンプーでも十分ごまかせます。
また、白髪染めシャンプーはヘアカラー剤に比べ、髪や頭皮への負担も少ないのが特徴。
髪や頭皮に負担を掛けず、手軽に髪のリタッチができる。
こうした点が、白髪染めシャンプーの利点といえるのです。

白髪染めシャンプーのメリット

白髪染めシャンプーのメリット

  • 毎日のシャンプー代わりに簡単に使える
  • 髪や頭皮に優しい
  • 髪全体に浸透されられるので、染め残しがでにくい

白髪染めシャンプーのデメリット

白髪染めシャンプーのデメリット

  • すぐに効果は表れない
  • ヘアカラー剤の使用や美容室での白髪染めで、髪が変色することがある
  • 通常の白髪染めに比べると、発色が不満な場合がある

◆白髪染めシャンプーはこんな人におすすめ◆

  • 毎回白髪染めをする手間や費用が負担という人
  • 白髪染めによる髪や頭皮の影響が心配な人
  • 肌が弱く、白髪染めで頭にかゆみや炎症が現れやすい人

おすすめ白髪染めシャンプー3選!

シャンプーのイメージ

螺髪輝(らはつかがやき)

螺髪輝シャンプー画像

http://www.rahatsu.com/

【価格】

¥ 6,264(シャンプー&ヘアパックの値段)

【内容量】

シャンプー:350ml
ヘアパック:350ml

【香り】

ほのかに甘いミルクティーのような香り

【選べるヘアカラー】

  • ブラック
  • ブラウン

【特徴】

  • 天然の植物色素のヘナとヘマテイン配合。髪や頭皮に負担を掛けずに髪を染められる!
  • 多機能の保湿成分「リピュジア」により、洗い上げた後の髪や頭皮をしっとりと保湿!
  • 白髪を染めるだけでなく、天然植物成分によって髪や頭皮の汚れもしっかり落とす!

【口コミ】

  • 最初はほとんど変化がありませんが、使っていくうちにリタッチをしなくても白髪が目立たなくなりました!白髪を染めた後の維持がとっても楽!(38歳女性)
  •     

  • 私は昔から肌が敏感なので、ヘアカラー剤を使うとすぐに頭皮がかゆくなります。しかし、この螺髪輝は低刺激の成分で作られているので、私のような敏感肌でも安心して使えます。(41歳女性)

 

黒耀(こくよう)シャンプーQS・ヘアパックQS

黒耀商品の画像

http://kokuyoh.com/lp/

【価格】

¥ 6,804(シャンプー+ヘアパックの価格)

【内容量】

シャンプー:350ml
ヘアパック:350ml

【香り】

無香料なので、タンニンの鉄のようなにおいがする。
しかし髪や頭皮ににおいが残ることはない。

【選べるヘアカラー】

  • ブラック

【特徴】

  • 奄美大島伝統の織物、大島紬(おおしまつむぎ)で使われるシャリンバイを使用。天然の染料を使って髪を徐々に染める!
  • コエンザイムQ10やラベンダーエキス、センブリエキス・ダイズエキスも配合。髪や頭皮の保湿・アンチエイジングに期待できる成分を贅沢に使用!
  • 使っていくうちに、不自然なツヤを抑えた深みのある黒髪に近づけられる!
  • 最初は鉄っぽい臭いが気になりましたが、使っていくうちにだんだん慣れてきましたね。髪のあちこちにあった白髪も、使っていくうちに徐々に自然な黒へ近づいていきました。(47歳女性)
  •     

  • 嬉しかったのが、使っていくうちに髪のボリュームが戻ってきたこと。白髪も気になりますが、最近髪がペタンコになるのが悩みだったので。髪によい成分が入っているんだなってことが実感できました!(44歳女性)
利尻カラーシャンプー

利尻カラーシャンプー画像

https://www.sastty.com/lp/hcs_a_c2/?mu=0100h4t6009mop-2bd5ac987571d316144d8f70c2c9ec2c

【価格】

¥ 3,500(初回限定で¥ 2,500)

【内容量】

200ml

【香り】

ほのかな石鹸の香り

【選べるヘアカラー】

  • ライトブラウン
  • ナチュラルブラウン
  • ダークブラウン
  • ブラック

【特徴】

  • シコン・クチナシ・ウコン・アナトーなど、髪や頭皮に優しい天然の植物色素で髪を黒くする!
  • 利尻昆布のミネラル・保湿成分により、パサつく髪もしっとり!
  • トリートメントを使わず、シャンプーだけで白髪ケアができるからとっても楽!
  • 私がこの利尻カラーシャンプーを選んだのは、最も手軽に白髪ケアができるから。トリートメントを使わず、シャンプーだけで白髪のケアができるのはこの商品だけ。何度もリタッチしなくなったので、髪や頭皮にも優しいと思います。(53歳女性)
  •     

  • 利尻カラーシャンプーはカラーが色々選べるのがいい!白髪染めできるシャンプーって、だいたい黒しかないけど、このシャンプーは髪の色に合わせて選べるから、ヘアカラーを使ってる人も使えます!(31歳女性)

白髪染めシャンプーの使い方は?

