「薄毛の治療方法には、いろいろあるけれど、どのように選べば良いの?分からない。」
このようなお悩みをお持ちの方に、この記事をお読みいただきたいです。

これまで薄毛に悩みながらも、自己流であれこれ実践してきたけれど、どうも効果が出ていない。
発毛はおろか、今ある髪を維持することも困難だ。
完全に頭がハゲてしまう前に、何か有効な対策を打たなければ。

この記事では、薄毛と本気で向き合うことに決めた方に向けて、病院で行われている薄毛治療や市販されている治療薬について、詳しく紹介しています。
定番のプロペシアやミノキシジルから最新の治療法として注目を集めているメソセラピーや自毛植毛まで、様々な治療方法を網羅しました。
薄毛治療を検討されている方にとって、病院・クリニックに足を運ぶ前に、最低限知っておくべき情報をあなたにお届けします。

日本皮膚科学会が公開する「男性型脱毛症診療ガイドライン」などの文献を紐解きながら、現時点で薄毛治療として、明確な根拠を伴っているものについて、詳しく紹介しました。

また、病院・クリニックでの明確な根拠のある薄毛治療と育毛サロンでの毛髪ケアとの違いについて、言及しています。
育毛サロンでの施術は、医学的な根拠は不十分ですが、時と場合によっては、有用なケースもあるので、その点をしっかりと峻別できるようになりましょう。

この記事を読むことで、薄毛治療への様々な悩みがスッキリと解決し、あなたに最も相応しい方法を選び取るリテラシー(判断力)が身につきます
現在、薄毛治療として定番化しているものや最先端の療法として注目されているものなど、効果や副作用の観点だけではなく、費用や治療に必要な期間という面からも検討しました。
薄毛治療についての正しい知識を得て、薄毛・ハゲに悩む方が、AGA克服への第一歩を踏み出されることにつながれば、幸いです。

薄毛治療の第一歩は、原因を知ること!

薄毛治療を満足できるものにするための第一歩は、薄毛の種類と原因を知ることです。
薄毛の原因が何か分かっていないのに、適切な治療は行えません。
ここでは、代表的な薄毛症状であるAGA・円形脱毛症・脂漏性脱毛症の3つについて取り上げます。
また、最近関心が高まってきている女性の薄毛についても検討してみました。

男性ホルモンが原因の男性型脱毛症(AGA)

男性の薄毛症状の大半は、男性ホルモンが原因の男性型脱毛症(AGA)だと言われています。

男性ホルモン・テストステロンは、それ自体は髪の毛に悪影響を及ぼす物質ではありません。
しかし、髪の毛根奥深くの毛乳頭と呼ばれる部位に存在する2型5αリダクターゼという酵素とが結びつくことで、ジヒドロテストステロン(DHT)が生成されます。
DHTは、髪の成長サイクル(ヘアサイクル)の乱れを引き起こし、抜け毛の増加・髪の成長停滞を引き起こすため、いわば悪玉男性ホルモンと呼べる存在です。

ヘアサイクルは次のようになっています。

ヘアサイクルのイラスト

出典MSD株式会社『髪の毛ってなに?(髪の毛の構造)|抜け毛、薄毛(うす毛)対策【AGA-news】』

DHTの影響によって、髪の成長期間が数ヶ月~1年ほどに短縮化することで、抜け毛の増加や髪の成長不良へと繋がってしまいます。

またAGAの原因は、DHTだけではありません。ヘアサイクルの乱れは、頭皮に張り巡らされた毛細血管の血行不良によっても生じます
髪の成長に必要な栄養素は、頭皮の毛細血管を通じて供給されています。血流の停滞は、成長に必要な栄養素を不足させ、抜け毛や髪の成長不良へと。
また、毛細血管の血行不良とDHTの過剰生成とは無関係ではありません。
DHTの過剰生成で毛乳頭は退化し、毛細血管から栄養素を取る力が衰え、抜け毛の増加・髪の成長の停滞を生じさせます。

AGAの特徴は、頭頂部と前頭部が数年~10年以上の長い期間を掛けて、薄くなていくことです。
DHTによるヘアサイクルの乱れは、徐々に進行していくため、数日や一晩のうちに髪が薄くなる、というようなケースはありません。
AGAによる薄毛部位が限定化されるのは、DHTを生成する2型5αリダクターゼが頭頂部と前頭部の毛乳頭だけに存在するためです。
下記の絵は、AGAの状態について紹介したもので、Bald(ハゲ)がAGAによる薄毛を指しています(Non-baldは薄毛ではなく、いわゆる「おでこが広い」というもの)。

