バイタルウェーブは、いま最もヘアケアの世界で注目を集めているキャピキシルを7%という高濃度で配合されたスカルプローションです。

疑問に思っている男性

でも、スカルプローションなんて、みんな同じなんでしょ。

そう思っている人も多いですよね。確かに、いろいろな育毛剤やヘアトニックを頭に塗ってみたけれど、全然何の変化が無かった人も多いでしょう。
その度に思うのです。「何をやっても変わらない」と。

しかし、バイタルウェーブは違います。実際の利用者が語る口コミや評判を見てみると、他の様々なヘアトニックとは違い、頭皮と髪を健康にする効果があると言うものが多数でした。
この記事では、髪と頭皮の健康を確かなものとするために、バイタルウェーブが本当に効果的なのか、徹底的に検証しています。
公式サイトだけでは分からない実際の利用者のリアルを弊サイト「人類発毛計画」編集部に寄せられた口コミ・体験談とともに紹介しました。

他のキャピキシル配合のスカルプローションとバイタルウェーブを比較して、どちらが本当にコスパが良くて、効果的なのかも徹底的に検証しています。

この記事を最後まで読むことで、髪や頭皮に悩みを抱える読者諸兄に有益な情報がお届けでき、本気のヘアケアへの第一歩を踏み出される事をお祈りしております。

バイタルウェーブは話題のスカルプ成分・キャピキシル配合ローション

商品イメージ

バイタルウェーブは、話題のスカルプ成分であるキャピキシルが7%配合されたスカルプローションです。
キャピキシルはカナダの化粧品メーカー「LUCAS MEYER COSMETICS」が開発した成分で、頭皮の健康をサポートしてくれます。
ヘアケア業界では、キャピキシルは話題のスカルプ成分として、大きな注目を集めています。
バイタルウェーブは話題のキャピキシルを7%という贅沢濃度で配合しているのが、最大の特徴です。

また、バイタルウェーブには、キャピキシル以外にも話題のヘアケア成分を13種類も配合されています。
その中でも、私が特に注目したスカルプ成分を5つピックアップしてみました。

ノコギリヤシ
葉の形がのこぎりのようになっている北米南部に自生するヤシ科の植物。古くからネイティブアメリカンにハーブとして利用されてきた。
キャピキシルに並ぶヘアケア成分として注目されている。
リデンシル
スイスの化粧品メーカー「induchem」が開発したスカルプケア成分。
ドイツで行われた化粧品原料の展示会「インコスメティック」で銀賞を受賞し、世界的にも大きな注目を集めている。
馬プラセンタ
プラセンタは哺乳類の胎盤のこと。胎盤には数多くのアミノ酸や成長因子が豊富に含まれている。
馬プラセンタは、多くの化粧品やヘアケアアイテムに含まれている豚プラセンタに比べて、栄養素が豊富なものの、採取できる量が少なく、非常に希少価値が高い。
EGF
1986年にノーベル賞を受賞したアメリカのスタンリー・コーエン博士によって発見された成分。
医療分野でも幅広く利用され、髪の健康にも非常に効果的なことで、知られている。

バイタルウェーブの効果とは?

明るい未来

話題のスカルプ成分を贅沢に配合したバイタルウェーブには、どのような効果があるのでしょうか?

バイタルウェーブには、頭皮への浸透力を高めるために、C.I.P設計が採用されました。
C.I.P設計とは、バイタルウェーブに含まれている浸透ブースターによって、スカルプ成分を角質層にまでしっかりと届けるための技術です。
角質層にまでスカルプ成分が届けられ、頭皮に成分が定着するように設計されています。

バイタルウェーブは、キャピキシルを含むスカルプ成分がしっかりと頭皮の奥底にまで届けられることで、髪の健康を強力にサポートしています。
その結果、髪や頭皮の潤いを保ち、髪をしなやかにする効果があるのです。
また、かゆみやフケを抑え、健康的で前向きな頭皮を実現します。

バイタルウェーブと他のキャピキシル配合スカルプローションを比較してみよう!

比較する人形

キャピキシルが配合されたスカルプローションはバイタルウェーブだけではありません。
バイタルウェーブと他のキャピキシル配合のスカルプローションの違いについて、比較してみましょう。

スカルプローション キャピキシル配合量 注目のスカルプ成分 価格(定期購入の場合:税込み)
バイタルウェーブ 7% ノコギリヤシ、リデンシルなど13種類 8,200円
フィンジア 5% ビディオキシジルやカプサイシンなど13種類 9,980円
BOSTON 5% ビディオキシジルやオレアノール酸など11種類 9,504円

まず、価格で比べてみると、バイタルウェーブが一番安くなっています
でも、安くなっていても、成分が不十分だとヘアケア効果も弱くなってしまいますよね。
成分について比較してみると、キャピキシル配合量はバイタルウェーブが最高濃度です。
キャピキシルが配合されているスカルプローションはたくさん販売されていますが、私が知る限りバイタルウェーブが最も高濃度のようです(バイタルウェーブよりもキャピキシル配合量が多いスカルプローションがありましたら、ぜひ弊サイト「人類発毛計画」編集部にまで、ご一報ください)。
価格は安いのに、キャピキシルの濃度が高い、これがバイタルウェーブの特徴です。

バイタルウェーブへの批判的な口コミ・評判をチェック!

