• 2018年8月15日
    AGAに有効な治療薬
  • 2018年8月15日
    育毛・発毛のサポート
  • 2018年8月15日
    高い技術で安心の美容外科
  • 2018年8月15日
    事前の情報収集を
  • 2018年8月15日
    薄毛は治療可能
  • チャップアップオイルのメイン画像
    2018年8月13日 ヘアオイル
    チャップアップヘアオイルで女の自信を取り戻す!口コミで評判の美髪効果を調べてみました
  • ステップ②
    2018年8月12日 育毛剤
    【薬用レパオスカルプエッセンス】で薄毛の悩みを解決!その効果と評価は?
  • プロピアのイメージ画像
    2018年8月9日 スカルプシャンプー
    プロピアのサロンでも有名なシャンプーは本当に効果があるの?効果や成分徹底解剖!
  • マイナチュレ オールインワンケアカラートリートメントの受嘱経歴
    2018年8月3日 白髪染め
    【マイナチュレ オールインワンケアカラートリートメント】の口コミと評判を徹底リサーチ!白髪染めとしての効果はいかに?
  • 女性と商品
    2018年7月31日 育毛剤
    美髪エイジングの極み!女性専用育毛剤【CA101スカルプエッセンス】の効果と口コミ評判をリサーチ
シャンプー、石鹸、タオルの画像

薄毛や抜け毛が目立ち始めた時、気になってくるのがシャンプーの問題。

抜け毛はシャンプーをする時に1番多く抜けてしまいます。

その時、「ひょっとしてシャンプーの質が悪いのが原因では?」と疑う人も多いでしょう。

薄毛や抜け毛に最も効果があるとされるのが、「薬用スカルプシャンプー」。

しかし、それがどんなシャンプーなのか、正確に答えられる人は少ないはずです。

そこで、薬用スカルプシャンプーとは一体どんなシャンプーなのか、基礎の基礎から学んでいきましょう。

読みたい項目を押してね

そもそも薬用スカルプシャンプーって?

薬っぽいイメージ

薬用スカルプシャンプーとは

【36歳男性】
最近よくテレビで「スカルプシャンプー」というシャンプーのCMを目にします。
CMのイメージから発毛に関するシャンプーだということはわかりますが、どういうシャンプーなのかイマイチよくわかりません。
普通のシャンプーとどう違うんでしょうか?
【ドクターAGA】
スカルプシャンプーのスカルプとは、「頭皮」のことを意味します。 直訳するなら「頭皮シャンプー」ですね。
通常のシャンプーは、髪の毛をキレイに見せるため、洗浄力の高い成分を多く使用していました。
これに対し、スカルプシャンプーは頭皮への負担を考慮し、頭皮への刺激が少ない成分で作られているのです。

薄毛や抜け毛の原因の一つが、頭皮への負担。

頭皮への刺激が強いシャンプーを使い続けると、頭皮が炎症を起こし、抜け毛が悪化してしまいます。

また、皮脂の分泌が過剰な場合も、雑菌の増殖や毛穴の詰まりにより、抜け毛が増えてしまうでしょう。

頭皮への強い刺激を抑えつつ、大量に分泌された皮脂を落とすことができる。これが、スカルプシャンプーの特徴なのです。

薬用スカルプシャンプーのメリット

  • 洗浄力が強いだけのシャンプーとは違い、頭皮への負担が軽い
  • 皮脂を落とす力は十分にあるので、頭皮の皮脂をキレイに落とせる
  • フケや頭皮へのかゆみを防いでくれる
  • 保湿成分が入っている商品もあり、頭皮へのケアも期待できる

 

薬用ってどういう意味? 

スカルプシャンプーによく付けられる「薬用」という単語は、一般的に「医薬部外品」を意味します。

医薬部外品とは、厚生労働省が「一定の効果がある」と認めた成分が含まれている商品のこと。

医薬品のように、使用することで高い治療効果が得られるわけではありませんが、症状の予防や緩和などの効果が期待できます。

薬用スカルプシャンプーであれば、頭皮の炎症の予防や緩和に一定の効果がある商品だといえるわけです。

薬用スカルプシャンプーは育毛・発毛に効果はある?