勉強のイメージ

1:シャワーで髪を十分にすすぎ、余分な汚れを落とす

シャワー画像

白髪染めシャンプーを使う場合に限らず、髪や頭皮のケアのために行いたいのが、シャンプー前のすすぎ洗い。
シャワーのお湯によって、髪や頭皮に付着したホコリや皮脂汚れを洗い落とすことができます。
また、このシャワーで髪や手を十分に濡らすことも重要。
白髪染めシャンプーやトリートメントは、手や髪が濡れていないと染料による汚れが落としにくくなります。シャンプーを手のひらに出す前に、しっかりと濡らしておきましょう。

2:シャンプーを手のひらに出し、よく泡立てる

泡立ちの良い様子

髪をしっかりとすすいだ後は、手のひらにシャンプーを出して十分に泡立てます。
普段シャンプーをつける時は、髪に直接シャンプーをつけてから泡立てる人もいるかもしれません。
しかし、そういったやり方は、髪や頭皮に濃度が濃いままのシャンプーを直接つけてしまうことと同じ。髪や頭皮に負担を与えてしまうため、髪につける前にしっかりと泡立てましょう。
また、利尻カラーシャンプーのようにシャンプーだけで白髪を染められる商品だと、しっかり泡立てないと白髪の染まり方が悪くなったり、指先にや爪の間に染料が残ってしまったりする場合があります。
髪につける前にしっかり泡立てることで、これらのリスクを回避できるでしょう。

3:髪全体にまんべんなく泡立てて、色素が浸透しやすくする

女性のシャンプー画像

手のひらで泡だてた後は、いよいよ髪を洗います。
利尻カラーシャンプーの場合、この作業によって白髪の染まり具合が変わってきます。
シャンプーに含まれている染料を、髪全体になじませるつもりで、泡を髪全体にいきわたらせます。
「染料の入ったシャンプーを、頭皮につけても大丈夫?」と考える人もいるでしょうが、そういった心配はご無用。
ヘアカラー剤とは違い、頭皮に優しい成分で作られているため、普段のシャンプーのように根本まで泡をつけても問題ありません。
※ただし、人によっては含まれている天然素材にアレルギーが起こることがあります。一度使って頭にかゆみや炎症が起きた場合、皮膚科に相談した後に使用を控えましょう。

4:泡や色素が完全に落ちるまですすぐ

すすぎ洗いのイメージ

すみずみまでシャンプーを終えた後は、しっかりとすすぎ洗いをします。
「すすぎ過ぎたら染料まで落ちちゃうんじゃない?」と考える人もいるでしょうが、髪についた染料はシャワーですすいだ程度では簡単に落ちません。
白髪を短期間で染めようとして、すすぎ洗いを怠ると、残った余分な染料がタオルやまくらを汚してしまいます。
髪を洗った水が透明になるまで、十分にすすぎましょう。

ヘアパック付きのシャンプーの場合は?

1:初めにシャンプーを、先に紹介した1~4の手順で行う

螺髪輝や黒耀など、ヘアパックがついた白髪染めシャンプーの場合、シャンプー後のヘアパックが重要です。
シャンプーをして白髪を染める下地を作った後、ヘアパックによって白髪を染める、という手順でケアをするかです。
「じゃあ使うのはヘアパックだけで、シャンプーは他の商品でいいんじゃない?」と考える人もいるでしょう。
しかし、市販のシャンプーは白髪を染める際にじゃまになるシリコンが入っていたり、ヘアパックの染料まで落とすほど洗浄力が高いため、シャンプーは必ずセットのシャンプーを使うようにしましょう。
逆に、シャンプーだけ使用しても白髪を染めることはできません。
螺髪輝や黒耀のシャンプーには染料は入っていないので、必ず専用のシャンプー&ヘアパックをセットで使いましょう。

2:十分にシャンプーをすすいだ後、ヘアパックを手のひらに出して、コームを使いながら髪全体に広げる

コームを使う画像

シャンプーで髪を洗い、十分にすすいだ後は、いよいよヘアパックを使用します。
手のひらに出した後、両手の指の先や指の間までヘアパックを広げ、しっかりと髪になじませます。
手ぐしでも問題はありませんが、髪になじませる時、コームを使うとより効果的。
ヘアカラー剤のように、髪全体に均等にヘアパックをなじませられるので、より自然に白髪を染められるでしょう。

6:ヘアキャップをかぶり、10分以上放置した後、水でしっかりとすすぐ

ヘアキャップ画像

一般的なヘアパックと同じように、髪に馴染ませたらヘアキャップで髪を覆って、10分以上の時間を置きましょう。
しばらく放置することで、白髪に染料が馴染みやすくなるからです。
また、螺髪輝や黒耀のヘアパックには、髪や頭皮の保湿する成分も含まれているため、時間を置くことで髪や頭皮の乾燥を防ぎやすくなります。

白髪染めシャンプーで気を付けることは?

