「AGA治療のためにザガーロを使いたいとが、少し高いから安く購入するためにオオサカ堂などの通販で購入しようと思っている」

本当に通販で購入しても大丈夫ですか?
勝手に個人輸入代行業者を利用して海外輸入すると、医薬品副作用救済制度を利用できず自己責任ということを知っていますか?

そして、ザガーロの主成分であるデュタステリドを使ったジェネリック医薬品をクリニックで安く入手することができることも知っていますか?
ジェネリック医薬品の入手方法=海外輸入」と思っている方もいるかも知れませんが、実はそうではないのです。

この記事ではザガーロのジェネリック医薬品を海外輸入する危険性と、ザガーロのジェネリック医薬品を扱っているクリニックや価格について紹介していきます。

また、この記事では近くにAGA治療に対応したクリニックがない地域に住んでいる方でも利用できるクリニックも紹介しているので、本当はクリニックを利用したいという方も読み進めてくださいね!

ザガーロの安全なジェネリック医薬品はあります

厳密にはザガーロの主成分であるデュタステリドのジェネリック薬品ですが、探せば存在します。

認可されているジェネリック医薬品であれば、日本の処方箋などで入手することができますし、認可を受けているものは国の公的保障(医薬品副作用救済制度)を利用することができます。
ちなみにジェネリック医薬品とは、特許が切れた新薬の有効成分を利用した後発医薬品であり、新薬と同じ効果効能を持っています。また、既に効果が判明している成分を使う関係で開発費を安く抑えることができ、そのぶん販売価格も低くなっているのです。

国内で販売されているジェネリック医薬品であれば厚生労働省の認可を受けているので大丈夫なのですが、国内で販売されていないジェネリック医薬品を海外輸入する場合では話が変わってきます。

オオサカ堂などの通販を使った海外輸入は全て自己責任となる

先程も言った海外輸入では話が変わってきます。
個人輸入代行業者を利用した医薬品の海外輸入は、日本では認められておりません。

今のところいちばん有名な個人輸入代行業者はオオサカ堂というサービスなのですが、こういう業者は万が一副作用などのトラブルが発生しても一切責任を取らないことがほとんどであり、全て利用者の自己責任となります。

また、重篤な副作用が発症した際に医療費を全額負担してくれる医薬品副作用救済制度も、本来であれば受けることができるのですが、海外輸入した場合はこの公的制度も受けることができません。
つまり、万が一のことが起きると誰も助けてくれないということになってしまうため、非常にリスクが高いのです。

偽物を購入させられる可能性もある

個人輸入代行業者は基本的に厚生労働省の認可を受けていないため、その気になれば粗悪な模造品や偽物を販売することも可能です。
これは利用者にとっては重大な問題であり、絶対に避けたい問題です。

もし運悪く全く効果がない(有効成分が一切入っていない)偽物を購入してしまったならまだいいほうですが、なぜか脱毛成分が含まれていてAGA治療のつもりがさらに髪の毛が抜けてしまったなんてことになると一大事です。

万が一のときは警察に相談すれば大丈夫と思うかもしれませんが、先程も言ったように個人輸入代行業者は海外を拠点にしていて、日本の法律で裁くことができないことが多いので、泣き寝入りしてしまう可能性もあります。
つまり、オオサカ堂などの個人輸入代行業者を使うことは危険でしかないので、利用することは絶対にやめておきましょう。

価格の安いジェネリック薬品であれば、クリニックでも取り扱っていることがありますし、ザガーロも例外ではありません。
後ほど紹介しますが、G.グリーンクリニックもザガーロのジェネリック薬品をザガーロよりも安く取り扱っているクリニックもありますので、しっかり信頼できるところで処方してもらうようにしましょう。

ザガーロ(ジェネリックを含む)クリニックに処方して貰う場合は4000円~9000円

ジェネリック医薬品ではないザガーロは8000~9000円ほどします。
正規の新薬であるため、最も信頼できるデュタステリド系の医薬品ですが、その分価格は少し高めとなっています。