AGA症状の表

出典グラクソ・スミスクライン株式会社『AGAの症状・原因|発毛Web』

AGA(男性型脱毛症)の原因と特徴
  • ヘアサイクルの乱れ(DHTや頭皮の血行不良が原因)
  • 前頭部と頭頂部で長い期間を掛けて薄毛に

円形脱毛症

円形脱毛症の頭皮

円形脱毛症とは、上の画像のような頭部に10円玉ほどの大きさのピンポイントでの脱毛ができる症状です。
そのため、通称10円ハゲとも。

AGAとは違って、円形脱毛症の原因は男性ホルモンの働きではなく、ストレスや自己免疫疾患によります
自己免疫疾患とは、自分自身の身体を守る免疫機能が過剰反応することです。
本来免疫機能は、ウイルスなどの体外からの異物やガンなどの体内の有害な細胞を攻撃することで、健康を保つ働きをします。
しかし、免疫機能に異常が発生し、正常な髪の毛・頭皮の細胞を攻撃してしまうことで、円形脱毛症の発症へと繋がってしまいます。

円形脱毛症の特徴は、AGAとは違って、ごく短い短期間のうちに上の画像のような薄毛になってしまう点です。
昨日夜寝る時には、全然ハゲていなかったのに、翌朝目を覚ますと、局所的にゴッソリと髪が抜け落ちているというようなケースもあります。
円形脱毛症には、頭部に一ヶ所だけできる単発型や複数できる多発型、頭部全体の毛が抜け落ちる全頭型など様々です。

円形脱毛症の原因と特徴
  • ストレスや免疫機能の異常
  • ごく短期間のうちに局所的に地肌が見えるほど薄毛に

脂漏性脱毛症

脂漏しろう性脱毛症とは、頭皮に蓄積された皮脂・フケが原因の薄毛です。病院・クリニックによっては、粃糠ひこう性脱毛症とも。

頭皮に過剰な皮脂が分泌され、衛生状態が悪化することで、マラセチア菌というカビの一種が増殖してしまいます

マラセチア菌は常在菌なので、どんな人にも多少は存在しています。しかし、マラセチア菌が過剰に増加すると、皮膚が炎症状態に。
このようなマラセチア菌による皮膚の炎症を脂漏性皮膚炎と言います。
頭皮で脂漏性皮膚炎の状態が続くと、髪の正常な成長が阻害され、抜け毛の増加や薄毛へと。
脂漏性皮膚炎が原因で生じる薄毛のことを脂漏性脱毛症と呼びます。

頭皮に皮脂が過剰に溜まってしまう原因は、洗髪時の洗い残しだけではありません。
むしろ、髪を洗い過ぎてしまうことでも、皮脂は過剰分泌されてしまいます。
また、皮膚の新陳代謝などを促進するビタミンB郡が体内で不足することで、皮脂の過剰分泌や腐敗が進み、脂漏性皮膚炎に繋がることも指摘されています。

脂漏性脱毛症の特徴は、頭部の髪が全体的に薄いびまん性です。
また、脱毛部分では皮膚の炎症が発生しています。そのため、脱毛部分でかゆみや腫れが生じていることが多いです。

脂漏性脱毛症の原因と特徴
  • 皮脂の過剰分泌による皮膚の炎症
  • びまん性(頭部が全体的に薄くなる)で、脱毛部分がかゆみや赤みがかっていることが多い

女性の薄毛

女性も男性と同じように円形脱毛症や脂漏性脱毛症で悩む人は数多くいます。
また、男性ホルモンが原因の薄毛であるAGAは、女性とは無関係なように思われがちですが、決してそうではありません。

女性にも微量ではありますが、男性ホルモンが分泌されDHTの影響により髪が薄くなってしまうこともあります。
このような女性での悪玉男性ホルモンDHTが原因の薄毛症状を女性男性型脱毛症(FAGA)と言います。