疑問に思っている男性

でもホントに、バイタルウェーブには頭皮を健やかに保つ効果があるんだろうか?実際に使った人の口コミ・評判を見てみないと、信用出来ないなあ。

そうですよね。実際にバイタルウェーブを使った人の口コミ・評判を見てみないと、本当に髪が健康的になるのか、信じられませんよね。

そこで、この記事では弊サイト「人類発毛計画」に寄せられたバイタルウェーブ使用者からの口コミ・体験談を紹介します。
弊サイトでは、実際に使った人のリアルな意見を集めた結果、好意的な口コミだけではなく、批判的なコメントもありました。
まずは、バイタルウェーブについての批判的な口コミからチェックしてみましょう!

目頭を抑えるハゲオヤジ

【使用歴:1ヶ月】液がサラサラで使いづらい

バイタルウェーブの溶液がサラサラで、そのまま頭に掛けると、顔まで流れ落ちてしまう。ジェル状とかムースタイプだと良かったのに。ただ、スポイトで垂らす量を上手く調整しつつ、塗ったあとにきちんとマッサージすると、きちんと頭皮に浸透してくれるのは、良いけれど。
30代・男性・会社員
目頭を抑えるハゲオヤジ

【使用歴:2週間】返金保証制度が使えない

ドラッグストアでバイタルウェーブを購入したけれど、2週間ぐらい使ってみたけれど、全然髪が生えてこない。髪が生えてこないんじゃ、意味がないから、返金保証制度を使ってみることに。でも、公式サイトでの購入でないと、返金保証制度の対象外だ、と言われて、すごく腹立たしい。こんな思いをするなら、ドラッグストアで買うんじゃなかった。
40代・男性・自営業
微妙な男性

【使用歴:2ヶ月】まあまあという感じ

いまで2ヶ月ぐらいバイタルウェーブを使っていますが、まあまあ良いと思います。使い始めて、1ヶ月ぐらいで、頭が乾燥しなくなってきました。フケとかも減ってきたように。でも、スポイトを使って、液を取り出して使うのが、面倒なんです。もっと使いやすかったら、良かったのに。
20代・男性・公務員

バイタルウェーブの批判的な口コミから分かるデメリットをチェック!

バイタルウェーブについて、批判的な口コミ・評判について、見てきましたが、そこから分かるデメリットについて、まとめてみました。

溶液がサラサラで、顔に垂れてくることがある
バイタルウェーブを頭皮に塗るときは、付属のスポイトを全て一気に垂らすのではなく、少しずつ場所を変えて垂らすと、顔に垂れてこない。頭皮に塗ったあとは、頭皮マッサージを念入りに行うことで、きちんと液は浸透させられる。
スポイトを使って液を取り出すタイプなので、スプレータイプより面倒
スプレータイプではなく、スポイトで溶液を垂らすタイプだから実現した成分の浸透力。だから、この点は仕方がありません。
全額返金保証は公式サイトでの購入に限定
公式サイト以外のところで、バイタルウェーブを購入すると、全額返金保証の対象外なので要注意。あとで紹介するように、公式サイトからの購入が最もお得で、手軽なので、公式サイトから購入するべし。

バイタルウェーブには、好意的な口コミ・評判も多数

一方で、バイタルウェーブには好意的な口コミ・体験談も弊サイト「人類発毛計画」に寄せられました。

喜びの雄叫びを上げる男性

【使用歴:7ヶ月】自分の頭皮にはこれがあっている。もうこれ以外使えない!

他の育毛剤とかを使っていたときは、刺激が強くて、頭がヒリヒリしたり、痒くなったりしていたけれど、バイタルウェーブは、全然刺激感が無くて、使いやすい。説明書に書いていたけれど、無添加・無香料で肌に悪い成分が一切含まれていないから、安心して使える。自分には、これ以上のヘアケアグッズはないと思う。
30代・男性・自営業
喜びの雄叫びを上げる男性

【使用歴:3ヶ月】続けやすい

年齢とともに頭皮が乾燥してきて、何か試してみたいと思っていたけれど、家族にそういうのを買っているのがバレるのには、抵抗がありました。でも、バイタルウェーブは家に届けられる時宅配の伝票に「健康食品」とだけあって、ヘアケアグッズだとバレない、ようになっているので、買いやすいと思います。いまで3ヶ月ぐらい使っているけれど、髪に潤いが感じられるようになっています。効果があるみたいで、誰にも気づかれずにコッソリと使えそうなので、これからも続けてみようと思います。
50代・男性・会社員
喜びの雄叫びを上げる男性

