プロペシアは副作用を起こす可能性があるため医師の処方箋が必要となる薬です。名古屋でプロペシア処方病院を探されている方もいるかもしれませんが、名古屋にはAGA病院が多数存在しているためどの病院が良いか分からなくなる人も多いかもしれません。名古屋のAGA病院の中でも人気のAGA病院は治療実績の高さが共通していますが、名古屋の人気AGA病院の中には150万人近い治療実績を持つ病院などもあり、やはり実績の高さや評判の良さは人気の理由となっています。また、人気AGA病院の中には治療の効果が感じられなかった場合の返金保証制度を設けている病院などもあり、こういった返金保証制度も人気の理由の一つとなっていますし、他にもプロペシアの値段が安いなど良心的な治療費のAGA病院が名古屋で支持を集めているようです。

AGA治療薬の特徴

プロペシアについてはAGA治療で最もよく処方される薬ですし、AGA治療薬として認可されてから20年近い時間が過ぎていますから、もはやAGAや薄毛治療に欠かせない薬とも言えます。プロペシアはそもそも前立腺肥大の治療薬として使われていたものですが、AGAの方の抜け毛の改善やの毛髪の成長に効果があるという事で世界で初めてAGA治療薬として承認された飲む育毛剤です。プロペシアの有効成分フィナステリドには5αリダクターゼの働きを阻害してAGAの原因となるDHTの生成を防ぐ効果があるため、AGAの根本的な原因に働きかけてAGAの進行を防いだりAGAの改善が見込める薬なのです。こういった特徴があるプロペシアですが、臨床試験ではプロペシアを3年以上服用し続ける事でほとんどの方がAGAの進行ストップ・改善を実感する結果も出ています。ただ、プロペシアは薬の性質上、男性ホルモンの感受性が高いAGA患者にのみ有効だとされている薬ですし、男性機能の低下などの副作用を起こす可能性があったり、胎児に影響が出るため妊娠中の女性に適応はない薬なので注意が必要です。

発毛剤には発毛効果がある有効成分が配合されています。育毛剤が化粧品なのに対して、発毛剤は医薬品に分類されるものがほとんどです。医薬品ということは薬を配合してあるので、間違った使い方をすると副作用が出る可能性があります。医薬品の発毛剤は、発毛クリニックかインターネットの通販サイトで購入できます。発毛クリニックなら、医師が頭皮の状態を診て、頭皮にあった濃度で出してくれるので安心です。しかし、医療機関に頼らずネットで購入する場合は自己責任になります。「強力な効果がありそうだから」といって高濃度な発毛剤を購入すると、頭皮や体に異変が起こる場合もあります。初めての場合は、出来るだけ低濃度な発毛剤から使い始めることをお勧めします。

新しい髪が生える

まず知っておいたほうがいいのが、育毛剤と発毛剤の違いです。育毛剤は発毛剤よりも効果が穏やかです。化粧品や医薬部外品に分類され、コンビニ、スーパー、ドラッグストアなどで購入できます。抜け毛予防目的に使うもので、効果がある育毛剤なら今ある髪の量を維持できます。発毛剤は発毛を目的に使うものです。育毛剤では新しい髪は生えませんが、発毛剤なら新しい髪が生えます。つまり、現在ある毛髪の量よりも増やすことが可能です。発毛剤は、フィナステリドやミノキシジルなどの有効成分を配合しています。これらは薄毛治療でよく用いられている医薬品です。フィナステリドはAGAに効果があり、ミノキシジルは血行促進に効果があります。

男性型脱毛症、AGAは早めに手を打つことでAGA治療にかかる期間もお金もだいぶ削減できます。男性の場合、20代後半をピークにして毛髪がどんどん細くコシがなくなっていきます。男性ホルモンの影響もありますが、ストレスや食生活の影響、遺伝の影響などもあります。 「最近抜け毛が増えてきた」と思ったら、使用しているシャンプーをスカルプシャンプーに変えたり、育毛剤をプラスしたりしてヘアケアを見直す事をお勧めします。シャンプーをスカルプシャンプーに変えるだけなら比較的簡単にできます。スカルプシャンプーは頭皮に優しいアミノ酸や石鹸系の成分で出来ているため、洗浄力が強い一般のシャンプーよりも頭皮に負担がなく洗髪できます。

