AGAとは男性型脱毛症のことで若い男性に多く見られる脱毛のタイプの一種です。AGAになると、抜け毛が増え、毛が細くなったり伸びなくなったりする症状が見られるようになります。そのため地肌が透けて見え、生え際が後退してきます。AGAの原因となっているのはジヒドロテストステロンという男性ホルモンです。ジヒドロテストステロンは、テストステロンという別の男性ホルモンが酵素の作用で変化することによって作られます。ジヒドロテストステロンが毛乳頭の細胞にある受容体と結合すると、毛髪の成長が止まってしまうため短く細いままの毛が目立つようになり、抜け毛も増加します。AGAにはストレスや食生活など生活習慣も関わっています。自分に合った方法でストレスを解消したり、バランスのとれた食事を摂るなど生活習慣を改善することで、AGAの症状を低減させ治療の効果を高めることができます。

薬を内服するのが有効です

AGAの治療には薬剤を用います。治療薬には、進行を食い止める薬と毛母細胞の働きを活発にする薬を併用するのが効果的です。薬で治療を行う際に最も大事なことは、専門的な医療機関で適切な診断をしてもらい、原因をしっかりと見極めることです。薄毛の原因がAGAであれば男性ホルモンの働きを抑制する治療薬を内服するのが有効です。この薬には性機能低下などの副作用が報告されていますが、内服を中止すれば副作用は治まるので安心できます。AGAの治療は自由診療であるため、診察料や薬代に保険が適用されず全て自己負担となります。治療代としては一カ月に10000円から15000円が目安となります。またインターネットで薬を手に入れることもできますが、粗悪品が出回っている可能性もあり、服用の仕方を指導してくれる病院で処方してもらうのが安心です。

男女問わずストレスを感じやすい時代であることから、薄毛で悩む人は増加傾向にあります。実は、近年では医療技術の発達により、すぐに効果のある薄毛治療が開発されています。それは、ハーグ療法といわれる毛髪再生医療のことです。この治療は、薄毛部位にカクテル注射を打って発毛を促進させていくのです。注射の成分には、毛母細胞を刺激する成長因子、症状に合う育毛に必要な栄養が含まれています。それらの成分を注射器でダイレクトに頭皮に注入できるので、早く効果を実感できます。ハーグ治療の経験者を平均すると、およそ3ヶ月から半年程で育毛効果を実感しています。育毛剤でケアをしてもなかなか効果がないと言う方にはお勧めです。

施術後にしてはいけない事

ハーグ療法は、男女を問わずに育毛効果を実感できる薄毛治療です。施術方法は、注射器で頭皮にごく小さな穴をあけて栄養成分を注入していきます。痛みも感じることがないので、ストレスなく治療を行う事ができます。ただ施術後に気をつけたいのは、すぐにシャンプーをしない方がいい事です。というのも、施術後は注射針でできた穴が開いている状態だからです。シャンプーをすると、穴から雑菌が入りこむ可能性があります。なので、施術した直後はシャンプーを控えたほうが良いです。注射で頭皮にできた穴というのは、数時間くらいで徐々に塞がっていきます。なので、どうしても頭を洗いたいならば、施術から6時間以上経った時に洗う事をお勧めします。

近年では薄毛や抜け毛で悩む方が大変多く存在しています。ストレス社会だと言われている昨今、仕事や家事、育児などに問題を抱えながら過ごしている方も多く見られます。ストレスと密接な関係がある抜け毛は、毎日抜け落ちてしまうことで徐々に薄毛が広範囲に広がってしまう傾向にあります。男性、女性のどちらにも起こりうる薄毛は、高い効果が期待できるチャップアップが最適です。現代に生きる年齢層の幅広い方が愛用しているチャップアップは、リピーターが大変多く、良い口コミがたくさん述べられています。頭皮を健やかに保つことは発毛を促すことにも繋がっていきます。口コミ評価が良いチャップアップは、頭皮の健康にも着目してつくられています。