テレビCMを見ると、スカルプシャンプーを使うだけであたかも髪が生えてくるように思えます。

しかし、実際にはほとんど※のスカルプシャンプーに育毛・発毛成分は含まれてはいないのです。

※育毛シャンプーのポラリスNR-02には、育毛成分ミノキシジルが含まれています。

では、薬用スカルプシャンプーは薄毛や抜け毛に全く効果がないのか?と問われれば、それもまた少し違うのです。

薬用スカルプシャンプーは「医薬品」とは異なります。

発毛や育毛効果が直接得られるほど強い効果は得られません。

しかし、頭皮環境を整えることで、薄毛や抜け毛の進行を防ぐ症状への予防・改善効果が得られるのです。

市販の刺激が強いシャンプーから、薬用スカルプシャンプーに変えることで、薄毛や抜け毛の原因である頭皮へのダメージを抑えられるでしょう。

シャンプーの種類は地肌のタイプごとに選ぶ!

市販のシャンプーの種類は大きく分けて3つ

シャンプーの系統/特徴 頭皮への負担 皮脂の洗浄力 洗った後の髪の状態 価格
高級アルコール系 最も負担が大きい 最も高い サラサラとしている 最も安い
石鹸系 負担が大きい 洗浄力は高い ゴワつきやすい 比較的安い
アミノ酸系 負担が小さい やや洗浄力は低い じっとりとする 市販品は少なく、高価

地肌のタイプ別におすすめのシャンプー

頭皮がオイリーな人

  • 高級アルコール系シャンプー
  • 石鹸系シャンプー

高級アルコール系シャンプーや石鹸系シャンプーは、皮脂の洗浄力が非常に高いシャンプーです。

普段皮脂が過剰に分泌されるという人は、こうした洗浄力の長けたシャンプーの使用をおすすめします。

【高級アルコール系と石鹸系の違いは?】

高級アルコール系シャンプーと石鹸系シャンプーの違いは、含まれている成分にあります。

市販されている高級アルコール系シャンプーは、さまざまな添加物を含んでいるため、肌の弱い人の場合アレルギーなどを起こす可能性があります。

しかし、石鹸系シャンプーは無添加のものが多いため、アレルギーが現れにくいのです。

※ただし、植物系の成分が豊富に含まれる無添加シャンプーは、人によってアレルギーが現れる可能性があります。

頭皮が乾燥しがちな人

  • アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーは、ほかのシャンプーと違い頭皮への刺激が少ないのが特徴です。

皮脂の洗浄力に関しては、高級アルコール系や石鹸系に比べて劣るものの、皮脂を落としすぎることはないため、頭皮の乾燥を防げます。

【スカルプケアのため、皮脂はある程度必要?】

皮脂は全て落とせればよいというわけではなく、実はある程度残しておく必要があります。

元々皮脂は頭皮の乾燥を防ぎ、紫外線や活性酸素、菌などの刺激から肌を守るバリアの役割が

あります。

過剰に分泌されると薄毛や抜け毛の原因となりますが、必要以上に除去しても、頭皮への刺激によって薄毛・抜け毛になりやすくなるのです。

頭皮が乾燥しやすい人ですと、通常のシャンプーを使うと皮脂を落としすぎてしまう場合があります。

しかし、アミノ酸系のシャンプーなら、こうした皮脂を落としすぎてしまうリスクを避けられるのです。

自分の頭皮のタイプはどう調べる?