また女性の場合は、分娩後脱毛症という出産後の一時期に発症する脱毛症に悩む人も少なくありません。
本来、女性は男性に比べると薄毛になりにくいのですが、その原因は女性ホルモン・エストロゲンが髪の成長を促進する働きがあるためです。
しかし、出産後の体内では女性ホルモンの分泌量が、妊娠中に比べて、急激に減少してしまいます。
女性ホルモンが急激に減少することで、髪の成長期間が一気に終了するので、急激に抜け毛が増えてしまうのが、分娩後脱毛症の原因です。

FAGAの治療方法は、基本的にプロペシアなどの女性にとっての禁忌薬(使ってはダメな薬)を除けば、男性とほとんど同じです。
また分娩後脱毛症は、出産から半年~1年ほどで自然と回復していくとされています。

主な女性特有の薄毛
女性男性型脱毛症(FAGA):男性ホルモンが原因の女性版AGA
分娩後脱毛症:出産後に生じる女性ホルモン分泌量の一時的な減少が原因

薄毛治療薬は原因に応じたものを選ぶ!気になる副作用も紹介!

薄毛治療の基本は薬です。薬以外にも薄毛を治療する方法はありますが、内服/外用の発毛剤を利用するのが、最も手軽で、定番となっています。
ここでは、男性の薄毛の大半がAGAであることから、AGAに効果的とされる代表的な薄毛治療薬の特徴と効果・副作用について紹介していきましょう。

プロペシア(フィナステリド)

プロペシアとは、MSD社が製造販売するAGA治療薬です。プロペシアには、フィナステリドという有効成分が配合されています。
フィナステリドは、AGAの原因であるDHTを生成する2型5αリダクターゼの働きを抑制することで、AGAの進行を抑えるものです。

プロペシアの画像

出典MSD株式会社『フィナステリド錠を安全にお使いいただくために|抜け毛、薄毛(うす毛)対策【AGA-news】』

AGAに対しては、非常に強力な効果を発揮する医薬品で、日本皮膚科学会が発表する「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版」には、推奨度Aとして最も高く評価されています。

801 名の「日本人」男性被験者を対象とした観察研究において,フィナステリド(1 mg/日)5 年間の内服継続により写真評価において効果が 99.4%の症例で得られた

プロペシアで発生する可能性のある主な副作用は次の通りです。

  • 肝機能障害
  • 過敏症(アレルギー)
  • 生殖器障害(EDや射精障害・性欲減退)

肝機能障害など重篤な副作用が発生する危険性があるため、プロペシアは医師による処方箋が必要な医療用医薬品として承認されています。
ただ、これらの副作用が実際に発生する確率は極めて低いものです。
臨床試験では、副作用の発生率は4%。そのなかで主なものは、性欲減退が1.1%、勃起不全が0.7%でした。
また、肝機能障害については、臨床試験では確認されていません。

参考医薬品医療機器総合機構『プロペシア錠0.2mg/ プロペシア錠1mg』

ザガーロ(デュタステリド)

ザガーロの画像

出典GSK グラクソ・スミスクライン株式会社『ザガーロ』

ザガーロもプロペシアと同様に、AGAの原因であるDHTの生成を抑えることで、薄毛を改善します。
ザガーロの有効成分であるデュタステリドは、フィナステリドとは違いDHTを生成する2型5αリダクターゼだけではなく、1型5αリダクターゼにも働きかけるのが特徴です。
ザガーロは、プロペシアと同様に、日本皮膚科学会ガイドラインで、推奨度Aとして、最も高い評価を得ています。

またザガーロは、プロペシアよりも1.5倍の発毛効果が期待できるとされています。

デュタステリドの効果についてのグラフ

出典医薬品医療機器総合機構『ザガーロカプセル0.1mg/ ザガーロカプセル0.5mg』

ザガーロの副作用については、基本的にはプロペシアとほぼ同様です。
ただ、プロペシアに比べて、副作用が発生する頻度は、少々高い点に留意しなければなりません。
効果が高い分だけ、副作用の危険性も高いと考えられるでしょう。

リアップ(ミノキシジル)

リアップの画像

出典大正製薬『リアップX5プラス』

リアップは、街のドラッグストアやAmazonなどのインターネット通販でも購入できる一般用医薬品の発毛・育毛剤です。
プロペシアやザガーロのような医療用医薬品ではないので、医師による処方箋がなくても、自己判断で購入できます。
おそらくは日本で最も有名な発毛・育毛剤で、一度はテレビのCMで目にしたこともあるでしょう。