注意のイメージ

シャンプーやヘアパックの染料で浴室のタイルを汚れてしまう!

【原因は?】

白髪染めシャンプーは、通常のヘアカラー剤とは違い、しっかりと泡立てればシャワーでキレイに洗い落とすことができます。
しかし、白髪を染めるために染料がタイルの細かい溝に入り込み、落としにくい汚れになることがあるのです。
もし白髪染めシャンプーの染料がタイルに付着してしまったら、塩素系漂白剤を使って落とすことができます。
また、洗い落とす時はタイルを傷つけないメラミンスポンジを使うとよいでしょう。
ほかにも、浴室を汚さないようにするため、髪の洗い方を工夫するのも効果的。
シャワーの水圧を下げて髪を洗うことで、水しぶきの飛び散りが抑えられ、白髪染めシャンプーの汚れがつきにくくなります。
また、事前に浴室にシャワーの水をかけて、白髪染めシャンプーの染料が沈着することを防ぐ方法も挙げられます。

【対策まとめ】

  • あらかじめ浴室にシャワーの水をかける
  • シャワーの水圧を弱めにして、シャンプーが飛び散るのを抑える
  • 万が一汚れがついた場合、ヘアカラーを落とす場合と同じように、塩素系漂白剤とスポンジで落とす

指の先や爪の間に黒い色素がつく!

【原因は?】

基本的に白髪染めシャンプーやトリートメントは、素手で使用しても手に染料がつくことはありません。
手に残ってしまうことがあるとするなら、髪に付ける前の泡立てをしっかり行っていない場合です。手についた染料はシャンプーの泡によって取り除かれるため、髪に付ける前にしっかりと泡立てることで、指先につくことは避けられるでしょう。
トリートメントで白髪を染めるタイプのシャンプーなら、トリートメント後に十分すすぎ洗いをすることで汚れは落とせます。
万が一すすいでも落とせない場合、石鹸などで手を洗えば簡単に落とせます。
また、手が濡れていないと、シャンプーやトリートメントの染料が残りやすくなります。使用する前に、必ず手や髪を濡らすことを忘れてはいけません。
染料が指につくことを避ける方法として、あらかじめ指にリンスやコンディショナーを先につけるやり方もあります。この方法を用いると、指に塗ったリンスなどの成分に染料がくっつきやすくなるため、指に残りにくくなります。
どうしても指の先や爪の間に汚れがつくことを避けたい場合、面倒ですがゴム手袋の使用が確実です。心配な人はシャンプー用にゴム手袋を買っておくとよいでしょう。

【対策まとめ】

  • シャンプーやトリートメントを使う前に、必ず手や髪を濡らす
  • 髪にシャンプーをつける前に、しっかりと手で泡立てる
  • あらかじめ指にリンスやコンディショナーをつければ、汚れがつきにくくなる
  • 心配な場合はゴム手袋をつけて髪を洗うことをおすすめ
  • 万が一汚れが指先についても、石鹸でよく洗えば落とせる

美容室で白髪染め・ヘアカラーを頼むと緑色に変色する!

【原因は?】

白髪染めシャンプーに関する悪い口コミで、「美容室で白髪染めを頼んだ時、白髪染めシャンプーを使っていると髪が緑色になる」という内容がよく見られます。
しかし、白髪染めシャンプーを使っている人全員にこうした症状が現れるわけではないので、基本的には特に心配する必要はないでしょう。
ただ、どうしても気になる人は、いきつけの美容室に使っている白髪染めシャンプー・トリートメントを持っていき、美容師さんに相談してみるとよいでしょう。
緑色になる原因はまだはっきりとはしていませんが、美容室で使われる酸化染料やアルカリ剤と、シャンプーの成分が化学変化を起こすことで変色するとされています。
シャンプーやトリートメントを美容室へ持ち込めば、美容師さんがこうした化学変化を起こす成分を使わずに髪を染めてくれるため、変色するリスクを減らすことができるでしょう。

【対策まとめ】

  • いつも頼んでいる美容師さんに相談する
  • シャンプーやトリートメントの成分が髪に多く残っていると変色しやすいので、すすぎをしっかりしておく

まとめ

お風呂イメージ

白髪染めシャンプーは、通常のヘアカラー剤とは違い、すぐに髪の色を変えることができません。
そのため、「全然白髪が染まらない」と諦めて使うことを止めてしまう人は多いのです。
諦めず、毎日シャンプー・トリートメントをし続けることで、徐々にではありますが、白髪は目立たなくなっていきます。
効果があるかどうかは、まずは1本使い切ってみてから確かめてみましょう。

おすすめの記事