◆肌が乾燥肌がどうかで判断する

頭皮は顔の肌と繋がっている、肌の一部です。

普段顔が皮脂でテカテカしやすい人ですと、頭皮も同じくオイリーな状態だと判断できます。

◆髪を洗った後の状態を調べる

髪を洗った翌日、朝から15時までの間で、頭皮から皮脂がどれだけ分泌されたかを調べましょう。

指で頭皮を触ってみて、ヌルヌルとした感触があれば、オイリーな頭皮であると判断できます。

◆専門の薄毛治療クリニックで調べてもらう

上記2つの診断方法は、自分の頭皮がどんな状態かを大まかに知ることができます。

しかし、皮脂の分泌量は、気温や生活習慣によっても変化するため、素人が調べただけでは正確に判断することはできないでしょう。

また、頭皮の乾燥によって逆に皮脂が過剰に分泌される「インナードライ」といった症状もあるため、自分がどんな頭皮なのかを判断するのは難しいのです。

スカルプケアのため、頭皮の状態を正確に知りたい場合、専門の薄毛治療クリニックを受診するとよいでしょう。

マイクロスコープなどの機器を使用し、頭皮の状態から肌の状態をしっかりと診断してくれます。

検査後は、医師が薄毛や抜け毛を防ぐための対策方法の指導や、薄毛を抑制する薬を処方してくれます。

先に医師に伝えれば検査だけして帰ることもできるので、クリニックで検査を受けたとしても、必ずしも高額な治療を受けることにはなりません。

シリコン入りのシャンプーは頭皮に悪い?

シャンプーについてネットで調べると、必ず見られるのが「シリコンは頭皮に悪い」という内容。

シリコンは粒子が細かいため、毛穴の中に入り込んでしまい、頭皮に炎症を起こすといわれています。

しかし、シャンプーに含まれるシリコンは皮脂となじまない性質があるため、毛穴に詰まってしまうことはほぼないのです。

シリコンのメリットは、髪の毛を保護し、切れ毛や枝毛を防ぐこと。髪の指通りもよくなるため、髪型をセットする際に、髪が絡まって抜けてしまうことも防げます。

逆にデメリットは、シリコンアレルギーの人が使うと、頭皮に炎症が起こりやすいことです。

シリコン入りのシャンプーを使って、頭皮に炎症が起きた人は使用を避けるべきです。しかし、それ以外の人は特に気にする必要はないでしょう。

弱酸性と弱アルカリ性のシャンプーのどちらを選ぶべき?

人の肌は弱酸性に保たれています。

これは、皮膚にいる常在菌が肌を弱酸性に保っているから。弱酸性になると肌に悪影響を与える菌が増えにくくなるため、人にとって肌は弱酸性の状態が最も良好なのです。

シャンプーにも弱酸性と弱アルカリ性の2つのタイプあります。この内、頭皮への影響が最も低いのが弱酸性のシャンプーです。

ただし、人よりも皮脂が多い人の場合、より多くの皮脂が落とせる弱アルカリ性を選ぶ方がよいでしょう。

肌が乾燥しやすい人や、皮脂が特別多いわけではない人は弱酸性、日頃から頭皮が脂性の人は弱アルカリ性を選ぶのが理想的です。

ドラッグストアで市販されているおすすめのスカルプシャンプー

市販のシャンプーのイメージ

アンファー スカルプD

スカルプD公式画像

https://goo.gl/rdK7v9

スカルプDといえば、テレビCMでもお馴染みのスカルプシャンプー。

男性シャンプーシェア8年連続1位と、多くの男性に選ばれているシャンプーでもあります。

特徴は頭皮の肌質によって種類を選べること。ストロングオイリー・オイリー・ドライの3つの内から選べます。

また、ノンシリコン・アミノ酸系のシャンプーなので、頭皮への負担が少ない点も魅力です。

【価格】

3,900円

【口コミ】

●スカルプシャンプーといえばコレですね。洗った後も頭皮がスッキリします(40代男性)

●毎年商品をリニューアルしているんだとか。常に最良の成分を取り入れようとする姿勢は流石!(30代男性)

 

花王 サクセス薬用シャンプー

サクセスHP画像

http://www.kao.co.jp/success/

■サクセスシャンプー
https://lab.ikumou.news-postseven.com/news/shampoo-that-sells-in-drugstore/