リアップの有効成分であるミノキシジルは、頭皮に塗布することで、毛細血管を広げ、血流を促進させる働きがあります。
AGAの原因の一つが、頭皮の毛細血管での血行不良であり、それを改善することで、積極的な発毛へと繋げられると期待されています。

リアップの効果については、公式サイトで臨床結果が公開されているので、一度御覧ください。
臨床結果では、20~24週間(半年弱)ほどで、9割以上の人に一定の発毛効果が確認されています。

リアップの臨床結果のグラフ

出典大正製薬『リアップX5プラスの発毛効果データ - 医師による評価』

一方、副作用については、皮膚のかゆみやかぶれが中心で、発生確率が非常に少ないものの頭痛や胸の痛みなども報告されています。
ただ、医療用医薬品であるプロペシアやザガーロに比べて、一般用医薬品で外用薬のリアップは、副作用の危険性は非常に低いものだと言えるでしょう。

副作用があらわれる部位 症状
皮膚 頭皮の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感等
精神神経系 頭痛、気が遠くなる、めまい
循環器 胸の痛み、心拍が速くなる
循環器 原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ

参考大正製薬『リアップX5プラス 製品情報』

フロジン液・カロヤン(塩化カルプロニウム)

カロヤンプログレの画像

出典第一三共ヘルスケア『カロヤン プログレ EX O』

フロジン液やカロヤンは薄毛治療に効果的とされている塩化カルプロニウム(カルプロニウム塩化物)が配合された医薬品です。
塩化カルプロニウムは、頭皮の毛細血管を拡張し、血流を促進することで、発毛につなげるというミノキシジルと似た働きをします。

塩化カルプロニウムの発毛・育毛剤には、医師の処方箋が必要な医療用医薬品と自己判断で購入できる一般用医薬品が販売されています、

商品名 塩化カルプロニウムの濃度 開発・販売
医療用医薬品 フロジン外用液 5% 第一三共株式会社
アロビックス外用液 5% 日本ジェネリック株式会社
一般用医薬品 カロヤンシリーズ 1~2% 第一三共株式会社

日本皮膚科学会ガイドラインによれば、プロペシアやミノキシジルが推奨度Aなのに対して、塩化カルプロニウムは推奨度C1です。
推奨度Aが「行うよう強く勧める」であるのに対して、推奨度C1は「行ってもよい」という曖昧な評価になっています。
このように発毛効果では、微妙な部分がある点は否めません。

しかし、塩化カルプロニウムは発毛効果が緩やかであるものの、副作用の危険性についてもミノキシジルに比べれば、軽いです。
下記の表はカロヤンの副作用についてですが、リアップとその違いはご理解いただけるでしょう。

副作用があらわれる部位 症状
頭皮 発疹・発赤、かゆみ、はれ
全身 全身性の発汗、それに伴う寒気、顔のほてり、ふるえ、吐き気

参考第一三共ヘルスケア『カロヤンプログレ』

薄毛治療で効果を実感できるまでの期間は?

ひだまりの中の時計

どんな薄毛でも、薬を飲めば、一晩で髪が生えてくる、というようなものはありません。
薄毛治療を始めて発毛効果を実感できるまでの期間には、個人差が大きいですが、早くても3ヶ月以上の時間が必要です。
薄毛治療に時間が必要なのは、ヘアサイクルの乱れを正常化するには、毛乳頭の退行・休止期間を経る必要があるためです。

また、薄毛を治療するために必要な期間は、発毛効果を実感できるまでの期間とは異なります。
この記事で取り上げてきた、AGAや円形脱毛症、脂漏性脱毛症を病院で一般的に行われる治療を行った場合の平均的な治療期間は次の通りです。

薄毛の種類 治療期間
男性型脱毛症(AGA) 治療は半永久的に継続する必要がある
(発毛を実感するのに3ヶ月~半年ほど)
円形脱毛症 単発型:一年以内に完治
蛇行型:完治に数年掛かる場合も
(治療期間・発毛を実感できる期間は種類によって大幅に異なる)
脂漏性脱毛症 約4~6週間ほどで、皮膚の炎症をおさめられる
(発毛を実感するには、それに加えて3ヶ月~半年ほど)

AGAや脂漏性脱毛症に比べて、円形脱毛症は発症の詳しいメカニズムがまだ不明瞭な点も多く、治療方法や期間については、単純に○ヶ月で発毛効果が期待できる、とは言い切ることが難しいです。
比較的軽度な単発型の円形脱毛症であれば、1年以内に自然治癒するケースが多いですが、蛇行型という脱毛部分が帯状に広がっているケースだと、治療期間が長くなる傾向にあります。

ところで、円形脱毛症や脂漏性脱毛症には完治という概念が存在する一方で、AGAにはありません。
つまり、AGAは一度治療を始めて、薄毛が改善しても、治療を継続する必要があるのです。
なぜ、AGAは治療を半永久的に継続する必要があるのでしょうか?