それに対してザガーロのジェネリック医薬品は、4000円~5000円で処方してもらえることが多く、費用の面で考えるとジェネリック医薬品のほうがお得になります。
ちなみに個人輸入代行業者の場合は3000~9000円で売っていて、なぜか正規のザガーロよりも高いことがありますが、信頼性を考えると使うべきではないですね。

クリニックで処方されるザガーロまたはデュタステリドを使ったジェネリック医薬品であれば、国の公的保障が使えるので安心です。

効果が似ているプロペシアの価格も同じくらい

ちなみに、ザガーロの主成分であるデュタステリドは、プロペシアの主成分であるフィナステリドと効果がとても良く似ています。
そのプロペシアとザガーロとではどちらが高いか安いかという話ですが、価格だけで言うとどちらも同じくらいです。

プロペシアであれば、ザガーロと同じように8000円近くかかりますし、クリニックによっては1万円を超えることもあります。
また、プロペシアもザガーロと同じようにジェネリック医薬品がありますが、こちらも4000~5000円くらいです。

価格だけだとどちらでも良いのではないかとなると思いますが、効果を比較するとザガーロの方がAGA治療効果が高いことが判明しており、コストパフォーマンスを考えるとザガーロのほうが上という結果が出ています。

ザガーロについてはコチラでもっと詳しく解説していますので、ザガーロのことをあまり良く知らないという方は読んでみてくださいね。

認可済みのジェネリック医薬品なら安全性もあって価格も安いのでオススメです

国内で取り扱われているジェネリック医薬品は認可済みの成分を使用しているので、医薬品としての安全性は確保されています。
それでいて価格も安く、公的保証の対象でもあるので、わざわざジェネリックではない医薬品を購入するのはあまり賢いとは言えないかもしれません。

ただ、一つだけ補足しておくと、あくまで「医薬品としての安全性が確保されている」ということなので、副作用確率が完全に0%というわけではありません。
しかし、その逆に医薬品としての効果もあるということもわかっているので、その当たりは安心してもらって構いません。

ただ、やはり通販サイトを使って海外から取り寄せた医薬品を使うことは危険であり、少し費用を抑えられる以外何もメリットがありませんので、オオサカ堂などは使わない前提でザガーロやそのジェネリック医薬品を探すようにしましょう。

直接クリニックに行かずに診療してもらえる上にザガーロを処方してくれるところもある

通販でザガーロを購入しようとしている方は、安く買いたいという方もいるかも知れませんが、それとは別にクリニックに足を運ぶのが面倒くさいと思っている方もいると思います。
そういう方向けのクリニック「G.グリーンクリニック」があり、スマホやPCのカメラを使ったビデオ通話でクリニックの医師に診療してもらうことができます。

ビデオ通話にて診療してもらったあと、そのまま処方してもらう薬を決めて、郵送という形でザガーロなどの医薬品を入手することが可能です。
支払いは「カード決済・コンビニ支払い・銀行振込・NP後払い」から選ぶことができるので、即日支払いができない方でもカード決済を利用することで、実質翌月払いにすることも可能です。

AGA治療に対応しているクリニックは、東京・大阪・名古屋・福岡などの都市部に集中しており、田舎などの地方に住んでいる方にとっては、クリニックに行くこと自体が高いハードルになっていますが、ビデオ通話であればインターネットさえ使えれば診療してもらえるので「本当はクリニックで見てもらいたいけど、近くに対応しているところがないから渋々通販を利用しようとしている」という方でも安心して今のAGAの進行具合を見てくれます。

治療薬も郵送されてくるので、どこかに取りに行く必要もありません。
都市部に近いところに住んでいる方であれば、最寄りのクリニックを使うなど選択肢は多いのですが、田舎の方はそういうわけにはいかないので、オンライン診療対応のG.グリーンクリニックはとても強い味方です。

ちなみに、ザガーロとザガーロのジェネリック医薬品の両方を取り扱っているほか、プロペシアなど様々なAGA治療薬に対応しているので、一度クリニックで見てもらいたい方は確認してみてくださいね。

おすすめの記事