ドラッグストアなどでも手軽に買えるスカルプシャンプーといえば、花王のサクセス。

毛穴に詰まった皮脂をミクロレベルに分散させる高い洗浄力と、血行促進成分が特徴です。

また、冷感成分による頭皮への強い爽快感や、直にシャンプー成分を頭皮に届けられる「直シャン」ボトルなど、他のシャンプーにはない独自の特徴も見られます。

【価格】

554円

【口コミ】

●スカルプシャンプーってみんな高いから手が出せないけど、サクセスは安いから買いやすい!【20代男性】

●ノンシリコンで汗の臭いもカットしてくれるのが嬉しい!夏には欠かせないシャンプーです【30代男性】

 

MARO 3Dボリュームアップシャンプー

MAROHPの画像

https://goo.gl/FMdRBJ

MAROの特徴は、なんといっても洗い上げた後に髪のボリューム感をアップする「3Dボリュームアップ」効果です。

髪が薄くなるとボリュームも減り、頭頂部が平べったくなるのが悩ましいところ。

このMAROの3Dボリュームアップシャンプーを使えば、洗い上がるとフワッと髪が立ち上がり、薄毛によるボリューム不足を解消できます。

他にも、頭皮の乾燥を防ぐディフェンスカルプ®成分や、髪の芯まで強化する「3Dコアリペア」成分など、髪や頭皮を保護する成分も特別に配合しています。

【価格】

1,620円(3Dボリュームアップシャンプーの値段)

【口コミ】

●整髪料を使わずにある程度スタイリングできるのが良い!整髪料を使うと薄毛が心配になりますから・・・【30代男性】

●髪がしっかり洗えて、頭皮まで保湿してくれるシャンプーです。大変重宝しています【40代男性】

ネットで販売されているおすすめのスカルプシャンプーは?

宅配のイメージ

チャップアップシャンプー

チャップアップ公式画像

https://goo.gl/1k7j6X

チャップアップシャンプーは、育毛剤で有名なチャップアップの開発したシャンプーです。

特徴は、アミノ酸系の洗浄成分を5種類配合していること。高級アルコール系のシャンプーのように、洗浄力が強すぎることはないため、頭皮への負担を抑えられます。

アミノ酸系のシャンプーは泡立ちが悪いというデメリットがありますが、このチャップアップシャンプーは、洗浄成分を多く配合したことで、泡立ちが非常に良いのです。

他にも、血行促進効果のあるセージ葉エキスや、抗炎症・抗菌効果のあるローズマリー葉エキスなど、スカルプケアに高い効果のある成分も配合しています。

【価格】

3,280円

【口コミ】

●他のアミノ酸シャンプーとは違い、髪をしっかり洗えるのが良いですね。泡立ちも良いので、気持ちよく使えます【50代男性】

●育毛剤のチャップアップを使っていたので買いました。頭皮環境をしっかり整えた後、育毛剤を塗布。心なしか髪のボリュームが増えた気がします【40代男性】

ヘアリプロ

ヘアリプロ公式画像

https://goo.gl/eoaJGg

ヘアリプロは、植毛施術で有名なあのアデランスが開発した薬用スカルプシャンプーです。

新開発した洗浄成分「アミノストロングα」によって、アミノ酸系シャンプーの弱点だった泡立ちの悪さ・ごわつきを解消。

頭皮への刺激も低いため、スカルプケアをする上でも高い効果が得られます。

また、髪に潤いを与えるε-ポリリシン梅果実エキスハリ・コシをサポートする「ハリコシポリマー」も配合し、ダメージを受けた髪を健康的な状態にしてくれます。

【価格】

1,836円(トライアルセット価格)