頭皮を健康へと導く力

髪の毛を生えやすい環境を整えるチャップアップは、頭皮の痒みや湿疹などが改善できたという口コミも多くあり、健全な地肌作りができるアイテムです。抜け毛は頭皮にかかるストレスで発生しますが、チャップアップを使用するたびに頭皮が強く、潤いが満ちた肌へと生まれ変わります。乾燥しがちな地肌を整える効果があり、元気な頭皮を作り出してくれます。特に多い口コミの中には、何も毛が生えていない頭皮に新しい産毛が生えてきた、即効性があるので信頼性があるといった声です。これまでに何をしても良い効果を得られなかった方にチャップアップは最強のアイテムとして効果を発揮してくれます。毎日シャンプーの後に継続することで高い効果を得ることができます。

薄毛治療の中でも評価の高いものは最新の医療技術を駆使した治療法です。とりわけ、頭皮に発毛を促す成長因子を注入する治療法は、従来は発毛を促すことが困難であった症例にも対応できる優れた治療法です。且つ、発毛を促す成分や頭皮環境を改善する栄養素を複数注入する事で、細胞レベルで発毛に働きかける事ができることがメリットとされます。そのため、薄毛の改善に大きな効果が期待出来る治療となっているのです。抜け毛のトラブルは育毛剤を頭皮に塗布するだけでは上手く改善できないケースが大半です。しかし、従来の薄毛治療で期待した通りの効果が見られなかった方でも、頭皮に成長因子を注入する治療法ならば発毛を促すことが出来るようになっています。

医薬品との併用

薄毛治療は複数の治療法が併用されるものへと変化してきています。これは発毛を促す成長因子を頭皮に注入しても効率良く発毛を促すことが難しくなるケースが多い為です。従って、体内で不足しているタンパク質やミネラルなども補いながら健康な毛髪を育む治療法が普及し始めているのです。その結果、薄毛治療では検査が重要な役割を担うことも多く、体内で不足している栄養素を補いながら治療を継続していく手法が採用され始めています。これからは薄毛治療において医薬品が重要な役割を担うことが予測されています。脱毛を改善する医薬品の開発は進んでおり、抜け毛の原因となる遺伝的な仕組みも明らかになりつつあります。その為、医学的に新たな試みが薄毛治療に効果を発揮すると推測されます。

せっかく抜け毛予防に効果的な頭皮ケアシャンプーを使っていても、その使用の仕方が間違っていると予防どころか効果が半減してしまいます。 まずシャンプーをする前にブラッシングをして髪の毛をとかしておきます。ブラッシングをしてほつれを直しておくことでシャンプーの泡立ちがよくなります。また、ブラッシングだけである程度毛髪についた汚れを取り除くことができます。シャンプー前はぬるま湯だけでプレ洗浄をするようにします。プレ洗浄にも泡立ちがよくなる効果と汚れが落ちる効果があります。 洗う時は血流を考えて側頭部、後頭部、頭頂部という順番に頭皮をマッサージするように洗い上げていくと抜け毛予防に効果的です。最後はしっかり洗い流してドライヤーで乾かします。

シャンプーをするときに気を付ける事

シャンプーは朝ではなく夜するのが基本です。朝の時間帯は毛根が活性化されて髪の毛が成長している時間帯です。その時間にシャンプーをしてしまうと、せっかく生えてきた髪の毛が抜け毛になってしまいます。 また、シャンプーをして皮脂を取ってしまうことで日中の紫外線ダメージが強くなり、頭皮環境が悪化して抜け毛に繋がります。夜お風呂に入っているときにシャンプーをして頭皮を清潔にしてから就寝をすれば、ゴールデンタイムに髪の毛が成長して抜け毛予防になります。 また、シャンプーをするときの温度は人肌温度~38度くらいがベストです。熱すぎると毛穴の皮脂が落ちすぎてしまい、頭皮が乾燥してフケやかゆみが出てくることがあります。

おすすめの記事