プロペシアやミノキシジルのようなAGA治療薬は、AGAの進行を止めることは可能でも、完全に原因をなくしてしまうことはできません。
例えば、プロペシアの場合、DHTを生成する2型5αリダクターゼの働きを抑制しますが、完全に消してしまうわけではないのです。
そのため、一度治療薬の利用を始めて、薄毛が改善しても、薬を飲み続ける/塗り続ける必要があります。
薬の利用を中断すると、再びAGAの進行が始まり、薄毛の状態へと戻ってしまう可能性が高いです。

薄毛治療は病院で行うべき?薬だけなら通販で買える?

分かれ道

薄毛治療は基本的には病院で行うべきものです。
特に円形脱毛症や脂漏性脱毛症は、病院で処方される薬しか改善・治療する方法はありません。
時々、「10円ハゲを治すサロン」のような民間療法もありますが、医学的に全く根拠のないものがほとんどです。

ただ、薄毛の中でもAGAに限っては、病院での治療だけが選択肢ではありません。
AGA治療薬の中では、リアップ(ミノキシジル)やカロヤン(塩化カルプロニウム)の外用薬は、街のドラッグストアやインターネット通販でも購入できます。
基本的には、医療用医薬品であるプロペシアやデュタステリドより一般用医薬品であるリアップやカロヤンの方が、副作用が発生する危険性も少ないです。
そのため、いきなり病院でプロペシアなどの治療薬の処方を受けるより、リアップやカロヤンでセルフケアを始めるほうが、薄毛治療としては敷居が低いのではないでしょうか。

薄毛治療の費用とは?健康保険が効かない?

たくさんの健康保険証

薄毛治療に掛かる費用は、治療方法で全く違います。
例えば、プロペシア単独で処方をされた場合、クリニックによって費用は異なりますが、概ね月額7,000~10,000円ほどです。

薄毛治療に掛かる費用で、不安に感じる人が多いのが健康保険適用の有無でしょう。
実は、薄毛治療でも健康保険が効くものと効かないものがあります。

薄毛の種類 健康保険の適用
男性型脱毛症(AGA) なし
円形脱毛症 あり
脂漏性脱毛症 あり

健康保険は、円形脱毛症や脂漏性脱毛症の治療には使えます
しかし、AGAの治療費用については、健康保険の適用はありません
そのため、AGAクリニックで治療を行う際に必要な諸費用=初診料・診察料・検査費用・薬代などは全額自己負担です。

薄毛治療を受けるなら、AGAクリニック?病院の皮膚科?それぞれの違いを比較しよう!

ハートを抱える医師

薄毛治療はどこで受けるべきかも薄毛症状によって異なります。

薄毛の種類 どんな病院がベスト? 保険適用の有無
男性型脱毛症(AGA) AGAクリニック なし
円形脱毛症 皮膚科(専門のクリニック) あり
脂漏性脱毛症 皮膚科 あり

円形脱毛症や脂漏性脱毛症でも、AGA専門のクリニックで治療できる場合もありますが、健康保険が適用されないため、皮膚科での受診をオススメします。

AGAについては、皮膚科でも治療薬の処方は行われていますが、専門のAGAクリニックの方が望ましいでしょう。
専門のAGAクリニックの方が望ましい理由は以下のとおりです。

  • プロペシアなどの定番薬以外にもAGAクリニックであれば、様々な選択肢がある
  • 治療技術や実績では、AGAに特化しているAGAクリニックの方が優位

費用面で見た場合は、一般的には病院の皮膚科の方が、安く済む場合が多いです。
ただ、AGAクリニックによっては、初診料や診察料が割引になるところもあるので、一概に皮膚科の方が安く済むとは限りません。

最新の薄毛治療をチェックしよう!