※定価3,672円

【口コミ】

●アデランスの医師がアドバイザーをしているということで購入。頭皮が潤っているのか、最近頭皮のかゆみもなくなりました!【30代男性】

●アミノ酸系のシャンプーなのに、整髪料までしっかり落とせる洗浄力があるのが良い!薄毛になると整髪料を使うべきか悩むので、本当に助かります!【40代男性】

ZIGEN シャンプー

ZIGENシャンプー

https://www.zigen-shop.com/products/detail.php?product_id=112

ZIGENの薬用スカルプシャンプーは、合成界面活性剤が使われていない石鹸系シャンプーです。

合成界面活性剤と聞くと、頭皮や体に悪影響があるのでは、と心配になる人も多いでしょう。

ZIGENのシャンプーは、合成界面活性剤フリーで肌への影響も最小限に留めています。

石鹸系のシャンプーの弱点は、髪のきしみやパサつき。

しかしZIGENのシャンプーは、「ジラウロイルグルタミン酸リシンNa」「ビワ葉エキス」などの潤い成分も配合。洗い上げた髪にハリ・ツヤを与えてくれるのです。

【価格】

ZIGEN シャンプー+ボディーソープセット:4,890円

【口コミ】

●私は頭皮がかなり脂性なので、アミノ酸系のシャンプーではすぐに髪や頭皮がギトギトに。しかし、このシャンプーなら洗浄力も十分で、頭皮への刺激も少ないのが嬉しいですね【50代男性】

●シャンプーとボディーソープの2つを使っています。かなり消臭効果が高いみたいで、最近では電車で女性に嫌な顔をされなくなりましたね!【20代男性】

ラグゼ

LUXE公式画像

https://goo.gl/YuLkoT

ラグゼの特徴は、肌成分に近い高品質な「シルクアミノ酸」を配合していることです。

肌成分に近い洗浄成分なので、肌への刺激が低く、さらに紫外線や活性酸素から頭皮を守る効果も得られます。

また、インド伝統医学の「アーユルヴェーダ」にも使用されている天然ハーブエキスも配合。髪や頭皮へ潤いを与え、髪のボリュームアップ効果も得られるのです。

【価格】

3,900円(定期購入コースなら3,120円)