【使用歴:9ヶ月】すごく良い

なんとなくネットの広告で良さそう、と思ってバイタルウェーブをポチってみたけれど、すごく良くできたヘアトニックです。使い始めるまでは、頭がかゆくて、フケも目立っていました。でも、塗り始めて2ヶ月ぐらいして、徐々に頭のフケとかかゆみが減ってきて。半年ぐらいで、髪のしなやかさが増してきた気がします。徐々に、頭の健康度がアップしているようで、これは使い続けてきて、良かったですよ。
40代・男性・会社員

バイタルウェーブの効果的な使い方とは?

バイタルウェーブは、口コミ・評判からも分かるように、とてもヘアケアに効果的なスカルプローションです。
ここでは、バイタルウェーブが持つパワーを100%発揮させるための使い方について、紹介します。

  • 使う前は、容器をよく振る
  • 塗るタイミングは、朝頃と晩頃にそれぞれ1mlを目安に
  • 一度にスポイトの液を使ってしまわない
  • 塗布後した後は、丁寧に頭皮マッサージを

バイタルウェーブは返金保証・定期コースでの解約方法とは?

解約申入書

バイタルウェーブには、もし使ってみても頭皮に合わなかった場合は、全額返金保証があるので、安心です。
商品注文から30日以内であれば、バイタルウェーブをすべて使い切っていても、購入代金を全額返金してもらえます。
ただし、口コミでもあったように、返金保証の対象は公式サイトでの購入に限ります
また、返金保証はバイタルウェーブの初回購入者限定で、1世帯につき1回までです。
全額返金保証を利用するのは、電話一本で完了できます。

ところで、バイタルウェーブには定期購入コースがありますが、他のヘアケア商品とは違い、1回目からでも解約が可能です。
とりあえず、定期コースを契約してみたけれど、「あまり合わないなあ」と思えば、その時点で解約できます。
だから、「自分に合うか、どうか分からないなあ」という人でも、気軽に安心して試せますね。

バイタルウェーブを最安値で購入する方法とは?

空に浮かぶお金マーク

バイタルウェーブを最もお得に購入するには、どこで買えば良いのでしょうか?
バイタルウェーブの購入方法をまとめてみました。

購入方法 価格(税込み:2018年10月現在) 全額返金保証 備考
Amazon 11,880円 なし 単品販売のみ
楽天 11,880円(単品)
8,200円(定期購入)
なし 定期購入でも継続割引はなし
街のドラッグストア 価格はバラバラ なし 取り扱っている店舗をほとんど見かけない
公式サイト 11,880円(単品)
8,200円(定期購入)
あり 定期購入コースは続けるほどお得に

バイタルウェーブは、単品購入よりも定期コースの方が、断然お得。
定期購入を選んでも、気に入らなければ、一回目で解約ができるので、安心です。

また、公式サイトの定期購入コースなら、続けるほどお得になります。

継続回数 価格
1~2回目 8,200円
3~6回目 8,080円
7回目以降 7,980円(単品購入より32%オフ!)

定期購入で回数を経るごとに割引があるのは、公式サイトだけです。

疑問に思っている男性

でも、Amazonとか楽天の方が、名前とか住所の登録をせずに買えるから楽だよね。

バイタルウェーブの公式サイトでは、Amazonアカウントを持っていれば、ログインするだけで、面倒な住所の入力をせずに購入できます
バイタルウェーブを購入するなら、便利・簡単で、しかもお得な公式サイトの定期コース以外に選択肢はありませんよね。

バイタルウェーブで本気のスカルプケアを始めてみませんか?

青空を背景に芽吹く若葉

バイタルウェーブの利用者が語るリアルな口コミ・体験談を踏まえつつ、成分や効果、お得な購入方法について、紹介してきました。
いま最も注目を集めているヘアケア成分であるキャピキシルを7%という高濃度で配合されつつも、他のキャピキシル配合ヘアトニックに比べて、コスパに優れているというのが特徴です。
キャピキシルを含めて、13種類のヘアケア成分が贅沢に配合されているため、口コミでの評価も高いです。

価格では、他のキャピキシル配合のスカルプローションと比較しても安いのですが、更に公式サイトで定期購入コースで購入するだけで、単品購入に比べて30%以上も安く購入できます。
定期購入コースを選んでも、1回目から解約できるので、もし肌に合わなくても、必要以上に買わなくても済みます。
しかも、初回購入から30日以内なら、全額返金保証があるので、実質的に経済的な負担はゼロで試すことが可能です。

もし、いま本気で髪のために、「何か始めたい!」とお考えなら、ぜひバイタルウェーブという選択肢を検討してみては如何でしょうか?

おすすめの記事