薄毛治療の中でも、AGAに関する治療方法は、日進月歩です。
ここでは、最新のAGA治療について、ご紹介します。

AGAメソセラピーやHARG療法・グロースファクター再生療法

薄毛治療として、近年注目を集めているAGAメソセラピー。
メソセラピーとは、薄毛改善に効果的な成分を直接注射などで頭皮に注入し、毛根に届ける治療方法です。
最先端の薄毛治療であり、まだ効果については、明確ではない部分もありますが、通常の内服薬や外用薬よりも高い発毛効果が期待されています。

メソセラピーの様子

出典AGA治療のゴリラクリニック『AGA薬・薄毛治療のゴリラ発毛料金プラン』

注射で発毛・育毛成分を直接頭皮に注入するのですが、施術中の痛みを抑えるために、ゴリラクリニックのように針を使わない方法を採用しているクリニックもあります。

多くのAGAクリニックで実施され始めていますが、その内容はクリニックによって様々です。
ただ、多くのクリニックで、高い発毛効果が期待されているミノキシジルや髪の毛の原材料であるアミノ酸などが用いられています。

HARG療法やグロースファクター再生療法は、AGAメソセラピーの中でも、成長因子という髪の細胞分裂を促す成分が用いられているのが特徴です。

AGAメソセラピーの費用は、1回あたり数万円ほどで、一般的な治療薬に比べると高額になりがちですが、より短期間での発毛効果につながると期待されています。

 


四谷ローズクリニック

四谷ローズクリニック

出展:公式サイト

『HARG療法』で多くの発毛実績がある四谷ローズクリニックは、
本当に満足する結果の出る治療へ導く「道しるべ」となって、もう迷ったり、
後悔したりしないよう、髪の再生のために出来るすべての治療ることをモットーにしているAGA専門クリニックです。

四谷ローズクリニックの特集記事はこちら↓

自毛植毛

自毛植毛は、AGAの治療方法としては、唯一即効性があります。
自毛植毛とは、DHTの影響を受けない後頭部の毛根を髪が薄くなっている前頭部・頭頂部や生え際に外科的に移植するという治療方法です。

費用面では、一回の手術で安くても数十万円。高額な場合は、200万円以上掛かる場合があります。
この費用だけを聞くと、およそ普通の人には、手を出すことができない治療方法なのですが、一般的な治療方法では全く不可能な魅力があります。

自毛植毛の最大の魅力は、一度施術を完了すれば、基本的に半永久的に治療が必要ないことです。
プロペシアやリアップなどの薬を用いた治療方法は、一度使い始めて、薄毛を改善させたとしても、効果を持続させるためには、半永久的に使い続ける必要があります。
しかし、一度自毛植毛を済ませれば、後はほぼ何もしなくても良い、という大きな魅力があるのです。


アイランドタワークリニック

アイランドタワークリニック

出展:公式サイト

自毛植毛が受けられるクリニックの中でも老舗のアイランドタワークリニックによれば、その他の治療方法に比べて、長期的に見れば、低コストで済むと紹介しています。

10年間の費用 20年間の費用
自毛植毛(500グラフト移植したとして) 約80万円(施術した一度限りの費用)
内服薬(月額8,000円として) 約96万円 約192万円
外用薬(月額7,500円として) 約90万円 約180万円

参考アイランドタワークリニック『その他の薄毛治療との費用の比較』

上の比較は、10~20年間一般的な治療薬を使い続けた場合と500グラフト(生え際の後退レベルの治療)の自毛植毛を行った場合の費用を比較したものです。
自毛植毛では、数十万円以上の費用が掛かるのは確かですが、即効性があり、半永久的に効果が持続することを考えると、必ずしも高い買い物とは言えないでしょう。

薄毛を治療できる病院・クリニックの選び方とは?