【口コミ】

●頭皮の洗浄・保湿だけでなく、天然成分で栄養を与えることができるのは、おそらくこのシャンプーだけ!【30代男性】

●紫外線や活性酸素は頭皮の老化を招き、薄毛の原因の一つになります。シルクアミノ酸が含まれたこのシャンプーなら、こうした問題も解消できるかも【40代男性】

薬用スカルプシャンプーを買う前に!髪を守るシャンプーのやり方とは

正しいシャンプーの方法1:お湯の温度は36~39度

シャンプーをする前にまずチェックしたいのが、シャワーの温度です。

お湯の温度が40度以上の場合、熱によって頭皮にダメージを与えてしまい、薄毛が進行しやすくなります。

しかし、逆に温度が35度以下ですと、頭皮の皮脂が落としにくくなるため、これも頭皮への負担となるのです。

髪を洗うお湯はぬるすぎず、熱すぎないのが鉄則。

サーモスタット付きのシャワーを使っているなら、36度から39度のお湯に設定しましょう。

シャワーの温度調節ができない場合は、あらかじめ浴槽に36~39度のお湯を張り、浴槽のお湯で髪を洗うようにしましょう。

正しいシャンプーの方法2:シャンプーの前に髪をお湯で洗う

シャワーの温度を設定し終えたら、次はシャンプーの前に髪をしっかりと洗いましょう。

シャンプー前に髪をすすぐことで、頭皮のダメージに繋がる髪の汚れを落としやすくなります。

また、初めにすすぎ洗いをすることで、シャンプーがより泡立ちやすくなり、シャンプーを使う量を削減。それにより、シャンプーによる頭皮への負担を抑えられるのです。

正しいシャンプーの方法3:手のひらに1プッシュ出し、泡立てる

シャンプーを直接頭皮につけると、シャンプーの洗浄成分が頭皮に刺激を与える可能性があります。

シャンプーを使う際は、初めに手のひらで十分に泡立てから洗いましょう。

シャンプーを出す量ですが、多くのメーカーが推奨しているのが6ml。ポンプ式なら2プッシュ程度の量でしょう。

しかし、これは女性が使用した場合の量なので、髪の短い男性なら半分の1プッシュか、0.5プッシュ程度で十分でしょう。

いつもたくさんの量を出して大量の泡を作ってしまう人は、シャンプーを出す量を減らしていくことをおすすめします。

正しいシャンプーの方法4:指の腹を使い、マッサージをするように洗う

頭皮が脂性の人の場合、皮脂をしっかりと落とすため、爪を立てて洗う人もいるかもしれません。

しかし、爪を立ててゴシゴシ洗うと、頭皮に大きなダメージを与えてしまい、薄毛のリスクが高まります。

また、シャンプー用のブラシも、毛先が硬いものがほとんどなので、頭皮への負担を抑えるため使用するのは控えましょう。

シャンプーをする時は、指の腹の部分を使い、優しく髪や頭皮を洗うのがベストです。

正しいシャンプーの方法5:念入りにすすぎ洗いをしてシャンプーを落とす

髪や頭皮を十分に洗った後は、しっかりとシャンプーをすすいで洗い流しましょう。

人によっては、シャワーの水圧だけで泡を洗い流している人もいますが、こうした洗い方は髪の表面のシャンプーしか流せません。

頭皮や髪の根元にシャンプーが残っていると、シャンプーの成分が頭皮に刺激を与えます。また、シャンプーのすすぎ残しは雑菌の増殖を招いてしまうため、抜け毛や薄毛が進行する恐れがあるのです。

シャンプーをし終わったあとは、指の腹で髪や頭皮をこすりながら、十分に時間をかけてすすぎましょう。

正しいシャンプーの方法6:洗った後はドライヤーで乾かす。

男性の多くは髪が短いため、お風呂から上がってしばらくすれば髪は自然乾燥します。

しかし、髪の表面は乾いていても、頭皮までは完全に乾いていない場合もあります。頭皮に余分な水分があると、雑菌が繁殖しやすくなり、頭皮にダメージを与える可能性があるのです。

菌の繁殖を防ぐには、余分な水分をすぐに取り除くことが肝心。

お風呂から上がった後、すぐにドライヤーで髪や頭皮を乾かすことで、雑菌の繁殖を防げるでしょう。

また、早く乾かそうとして、温度を1番高くしたり、吹き口を近づけたりするのは避けましょう。

ドライヤーを使用する時は、15~20cmは離し、温度も50~70度程度の低温に設定することをおすすめします。

まとめ

シャンプーのイメージ

薄毛や抜け毛の進行を抑えるため、最も重要なのが日頃の生活習慣です。

バランスの取れた食事や適度な運動、十分な睡眠時間を確保することで、育毛に必要な栄養やホルモンのバランスをとることができるでしょう。

ただし、忙しい現代人にとって、生活習慣を改善するのはなかなか難しいことです。

そこで活用できるのが、育毛剤や薬用スカルプシャンプーなどの商品。

使用することで頭皮のコンディションを整え、薄毛や抜け毛の進行を抑えましょう。

関連キーワード
薄毛対策, 頭皮ケア】の関連記事
  • 女性と商品
    美髪エイジングの極み!女性専用育毛剤【CA101スカルプエッセンス】の効果と口コミ評判をリサーチ
  • ナノインパクト100商品イメージ
    ナノインパクト100の育毛効果は本当に実感できる?口コミと購入方法をリサーチ!
  • 悩みのある女性の画像
    女性育毛剤に迷ったら?年齢別の選び方とおすすめ育毛剤のランキングをご紹介!
  • リリィジュで悩み解決できました!口コミや評判からわかるその効果とは?!
  • 商品イメージ
    ゆめじんハイビスカスシャンプーの効果はホント?使用成分や口コミを分析した件について!
  • マイナチュレ 商品イメージ
    女性のための育毛剤、マイナチュレ♪口コミや評判、効果の理由とは?
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。