最新の毛髪再生医療とは

AGA(男性型脱毛症)という言葉は、知らない成人男性がいないのではないかというぐらい浸透しています。AGA治療ができるという育毛シャンプー、スカルプケアグッズ、育毛サプリメントなど、沢山のアイテムが販売されています。 AGAは40代になると発症しやすくなりますが、自分でケアできるアイテムが増えたおかげか、AGA治療に積極気に取り組む男性が増えているといいます。 最新のAGA治療は毛髪再生医療があります。頭皮クリニックなどでできるAGA治療で、ノーニードルガンを使って頭皮に成長因子を入れることで、発毛効果が得られるというものです。飲み薬を飲みつつ毛髪再生医療を受ける事で、短期間でAGAが克服できるのだそうです。

自毛植毛とは、その名の通り、自分の髪の毛を薄毛や抜け毛が気になる部分に植えつけるという方法です。植毛には、自毛植毛の他に人工植毛という方法があります。違いは、自分の髪を受け付けるのか、人工の毛髪を受け付けるのかによります。 人工の毛髪を植え付けるという場合の費用は、髪の毛1本あたり300円程度と言われています。植え付ける範囲にもよりますが、比較的狭い範囲であれば6万円程度で収まりますし、広範囲の場合は数十万円掛かることもあります。 一方の自毛植毛の場合の価格は、髪の毛1株あたり1000円程度が相場です。狭い範囲でも30万円ほど、広範囲の場合は100万円を超える場合もあります。 それぞれにメリット・デメリットがありますので、行う際にはしっかりと比較することが大切です。

費用を抑えることが出来るにも関わらず、人工植毛よりも自毛植毛の方が人気がある理由として、メンテナンスの有無があります。人工植毛の場合、一度抜け落ちてしまった場合には、二度と自然に生えてくるということはありませんので、数年に1度、メンテナンスを行う必要があります。自毛植毛の場合はこのメンテナンスが必要なく、自然に髪の毛が生えてきます。また、自分の髪の毛ですので、副作用の心配もありません。 自毛植毛にはいくつかのやり方があります。いずれも高度な知識と経験が必要となりますので、自毛植毛を行う場合には、事前に分からないことなどを確認するようにしましょう。相談・カウンセリングは無料で実施しているというところも多いようです。

aga治療は、プロペシアの認可で大きな成果が上がりました。しかし、問題がないわけではありません。例えば、プロペシアは男性型のaga治療薬ですから、女性には効果がない点です。最近では女性の薄毛相談も多く見られ、専門病院では、女性の薄毛治療も積極的に行っています。専門病院なので男性の目を気にすることなく通院が可能になっています。また女性の場合、agaと区別するためにfagaと呼ばれることもありますが、これはストレスやダイエットの影響が大きいです。髪を作る女性ホルモンが減ってしまう現象と、女性も若干持つ男性ホルモンが脱毛成分となってしまう現象がおこり、薄毛をもたらしてしまいます。現在のaga治療は、男女で異なる手法をとりますが、今後は、性差のない治療法の確率もキーワードとなってくる可能性が高いと思われます。

期待される治療法

このように、現行のaga治療は、性差のある方法が主流ですが、自毛植毛などの技術は、男女を問わず行える手段です。自毛植毛は、髪の多い後頭部や即頭部の髪を毛根を含む毛包単位で取り出して、薄い部分に植え込む技術です。文字通り自分の毛を植えるわけですから、副作用のリスクがまずありません。現在は、料金がagaに比べると高い、対応できる医療機関が全国的に普及していないなどの問題点がありますが、主流となる可能性を帯びています。また、近年再生医療は飛躍的に進んできています。iPS細胞を利用した、薄毛治療法も確立される可能性が高いと言えるでしょう。今後のこうした新しい治療法にも注目したいところです。

おすすめの記事