はてなマークの医師

薄毛を治療できる病院・クリニックを選ぶときのポイントは、次の2つです。

  • 治療実績だけではなく運営歴の長さも重要
  • 治療費用が明瞭会計なクリニック

より良い薄毛治療を受けるには、医師の技量は無視できません。そこで、医師の技量を測るための指標として、治療実績に注目する人も多いでしょう。
ただ、治療実績だけではなく、意外と忘れられがちなのが、クリニックの運営歴の長さです。
運営歴が長いクリニックほど、多くの患者から信頼され、利用されてきたと考えられます。
最近では多くのクリニックがホームページで治療実績や運営歴を公開しているので、それを参考に選んでみると良いでしょう。

また、薄毛治療の中でも、AGA治療の場合は、健康保険の適用がないため、クリニック選びは治療実績や効果だけではなく、費用も重要なポイントです。
費用の大きさが不安で、クリニックに足を運べない人も多いですが、必ずしも全ての治療方法で数万円も掛かる高額なものではありません。
例えば、プロペシア単体での処方の場合なら、1万円以内で済むクリニックが多いです。
それでも費用面での負担が心配な人は、次の点に注意して、クリニックを選んでみてはいかがでしょうか?

治療前に無料カウンセリングが受けられる
いきなり治療を始めてしまうと、高額の治療費を請求されてしまうことも。そのため、治療方法などのカウンセリングを無料で行えるクリニックを選ぶと良いでしょう。
ジェネリック医薬品の選択が可能
先行薬よりも後発薬(ジェネリック医薬品)を選択するほうが、費用を抑えられます。
血液検査は健康診断の結果を持っていく
プロペシアのような肝機能の副作用が生じる可能性がある薬を使う場合は、血液検査が必須ですが、その費用を安く抑えるために、毎年行われる会社の健康診断結果の提出で代用できるクリニックもあります。一円でも安く抑えるなら、このような工夫も必要でしょう。

薄毛治療は育毛サロンで受けられる?病院との違いをチェック!

両者を持ち比べる

薄毛治療とは、一般的にAGAクリニックなどの病院やリアップなどの医薬品の利用を指します。
では、テレビのCMなどでよく見かける育毛サロンでは、薄毛治療は受けられるのでしょうか?

答えは、Noです。「育毛サロン」では薄毛治療は受けられません
本来、治療とは病院で医師が行うべきものです。育毛サロンで行われる施術のほとんどは、医師ではなくセラピストやカウンセラーが行っています。
その意味で、「育毛サロン」はマッサージ屋さんやエステサロンに近い存在と言えるでしょう。

そもそも、育毛サロンには大きく分けると次の2つの種類があります。

  • 頭皮ケアマッサージ
  • 増毛・かつら

育毛サロンで行われる頭皮ケアマッサージのほとんどには、医学的な根拠を伴っていません。
また、増毛やかつらでは、発毛を目的としたものですらないです。

ただ、医学的な根拠は伴いませんが、頭皮ケアマッサージで疲れた心身をリラックスさせることで、ストレス解消につながることもあります。
また増毛やかつらは、ある意味「割り切って」考えれば、即効性があり一般的な薄毛治療よりも確実な面もあります。
そのため、育毛サロンでは薄毛治療はできませんが、薄毛に悩む心身をケアするという意味では、無意味とも限りません。

医学的な根拠が伴った薄毛治療を望むのか、ストレス解消目的などなら、育毛サロンという選択肢も検討の価値はあるでしょう。

薄毛かも?と思った瞬間が治療のチャンス!

扉の先には大空が開かれている

この記事では、薄毛治療について、薄毛の種類・原因から代表的な治療薬と効果・副作用について紹介してきました。
これまで薄毛を克服したいけれど、何をすれば良いのか分からない、というお悩みの解消に繋がったのではないでしょうか?

現在、薄毛治療の代表的な方法は、薬による治療です。医師の処方箋が必要なプロペシアや街のドラッグストアでも購入できるリアップが代表例として挙げられます。
これらの治療薬は、日本皮膚科学会のガイドラインでも高い評価を受けています。薄毛、特にAGAと本気で向き合うなら、これらの治療薬を真剣に検討するべきでしょう。
もちろん、高い効果を持つ薬は、同時に副作用の危険性もあります。効果と副作用はいわばコインの裏表の関係です。
ただ、日本皮膚科学会から高く評価されているのは、デメリットを上回るメリットの大きさがあるからだと、言うことを忘れてはなりません。

この記事では、本気で薄毛治療に向き合う方に必要となる病院の選び方や費用負担、育毛サロンとの違いなどについても紹介してきました。

薄毛と真剣に向き合うことを決意された方は、その熱意を冷めてしまう前に、行動に移すべきではありませんか?
薄毛は対策を先送りしても、良くなることはまずありません。いま「薄毛かも?」と思った瞬間こそが行動のチャンスなのです。

おすすめの記事